サンゴの白化

 

Iawke

 

白化したサンゴを先日撮影してきたのでご紹介します。

 

サンゴの白化は皆さんもご存知の通り、健康ではない信号を発している状態の事を表します。

 

ネット上では様々な白化に関する情報がありますが、このサイトではマーシャル諸島、とくにマジュロ環礁についてお伝えしたいと思います。

 

先月2019年10月初旬に若干色の変化が起こり始めたテーブルサンゴ。その後エダサンゴにも変化が。

 

11月初旬には広いエリア、とくに外洋からチャネルに掛けて全体が真っ白に。11月半ば(現在)にはところどころに藻が着き始めました。

 

褐虫藻が抜け出し真っ白になったサンゴに触れてみると、まだヌルヌルとした保護膜を覆っている事が分かります。褐虫藻が戻ってくればまた元気なサンゴになるでしょう。

 

ですが、そこに藻が着き始めると褐虫藻は戻ることはなく、他のサンゴが産卵した後に着床することも出来ません。

 

藻が全体を覆うとそのままガレになってしまうだけなのです。

 

エダ状よりもテーブル状の方がダメージを早く受けるように見えるのでが、この外洋エリアでも藻の付着は断然テーブルサンゴの方が早く藻に覆われてきています。

 

このままいけば外洋一体がガレ場になるかもしれません。そしてその周辺を住処にしていた生物達も離れてしまうのです。

 

白化原因をざっとここにまとめてみました

■海水温上昇: 以前は水温29度台を保っていましたが、現在では30度を少し超えた水温が続いています。

■水質の変化: 漁船からの汚水、居住区・工業エリアからの排水等によるものなど。

■サンゴ内部の褐虫藻光合成不足: ゴミ、とくに布、オムツ、ビニール袋が覆い被さり光を遮断してしまいます。それらを取り除くと真っ白なサンゴが現れます。

■オニヒトデ: サンゴを食す代表的な生き物ですが大量には発生していません。

■それを含むあらゆるストレス

などが挙げられます。

 

今回の白化でとくに目立つはサンゴは

外洋エリア: ハナバチミドリイシ、コイボミドリイシ、トゲスギミドリイシ など

ラグーン内: コブハマサンゴ、パラオハマサンゴ(一部) など

 

今回はラグーン内のサンゴのダメージが少ないことが以前との違いでもあるように感じます。

 

今まで何度かサンゴの白化を見て来ましたがそのエリアはガレになるのみ。今回のエリアでの白化は初めてで、80%は健康なサンゴが広く生き残っていました。それらにもとうとう変化が来てしまいました。

 

サンゴの役割は思った以上に人々に関わっていることを忘れてはいけませんね。

 

もう手遅れですけど・・・。

 

こちらにも発信しています。ご覧くださいませ。⇒ CORAL BLEACHING

 

 

 

 

 

ピクニックチャーターボート

 

Iawke

 

大家族でのカロリン島ピクニックボートチャーターです。

 

毎度のように大量の食事とドリンク類と大人数ですが、行きは2往復。

 

2往復の理由は、全員が揃わないから・・・・・

 

と、こちらとしては重すぎるので一度よりはいいんですけどね。。。

 

さて、カロリン島の中でもいくつかのエリアに別れていてそれぞれランドオーナーが存在します。

 

毎年 日本の子供達がマーシャル諸島の子供達と交流の為に2日間滞在する場所があるのですが、今回はそのランドオーナーファミリーなど。

 

マジュロに住んでいても身内がその島の一部を所有していてもそんなに頻繁に足を運びBBQをすることも少ないのでとても楽しそうなのが印象的でした。

 

こちらは皆さんをドロップ後に白化サンゴの撮影とその近辺での釣りをしてきました。

 

白化のサンゴの様子は次回アップしますが、その周辺での釣りにも影響が出ているような気がします。

 

簡単に言うとそのエリアでの食物連鎖のシステムが狂ってしまうという事。

 

サンゴのポリプを啄む魚、それらをまた食す魚、それをまた・・ や、サンゴに守られながら住処としてその場所を好む生物達がその場から居なくなってしまうのです。

 

普通の生活をしていてサンゴの白化なんて気にしている人はゼロに近いと思いますが、様々なところに影響が出てくるのです。

 

話がそれましたが、何故だか凪いでいるマジュロ環礁・・・

 

何なんでしょ、今年の11月は。。。

 

 

 

カテゴリー: チャーターボート

満月

 

 

Iawke

 

少し日が経ってしまいましたが、マーシャル諸島の満月の写真です。

 

雲が無ければどこで見ても美しい満月ですが、マーシャル諸島の離島では更に明るく感じます。

 

たまに夜 街中が停電になるととても静まり返り空の美しさや満月の明るさを再認識させてくれます。

 

今や電気は絶対のマーシャル諸島ではそんな停電時も貴重な時間にも思えてしまうのです。

 

満月の右には少し雲が掛かっていますが、しっかりとオリオン座が輝いています、見えますかね??

