ダイブサイト・ダラップ

 

Iakwe!

 

マジュロ環礁最東端に位置する外洋のコーナーでもあるダラップポイントをご紹介しましょう。

 

いい時はほんとにイイ!! というより 良かった・・・が今となれば正しいでしょうか。

 

というのも、ここ数年潮の動きがむちゃくちゃで全く読めません。上げでも下げでも流がバラバラ・・・

 

入る前にチェックをしてもコーナーに向け逆に流れてきたりして、えー そこ行きたいのに・・・ みたいな急遽裏返し的な攻撃を受けます。

 

そんな時は棚上にある珊瑚と砂地沿いをゆっくり進みますが、しんどい・・・ そんなこんなで最近は全く使ってなかったダイブサイトです。

 

今日はラグーン内1本と外洋2本ということで久しぶりに入りましたが、やっぱり意味不明な潮。逃げ込んだ棚上ではギンガメの群れがいましたけど寄れず・・・

 

イイ時の以前を思い浮かべてても仕方ないので、個人的にはそういう場合はキッパリと使わないようにしています。そのせいで大分潜るとこ減っちゃいましたけど。

 

それもこれも水中の環境が変わってきているのでどうしようもありませんね。

 

もちろん、潜れないことはないのでマジュロの全体像が見たい(潜りたい)方はリクエストください。一応良かれと思う潮でチャレンジしてみます。

 

写真はそのダラップで、まだまだバートレットは舞っています。

 

深場は最近捜索していませんが、面白いのいるんだな~ ここ。

 

なんだかんだと最近ブログの更新をしていますが、止まると結構止まるでのこのまま突っ走りたいと思います。

 

では、多分 明日ー!

 

 

 

 

体験ダイビング

 

Iakwe!

 

今日はベタ凪。水面がツルツルの水面を航行しながらのスタートで中国人ピッチピチギャル達と体験ダイビングへ。

 

初めての水中体験も穏やかな方が断然リラックス出来るのでイイですね。

 

浅くて練習のしやすいアネモネ島のビーチから始めます。

 

もともとシュノーケリングをされていたようで水には慣れた感じ。初めてのレギュレーターでの呼吸も落ち着いた感じで自分の頃より上手いです、正直・・・(汗)

 

お二人いると どちらかがギブアップもしくは怖くてなかなか進まない事があるんですけど、浅いし快晴ベタ凪のため恐怖心もどっかにいっちゃうのかも分かりませんね。

 

レギュレーターをくわえたまま水中で声が聞こえるくらいに、キャー とか言いながら魚を指さしたり、じっーっと観察したりと水中生物にも興味津々。

 

こちらとしても嬉しくなっちゃいますが、ライセンス無しの体験ダイビングなので目は離せません。ここ重要。

 

頭の中がやる事でいっぱいにならない程度に浅場で教え、あとはこちらがコントロールするのですが、2本目ではボートからのエントリーや自分で吸気排気をしながら中性浮力をとりながらのダイビング。このへんの内容はその方によって進めます。

 

ライセンス取得後によくある砂地の巻き上げモコモコ戦車スタイルもなくて、即認定してあげたいくらい。

 

何より楽しかった~っと帰られるのが一番ですね。天気も良くて良かった。

 

また明日

 

 

 

爆撃機B-24が眠る砂地

 

Iakwe!

 

今日もB-24周辺情報をお伝えします。

 

マジュロ環礁の端っこと言っても過言ではないここは通常マーシャル諸島で吹く北東からの貿易風がモロに当たるラグーン内。

 

風がそこそこある時は浅いこともあり水面付近は揺れる揺れる。ですが、、

 

透明度は抜群にいい!

 

モヤっとした感じも全くないし、砂地には藻などがない。他のラグーン内では時期により深緑茶っぽい色の藻っぽいのが至る所にあるんですが、同じ時期でもそれらが無いのがここ。

 

この藻って見た目的には少々雑な砂地と言うか排除したい感がありますが、その藻にウミウシがよく卵を産み付けていたりするので生物にとっては必要とされているようです。

 

さて、B-24の周辺には小さな珊瑚の根が多く点在していますが、その周辺には藻が全く無く何となく違う環礁のよう。

 

今回の2枚の写真ですが上は5/20、左のダイバーの写真は5/6で共に今月撮ったものです。遠くを見ても砂地と石ころくらいですね。半年後秋くらいにもまた撮って比べてみましょう。(この他は3月の写真しかないので)

 

水中風景写真でも砂地のコンディションによって大きく変わっちゃうというか理想はキレイに越した事はありません、こだわればですけど。

 

多分、ここは浅いし周りに遮るものが何もなく、吹きさらし、流されっ放し、うねりっ放しで藻も定着しないのでしょう。

 

ここへ行った際には周辺の根を順に見ていくのもいいかもしれません。小さなデバやクジャクスズメダイがわさぁ~っとついてたりしてちょっと寄り道したくなっちゃうと言いますか。素通りだけではもったいないみたいな。

 

浅いので水面を見上げた時なんて とても気持ちがいい。

 

どうせここまで行くなら存分に吸収したいですもんね。

 

 

 

 

 

捜索とその後

 

Iakwe!

