マーシャル諸島のヤシガニ

 

Iakwe!

 

ヤシガニをいただきました。

 

首都マジュロにはほとんどいませんが、以前Raycrewのテラスに小型のヤシガニがいた事があります、もちろん食べちゃいましたけど。

 

頂いたこちらは大きさも程よく、他の環礁から届いたというもの。

 

とにかく力が凄い。ハサミ部分に指なんて入れた日にゃぁ~・・・ 動きは遅いですが、かなりの腕力なのです。

 

こちらは茹でてからカニやロブスターのように殻を割って身を食べますが、美味い!!!の一言。

 

むか~し、沖縄の離島で食べた時は、一回食べたからもういいや~ と思ってましたが、またイメージが変わりました、今回ので。

 

さて、茹でると言ってもそのまま寸胴へ入れても這い上がろうとする為に、大きなハサミを外へ出そうと必死!

そこで腕などが広がらないようにタコ糸で縛り丸い感じで固定します。それでも熱を感じると腕を出そうとしズレてしまうんですよね、やっぱり亀甲縛りがイイのでしょうか(笑)。。。

 

結局は大人しくそのままの姿でいてくれました。

 

カニなどと同様に茹でた後は赤くなりますが、その殻の硬い事・・・ 歯なんて使うと一瞬で総入れ歯になりそうな硬さ・・・ 

食べる事が目的なのでプライヤを使い、バッキバキと割っていきます。後は中の身を食べるのみ。

 

こういった甲殻類って当たりハズレあると思いますが、頂いたこの子は身がびっしり。お腹のミソは若干苦味がありますが美味しいですよ~

 

去年末にポンペイから多く買い込んだマングローブガニを頂いた時なんて中はスッカスカ・・・身自体は超ソフトで美味しいけど、、身がない。。それも個体差でしょうね。

実際以前にポンペイに行った時に頂きましたが3名中2名のはすっからかんでしたから(笑)

 

たまに食べる珍しいものはここにいても同じで、有り難いご馳走なのです。

 

またお待ちしておりますm(_ _)m

 

 

 

マーシャルでこんなの食べてます

 

Iakwe!

 

マーシャル諸島マジュロ環礁に居るからと言ってもいつも魚とパンの実、ココナッツを食べている訳でもなく、スーパーマーケットへ行けばそれなりに各国の調味料や食材が手に入ります。

ですが、友人知人がいれば尚更ここでは通常手に入らないような物までいただけてしまいます。ありがたい事です、ほんまに。。

 

上の写真は日本への輸出用に台湾で育てられたマンゴーを直接買い付け冷凍しマジュロへと。冷凍なので皮をむいてガブっという感じではないですが、解凍後 果肉だけにしブレンダーで滑らかにした後冷蔵庫で固めたマンゴーゼリーは絶品です!100%自然の糖分のみで混じりっ気なし!

ちなみに常夏マーシャルですが、アジアのようなフルーツのマンゴーやパパイヤはほとんどありません。あることはありますが、マンゴーは絶対的に少なく、パパイヤは野菜のように青い状態で細く切りバリバリとそのまま食べます。

 

 

さてこちらは「北寄貝/ホッキ貝」。こちらも冷凍でいただきましたが、自然解凍し普通に捌きます。解凍後は自然に口が少し開いてるので開けるのは簡単ですが、貝柱に気をつけながら身のみにし、内蔵を取り出ししっかりと洗います。あとはほぼ食べれるので先ちょの良くピンク色になってるようなところとその他に切り分けます。
熱湯に10秒ほどくぐらせれば出来上がりですが、みるみるお湯が白くなり貝のエキスいっぱいに。全て湯通ししたら冷まし、刺身と炊き込みご飯の具に分けます。この白いスープはジャリっとならないように念の為に こして塩を加えたお吸い物とご飯を炊く時用に使います。これらの貝でざっと三品ですね。貝好きにはたまりません。

 

 

続きましてこちらは、日本でいうところの「食べるラー油」のゴージャス版でしょうか。こちらは台湾の小さな家族で作っているというツナとラー油となんかいろいろ混ぜ合わせた一品。白ご飯にとても合います。中辛と小辛がありますが、中辛は正直激辛です(汗)。。。台湾人の彼はこれを麺と絡めてスープなし麺で食べるのが好きなようですがまだ試していません。

日本でもしも手に入るなら是非皆さんにも試して頂きたい一品です!本気でほんまにかなり美味しいですよ!