 

マーシャル諸島では年間変化の少ない気候ですが、日本では春や秋が短くあっという間に真冬になったり真夏になったりと風情を感じる季節が短くなってるかと思います。

 

それも言ってみれば貴重な時間でしょう。

 

短い風情ある景観を逃さず味わってくださいね。

 

あっという間に雪が降りますよぉ~

 

 

 

 

なんてこった・・・

 

Iawke

 

テラス脇のパパイヤは実がなり着実に大きくなってきてたのに、ホテルスタッフ以外の委託清掃業者が無人の脚立を倒して枝の半分が削ぎ取られ実も取れてしまいました。

 

2階まで登れる程の高さの脚立が倒れる事自体有り得ないのに、その周辺に全く気を使っていないという。。

 

もしも人がいたらどうなってたんでしょう。

 

事後はもちろん何も言ってくることはなくテーブルに落ちた実があるのみ。

 

せっかく結実してもこれだもんなぁ~・・・

 

ちょいと話すとようやく小さく Sorry で即 立ち去り。人に当たってても Sorry で終わるんでしょうね。

 

どんな教育受けてきたんだろ・・・ まぁまぁなおっさん2人だから教育もへったくれもないんでしょうけどね。

 

半分しか枝がないけど、今後どうなるんだろ・・・

 

ふぅ。。。 せっかく種から大きく育てていったのに・・・

 

 

 

あ~ 残念すぎる・・・

 

Iawke

 

すっとこマーシャル人。

 

レストランで調味料の塩とコショウをお願いしてみる。

 

持ってきたのは、小さなカゴに乗った調味料のオンパレード一式セット。

 

お~

 

Good?! と自信満々に自分の名前までも自ら教えてくれる程のやったった感満載のドヤ顔の彼。

 

このセットだったら文句ねーべ??という感じでしょうかね・・・

 

さて、、、、 良く見てみると、、、、

 

見事に肝心な「塩とコショウ」のみそこには無いという何とも残念な結果・・・・

 

そこにあるのはワサビ、しょう油、タバスコ、ケチャップ、ステーキソース、爪楊枝、紙ナプキン

 

未だ絶好調の彼には言えず、誰も居ない他のテーブルから持ってくる。

 

残念過ぎる・・・・・

 

取りに行く途中で他のゲストの注文を取り、それに必死で忘れたりなんてのはザラ。

 

そんな時はいつになっても思い出す事はないので、再度お願いすると、おッ!とようやく思い出す。

 

こんなのには慣れてますがいつになったら改善するのやら・・・

 

民族性の関係で多分改善しないでしょうけどね。。。

 

まぁ、、なんというか笑けます。

 

 

 

カテゴリー: レストラン(食)

奇跡の快晴ベタ凪?

 

Iawke

 

昨日は11月にしてはとても珍しいベタ凪の快晴。

 

全く天候が読めなくなってきています。昨日に関してはいい誤算ですけどね。

 

今年は西風(逆)の日が多いという印象で何かと影響が出てきます。

 

白化したエリアを避けながらのダイブサイト選択・・・ とほほほ・・・

 

限界あるっちゅーねん。。。

 

けど、昨日はベタ凪なのに透視度も良く快適なダイビングとなりました。

 

でもって今日は全体的に曇りと完全逆からの西風。

 

若干水温が高く感じるとはいえ、続けて潜れば極寒に感じるものです。。。

 

7mmウェットも縮みが発生し亀裂まで入って来て水の浸入までもあり更に極寒マジュロを体感しています。

 

次回はダブダブ大きめ5mmにし中にスプリングを着込んでみたいと企んでいます。

 

そんなことしたらウェイトどんだけ必要なのか・・・ 寒いよりいいけど、腰痛いしなぁ~・・・

 

さて、出港の準備します。

 

 

 

 

 

雨のダイビング

 

Iawke

 

あーーーー 

 

寒い・・・・・・

 

雨の中でのダイビング・・・・

 

朝から良く降っています。結局丸一日・・・・

 

アネモネ周辺でしたが、白化の影響はラグーン内にもきています。

 

明日からも続くのにどこを潜ればいいのやら・・・

 

自然の景観が売りなのにほんまに困った事になっちゃいましたよ、ったく。。

 

今回のダイバーさんはマジュロで潜る為にAOWを取得し、今まで使っていた一眼のハウジングまで購入された気合いの入りよう。

 

しかも水没に備え一眼のボディの予備まで

 

レンズの予備は?