 

さて、先日チラッとローラの先へ・・という内容を書きましたが、理由はちょっとした探し物。しかも大大大大大昔の。

 

ロングスリーブのスプリング着用で水面から捜索する事3時間。

 

目星いところをくまなく捜索3時間。

ちょい風&晴天の中3時間。

ずーっと水面3時間。

おっさんが3時間。

 

そりゃー 焼けるっちゅうねん!おっさんじゃなくっても

 

俺はシュノーケリング初めてかッ!!!

 

しかもフクラハギだけ真っ黒けっけ。作戦としては超短時間で見付けて水中撮影するはずだったのに・・・

 

わたくし、シュノーケラーさんに言ってます。

 

「曇ってても首やフクラハギは思ってるより焼けちゃいますからね~ 他からも身を守るように何か着用してくださいね~」 っと。。。

 

なんだっつーの これ・・・

 

でもってその後撮影せずにバードアイランドへ直行。リーも変なのしか釣れてないし・・・ 変なのって・・・

 

到着し入った途端どんよりとした透視度。浮遊物はないけどブルーではなく黄緑なイメージで一番撮りたい10m前後が特に。 あ~・・・・・・ なんなんすか今日。

 

← まともにそのまま撮ったらこんな感じ

 

中心から左のところって 色がもや~~ っとしてますよね、浮遊物なくて黄緑っぽく透視度悪い時ってこんな感じになっちゃいます。

 

そんな時は?思いっきり絞ってしまいます。周りを暗くしサンゴにはストロボを当てちょっとダークなイメージ?に。それが一番上の写真ですがどうする事も出来なかったというか、もや~ばかりを撮りたくなかったし仕方ない。

 

てか、ここ遠いーーー 手ぶらでは帰りたくないし。

 

ここはほとんど人が入らないところですが、以前はサンゴだらけでした。ですが、最近では半分以上かな、藻がついてしまい残念に姿に。それでもレンズの画角や構図によっては元気なサンゴを撮影出来ます。

 

確かに人は入り込んでいないし誰もダイビングやシュノーケリングに来ないけど、潮が大きく動くところではないってのが悪化する要因でもあると思います。

ある程度水中をかき回してくれないとダメなんでしょうね。そう思うと周囲に囲いがない普通~のラグーン内のサンゴの方が全体のパッと見は元気です。

ここは生きてりゃ最高のポイントになるんですけどね。潮が入り込みにくいところだけに復活するスピードよりも悪化の方が上回りそうで残念です。

 

けど、俺にはMajuroMajuroがあるさ~ と自分を慰めてみる。

 

100年前とかの世界のサンゴってどんなのだったんでしょうね。

 

想像するだけでドキドキします。

 

もうそんな光景を見る事は出来ないんでしょうね、この先。

 

急には止められないし、スピードを遅くするくらいしか対応出来ないのでしょう。「今」が今の自然環境に反応させている訳ではなく、世界中が気付くもっと以前の環境破壊の要因が現在の水中などに反映しているだけのこと。

 

時すでに遅し状態ですね。

 

あ~ 悲しい。

 

けど、自然の再生能力は人間が思っている以上に力強いと信じています。

 

そう思いながらサンゴを見てると愛おしくなってきますよ。

 

 

 

ボートメンテナンス

 

Iakwe!

 

今日はボートのメンテナンス作業です。

 

① チルトスイッチ交換

② スパークプラグ交換

③ オーニングスタンションの亀裂補強の細工?

 

なのですが、その際にキレイに掃除をしながらやってたので思った以上に時間が掛かってしまいました。

 

これで何回目の交換なのか・・・ チルトスイッチは1エンジンにつき3ヶ所あります。コントローラー側、エンジン本体側、コントローラーの両エンジン用で、2エンジンで計5ヶ所のスイッチで上げ下げが出来るようになっています。

 

係留時や浅瀬などに行く際に船外機(エンジン)がうぃ~~んっと角度を上げていきますよね、その上げ下げをするスイッチなのですが潮のせいか正常ならカチっと押せるスイッチもぬ~って感じ、わかりますかね・・・ なんせそんなこんなで作動しません。

 

手元がダメな場合はエンジン本体側で上げ下げするか両方が動くスイッチを使うしかないのですが、予備パーツを持ってるので早速交換しました。

 

コントロールボックスに入り込み配線を引っこ抜き交換するだけなのですが、それを通す穴も小さけりゃ長さもギリギリでむちゃくちゃやりにくい・・・ 

 

ですが、交換後のスムーズな動きには感動すらあります。

 

次はスパークプラグ交換です。エンジンを始動する際にセルが回りキュルキュルブォ~ンってエンジンが掛かりますよね。ですがちょい前から掛かりが悪く一度掛かると調子イイんですけどこちらもスッキリしてなくって。交換交換と思いながら今になってしまいました。

 

たまに先っちょの黒い部分をキレイにして再利用する方もいらっしゃるようですが、安いしまたすぐに調子悪くなってもイヤなのでもちろん8本全て交換。

 

交換後はもちろん超スムーズな始動に戻りました、スッキリ~

 

③は説明が難しいので割愛しますが、乗られる方は あ~ これの事言ってたのね~ と思ってください。

 

あとは、バッテリーターミナルを掃除したり、プラス側の腐食が激しいのでボルトを交換したり。

 

やりだしたらキリがありませんが、今日のところはこんな感じで終了。

 

風がない無風の時にする作業ではないな、、、、これ。

 

 

 

error: Content is protected !!