船外機のチルトモーターブラシ交換

船外機のチルトモーターブラシ交換

船外機がスイッチ一つでウィ~~ンと角度を上げて水面まで上がってくるチルトモーターが調子悪くなった時の対処というか作業内容です。

使用しない係留時はもちろん浅場のサンゴエリア、ビーチ沿いに行く際には船外機の角度を変え水中物とぶつかってしまわないようにします。

ですが、調子が悪いと上がってくれません。

それでは、原因も踏まえ、直していきましょう。
スポンサーリンク

作動しない原因

  • 電力がきていない
  • モーターとブラシ接地面の汚れ
  • ブラシの消耗
  • ブラシスプリングの弱さ
  • スイッチの故障

などが上げられますが、多少でも動くなら電力は問題なし。そして、カバー越しにコンコンと刺激を与えてから動くようなら電力に問題なし。

ですが、数時間、数日でまた動かなくなってしまいます。そんな時はバラして掃除、もしくは部品の交換になります。

こんな小さなパーツが意外と高い・・・ ですが、新品の動きは格段に違います。

今回は、掃除で終わらそうと思いましたが、結局ブラシ交換をすることに。

画像左の薄黄色で覆われているのは汚れ防止の為スプレーグリスで保護しています。これを塗布しているとその部分は全く汚れないのでオススメです。

では、注意点も踏まえて交換方法をみていきましょう。

スポンサーリンク

ブラシ交換

ケースの取り外し

ピンク矢印のケース内にモーターが入っています。この黒いケースを取り外しますが、その前に電気系統は全て外します。

バッテリーをオフ(またはケーブルを外す)にし、ケースから出ているケーブルを辿り外します(画像右では青と緑のケーブル)。

次に各ボルトを外しますが、それだけではケースは簡単に外れてくれません。

青矢印を境に外しますが、スクリュードライバーの後ろ側などで斜め上を突くように刺激を与えて外していきます。(内部にはOリングがあるのみで特別締め付けているものはありません)

決して隙間に何かを差し込んで開けないように。今後浸水してしまいますので。

外した後のボート側は、ゴミ等が付着しないようにラップやアルミホイルで覆っておくといいですね。

ケースを外す際には決して、隙間に何かを突っ込まないように!

外したケースを開ける

ケースを外したら、緑矢印部分を境にパカっとカバーを外しましょう(画像右)。

この時も隙間に何かを突っ込んで開けないようにしましょう。

ブラシのチェック

すぐに気付くのが、ブラシの位置。

青矢印の先のブラシは中心に寄っていて(正常)、右のピンク矢印のブラシは止まったままの状態(問題あり)なのが分かるでしょうか。

この内部には2ヶ所にブラシがあり、これらのブラシがピッタリと黄色のモーター側を挟み込んでいる状態が正常なのです。ですが、このピンク側のように止まっていれば接地出来ていないことになりますね。

このブラシを押し出すようにスプリングが入っているのですが、大抵の場合スプリングには問題がなく、ブラシの消耗によるカスなどの詰まりや、ブラシとケースのスレによる小さなキズがあり引っ掛かる等が問題です。

ブラシを新品に交換し、スプリングは交換しなくても問題ない場合がほとんどです。

ブラシの減りが少なく押してすぐに戻るようなら、キレイに掃除をすればそのまま使用可能。減りが目立ち押して戻りが悪ければ要交換を目安にしましょう。

ブラシ交換とモーターをチェック

こちらはケースからモーターを取り出した状態です。

取り出す際には磁石によってガッチリとケース内に収まっているので簡単に手では取り出せませんん。先端をキズ付けないようにバイスプライヤーで固定し引き出します。

※画像内のブラシは新品に交換済みです。

セットしたブラシがピッタリと黄色矢印部分と密着するのですが、もしもこの付近が黒くくすんでいたり汚れていたらキレイにしましょう(1500番以上の細かい目の紙ヤスリでOK)。

ブラシ交換するだけなら、ケースからモーターを取り出す必要はありません。今回は全体の掃除も兼ねて取り出しています。

ブラシ交換後ケースに戻す

中心に寄ろうとする両ブラシでこのモーターの軸を挟み込まなければいけないので、これがちょいと難しい。

モーターの中心の軸は右のフタの中心に通します。

ですが、スプリングによりブラシが中心に寄ろうとするので、モーターの軸周りに来ない。

両茶色のケーブルに細いワイヤーを引っ掛け(画像内ではピンクのように)、ブラシを押し込む状態にしないとモーターが入らず蓋も閉まらない。

ブラシを押し込む=端から引っ張る

両方のブラシを端に寄せたまま、モーター側のケースを被せ、 蓋がハマりきる直前で両ワイヤーを引き抜き完全に蓋を閉める。

ワイヤーを抜くと同時に内部では各ブラシがモーターの軸にピッタリと接しています。

これで完了。

・ワイヤーの代わりに強くて細い釣り糸でも可能です。
・この作業だけは一人では難しいので誰かに手伝ってもらうか、ワイヤーを足でコントロールします。

通電・動作確認

そして、肝心の通電確認。元気にモーターが回れば交換作業は完了です。

あとは、船外機側に戻します。この作業何度してることやら・・・ ですが、元気に上下する姿は頼もしくも見えます。

そしてこの作業、足が地に着き、ある程度穏やかなら上架しなくても出来るので動きが悪い時にはサクっと作業してみてください。

ちなみにパーツナンバーは年式、馬力等で結構コロコロ品番が変わるので確実に確認してから購入してくださいね。

コメント

  1. KOSUKE より:

    マニアックなことしてますね。
    エンジン修理は陸に上げてから危ないですよ!

    マーシャルの人はよくモーターごと交換してしまいますが、
    ブラシ交換で直ることも多いんですよね。
    もったいない。

    • HIRO HIRO より:

      電気系統解除すれば大丈夫ですよ~
      もちろん陸の方がやりやすいですが、メインは外してからの作業なので。
      ブラシ交換どころか、掃除で直ることも多々あります。
      けど、売ちゃった方がいいのでは??(笑)

タイトルとURLをコピーしました