 

あッ・・・・・

 

まぁ、、 水没しなけりゃいいんです!

 

しかし、、、 明日からどこ潜ろ。。。

 

 

 

一身上の都合により、、

 

Iawke

 

今日は予定通りにボートメンテが出来ました。

 

穏やかなので作業もはかどります。

 

今回は前回交換しているのでフィルターはそのままで、エンジンオイルのみを交換します。

 

ギアオイルは近々という感じです。

 

その他はところどころの錆取りとFRP補強部分の塗装、磨り減った部分の塗装ですが、プライマーを施しペイントします。

 

パッと見、かなりキレイに見えますよね、塗装したら当然。

 

 

さて、皆さんにご報告があります。

 

弊社ボートオペレーターをしてくれている リー。

 

この度、一身上の都合により

 

 

 

長~~い あごヒゲを剃り落としました。

 

 

 

・・・・

 

 

 

どうでもいい???

 

 

 

サンゴの白化始まりました。

 

Iawke

 

マジュロ帰国後ちょいちょい潜っていますが、チャネル付近、外洋周辺のサンゴが大幅に白化しています。。

 

10月の頭くらいに「Eternal-eden」を潜った時には、ギリギリだなぁ~・・なんて思いながら潜っていましたが、それから激しく悪化したようです。

 

やっぱり兆候があったんだなぁっと納得しています。

 

今回は水温が原因かと思いますが、各サンゴのポリプ自体は元気に触手を伸ばしています。

 

後は褐虫藻が戻り元の健康な状態になるのを待ちたいと思います。

 

サンゴポイントとして個人的にもお気に入りの 「MajuroMajuro」 はEn近辺のテーブルサンゴ、エダサンゴ全域が白化しています。

 

一言で白化と言ってもその過程はサンゴにより若干の色合いが違います。

 

薄い蛍光イエロー、薄い水色、薄いクリーム色、真っ白などで船上からもその様子が伺えます。

 

残念なのは、今までチャネル周辺が白化した時も 「MajuroMajuro」 のサンゴにはそれほど影響がなかったのに今回は今迄で一番広範囲で種類を問わず白化しています。

 

唯一白化の影響が少ないのが、パラオハマサンゴ(Porites rus)です。

 

という事は、外洋やチャネル外洋周辺よりも完全にラグーン内の方がサンゴの白化が見受けられないでしょう。

 

大幅に白化したエダサンゴの群生 『コイボミドリイシ』、『トゲスギミドリイシ』 には正直悲しくなりました。

 

ちなみに白化の影響を即受けるのが、テーブルサンゴ(ハナバチミドリイシなど)です。

 

復活には数ヶ月は必要かと思いますが、このまま死滅し藻が付かない事を祈ります。

 

 

 

オススメ便

 

Iawke

 

わたくしちょいと帰国をしておりましたが想像以上に寒くもなくホッとしました。

 

さて、最近では機内の座席が窓側ではなく断然通路側。

 

トイレが楽チンだし、ちょっとすみませ~ん的に隣の人に気を使う事もないので気分的にも楽。

 

ただ、、、 空撮が出来ない。

 

帰国時なんてガラガラだったので、横になって寝てたし。

 

そんなこんなで全く撮ってません・・・

 

さて、今までグアムからマジュロまでの便は、

 

月・水・金

 

のみでしたが、今では 日曜 も運行しています。

 

その日曜便の快適な事ッ!

 

コスラエとクワジェリンをスキップしてくれるので、チュークとポンペイのみ停車です。

 

マジュロ目的ならそれでも多く感じますが今までを考えるとかなり楽チンなのです。

 

せめてミクロネシアはどちらかにして欲しいってのが本音ですけどね。

 

各国一駅にしてくれればもう少しいいのですが・・・

 

ということで、定刻通りいけばその分早くマジュロに到着するのですが、グアムからの出発が送れ結局同じかーい!って事もあったりします。。さすがUA。。

 

日曜便、オススメですッ!

 

 

 

カテゴリー: お知らせ
error: Content is protected !!