 

 

こちらは「運鈍根湯」というチェーン店もあるお店?の「會講話的湯」という?チキンスープらしいのですが、決して煮立たせず弱火を保ち、しかも食べる時は空腹時にスープ3杯から。などの説明を受けました。こちらのお店からの真空パックの冷凍状態を保ったままマジュロへと入れそのまま頂きましたが、その袋をある程度まで自然解凍し、中には適当に切り分けられた鶏肉も。すでに調理はしてあるのですが、その鶏肉の周り(皮)部分は黒い。
これ、、、なんすか・・・。ちょっと怖いんですけど、、、、

スープ自体は薬膳という名に相応しいあの感じの香り。言われた通りにまずはスープから。すげーアルコール感でまずむせます。ちょいと飲んだイメージはカバ(サカオ)を葛根湯と混ぜ合わせそれをアルコール消毒し更に水で薄めた感じ?と言ったら怒られそうですけど、、、気を取り直し?鶏肉を!こちらは、、、 えーっと、、、そのスープの味です、はい。。。
健康になった感100%の料理ですね!!ほんまかいッ!
誰か、これはなんなのか教えてください。みんなでワイワイと鍋を食べに行こうぜ~ 的なのか、最近疲れてるから滋養強壮にあそこ行くか~ なのか。。食べる時のテンションを知りたい。。。ちなみに素麺みたいなのと乾燥し薄く切った茎みたいなのも頂きましたがこれも入れるのでしょうね・・・

台湾では有名なようですね。ちょいと調べるとこのお店を訪れた方々のブログ等がヒットします。全く誰か知りませんが参考にリンクさせて頂きます。 こちら  や こちら です。
これらを囲んでみんな笑顔ですけど、そういう感じ~~??

思うに別途美味しいタレかなんかがあるはず!とにらんでます。

 

 

最後にご紹介するのは粽(ちまき)です。
チャイニーズの友人が以前も食べさせてくれこれ好きなんだ~を覚えていてくれ今回も頂きました。チマキと言っても細長く中は白くて甘い物ではなく、お腹を満たす食事系のチマキですね。中には味付けされた豚肉と塩漬けの卵黄や他にもちょいちょいと具が入っています。単純に美味しい!もち米の加減が絶妙です。ほんとこれ好きだなぁ~
台湾や中国ではかなり多くの種類のチマキがあるようですが本当に美味しいものを作り出すな~と関心してしまいます。種類は分かりませんがたまにマジュロのコストプライスにも。

 

あ~ しかし どれもこれも 好吃!

 

韓国の友人らは自分達でキムチを作ってたり、日本人は使わない野菜で炊き込みご飯したりといろいろやってますがとても美味しくて刺激を受けます。

特にソース(つけダレ)なんかはチャイニーズ最高です!コリアンはなんでもコチュジャンやキムチっぽい(笑)。。。負けるなジャパニーズ!

 

 

 

ウォン・ハイ・シェン

 

Iakwe!

 


WON HAI SHIEN (ウォン・ハイ・シェン)をご紹介します。

 

以前はRREから徒歩圏内の2階にありましたが現在は移転をしており、裏通りなので一般の観光客の方には少しわかりにくい場所にあります。

 

リーズナブルで美味しいのでローカルにもとても人気があり、ランチタイム、ディナー問わず繁盛しており、頼んでから出てくるのも早い、これ重要ですね。

 

オーナーは台湾人の御夫婦で少~しだけ日本語も話されます。そして、新しい事もあり清潔で広々としており個人、グループでの食事に最適です。

 

おすすめは色々ありますが、今回は手元に写真があるメニューをご紹介したいと思います。

 

皮蛋豆腐

ピータン豆腐ですが、今はメニューになかったような・・・ 以前は日本後で「豆腐とゆで卵」って書いてあり、なんだこれ・・?どっちも好きだから頼んでみよう~と注文するとこれでした。って事がありました。最初のかんぱ~い!で欲しいですね!

 

 

 

甘酢味豚肉 $8.75

こちらは日本でいう酢豚ですね。少し甘い感じですが・・・ 一回洗って酢をぶっかけたら更に美味しいかと思いますが、そんな事やったらつまみ出されそうなのでやりません。

 

 

 

 

ナスの炒め $8.50

続きまして、ナスを炒めたものですが、問題ナス!です。白ご飯にもお酒にもいいですね!こういった島国では野菜が不足しそうなのであれば頼んでしまいましょう!

 

 

 

 

豆腐鉄板焼き $9.75

揚げ豆腐のような鉄板炒めとでもいうのでしょうか、すごーく無難です。豆腐が豚や牛に変わっても見た目はこんな感じなので気をつけましょう。下手すりゃ、見た目同じのばっかりになってしまいます。

 

 

 

 

さて、ここからはシメにも良く、あるけど頼まないであろうヤツをご紹介します。

 

シーフードスープ麺 $6.50

個人的にこれだけでも食べにくるシーフードスープ麺。具も多くってリーズナブル、具の素材から出るスープとそれに絡む麺が絶妙、でもって後ですっかり忘れてしまうくらいの存在感の無さ! 褒めてます・・・

 

 

 

豚煮麺(スープなし)$5.00

存在感といえばこちらのスープなし麺。こちらも美味しいですよ~ 焼きそばを頼むなら冒険込みでこちらをどうぞ!アテにもなります、そういうのも重要。

 

 

 

 

豚かつカレー $6.95

さて、日本人にとってはなんと言いますか・・・ 響き的にかなりポピュラーな「カツカレー」ですけど。ここは日本ではありませんので、、、、 はい。。 

えーっと・・・ 口の中でとろ~っと溶ける気配が全くないジャガイモ固っ! さら~っと飲めてしまいそうな しゃばしゃば感は体に優しいですね~ でもってカツどっかーん!です。美味しいですよ~ 

 


カツカレーの~~ 見習い丁稚奉公三流演歌歌手やぁぁ~~ ・・・ 

わたくし・・・ 食レポーターになれませんね、これじゃ・・・

 

そんなこんなをこんなふうに今回ご紹介してしまいましたけど、皆さんと良く行くことは間違いありません。ちょっとランチにも最適です。

 

 

WON HAI SHIEN (ウォン・ハイ・シェン)

営業時間: 10:00am – 2:00pm / 5:00pm – 9:00pm / 月曜日から土曜日

電話番号: 625-6641

 

 

 

Island Star

 

 

Iakwe!

 

マジュロ環礁にはたくさんの中華料理店があり、どのお店もとても美味しい。

 

その中でもどちらかと言えば新しめの「Island Star」も人気がありメニューも豊富。

 

中華料理店でのメニューは英語か中国語的な書き方をしてるところがほとんどなのですが、ここは日本語でも書かれていてとても見やすい!そして面白い!

 

何となく意味は分かるんだけどそのまんま見れば うふ ってなってしまいそうなメニューをご紹介します。ちなみに決して僕の書き間違いではございません。

 

 ・チキンの揚げキャベツ

 ・秘密のアヒル

 ・煮込ま魚

 ・イカは辛いです

 ・焼けるように暑い鉄板ミックスシーフード料理

 ・揚げエビの天ぷら

 ・塩とコショウエビ

 ・エビの卵

 ・焼けるように暑い牛肉

 ・甘い豚肉

 ・豆を炒めた

 ・カリフラワー添え、ピーマン

 ・揚げ米とエビ

 

ざーっと見てこんな感じです。どれが気になりましたか!? どうしても日本人的には「秘密のアヒル」に軍配が上がるでしょう。

 

しかし日本語って難しいですね・・・・

 

ちなみに上の写真は 「焼けるように暑い牛肉」です。

 

メニュー表記に関係なく意味は何となく分かるので注文しますけどなんかホッコリしませんか?

 

煮込んだ魚なのか、煮込まなかった魚なのか・・・ ピーマンにカリフラワーを添えるようですけど、メインがピーマンなのでしょうか・・

 

ツッコミどころ満載なメニューを見ているだけで時間はアッという間に過ぎてしまいますのでお気を付けくださいませ。

 

場所は警察よりもちょいMIR側でRRE、MIR共に車かタクシーが必要です。

 

Island Star TEL: (692) 625-6866

 

マジュロへお越しの際には是非行ってみてください!

 

 

たまに食べたくなるハンバーガー

 

Iakwe!

 

こちらは RRE 2階 Tide Table restaurant の なんとかバーガー。 多分チーズバーガーだったような。。

 

海外のハンバーガーってなんか魅力的じゃないですか?

 

全体的なバランスを一切無視してるので、モッサモサ感は仕方なし。その場合はドビュッっとケチャップ&マスタード。けどたま~に食べたくなります。

 

チェーン店等のものではなく、ちゃんと作ってる感たっぷり というか えい!乗せてしまえ!的な感じ?ですが決して悪くない。

 

普通にチーズバーガー頼んでもボリューム凄いし、あ・・・・ ボリューミーって言葉なんかすげー・・・

 

誰が言い始めたんでしょ。。 

 

 

わぁ~~  なにこれ~ すご~~い♥  と~~っても  ボリュ~~ミィ~~~。♥。・゚♡゚・。♥。・゚ 

 

 

イライライライライライライラ・・・・・・・・・・

 

けど、お肉自体はとってもジューシー! あかん!僕にとってはジューシーもボリューミー系。

 

てと、脱線大好きだけど本題へ戻ります。

 

マジュロのレストランとかってもちろんメニューがありそこから頼みますが、ここにいるとみんな適当にリクエスト?で頼みます。

 

例えば、ハンバーガーなら目玉焼きも入れて とか リーフフィッシュがあるなら焼きにして とか エビのフライドライスに目玉焼き2つ とか 揚げて、天ぷら、ガーリックソテーなどちょっとした前菜でもやってくれるので是非リクエストしてみてください。

 

毎日同じメニューからじゃつまんなくなりますが、こうやって変えてると同じメニューでも若干マシになりません?

 

もちろん毎日違うレストランに行くのがいいんでしょうけど、出るの面倒だったりしますからね。

 

 

error: Content is protected !!