MIR港整備1

 

Iakwe!

 

あっちやこっちやポンコツ中につき薬漬けなので現在10日間アルコールを抜いています。

 

それはそれで快適ですが、制限されるとちょいと・・・な毎日です。けど意外と平気。

 

さて、ホテル・マーシャルアイランドリゾートの港周辺を大改造中なのですが、まずはこのシーウォールです。

 

既存の壁から更に3m海側へコンクリートの壁を作りそこへショベルカーにて海からの砂やガレ等をドバーっと入れて埋めていきます。

 

ここまでくるのに約丸一年。

 

壁を作るための土台(基礎とまで言わず)となるところの地を均してたのが2017年の10月。それから鉄筋を配置し次から次へ結束、また放置しそれからまた錆止めを施し、型枠を順に・・・ と、まぁ~ スローな作業・・・

 

わたしゃぁ~ 見てるだけっすけど・・・ なんだかもどかしいと言いますか・・・

 

ここを埋めるまで単なる きったない空間で、なんだか蚊も増え始め、、、 そんな頃、ようやく排水用のパイプを繋ぎ埋め立て開始。

しかもこのパイプ、長~いスパンでしかも勾配がほとんどない・・・ 排出するのでしょうか・・・ そんな事はお構いなしで、蛇行しがらどうにか水平?に近いくらいになったら更に上から埋めていく・・・ ほんまこんなんでいいの~ と心配だらけですけど。。 まぁ、いいんでしょう。。。

 

ショベルカーで浅場を掘るといろんな物が混じってます、一般的にいうゴミってやつですけど、ボートを係留する為の水中の錘とそれに繋がれた太いチェーンなど。これはまだ使えそうなのでMIR用にまた新設します。それらが出てきた瞬間にみんなの視線が一気にこちらへ来るってもどうかと・・・ やりますよ。。。

残念ながら?お宝は出てきませんでした(笑) 

 

さて、ここを綺麗~に埋めた後は、コンクリートを更に打ち、BBQなどが出来るような小さな小屋をいくつか作るようです。どちらにしてもRaycrewの向かいも余裕のスペースというか陸が拡大って感じになりますね。

 

今日の段階で全域が埋められスタッフにより均しが行われていましたが、早くフェンスも移動し人が利用出来るくらいの段階になって欲しいと思っています。

 

まだまだ港の整備は序の口で、ボートが出入りしているところ(2本のポールがあるところ)は塞がれ、別のところを深く掘り全く違う動きとなりそうです。

 

何より、最近多い西風や港周辺に打ち寄せるウネリ対策が一番。これはうちにとってもとても助かります。

 

バー、レストラン外側付近もまだまだ変わりそうですよ、楽しみですね~

 

 

 

マジュロらしさ

 

Iakwe!

 

今日はポンペイ在住の方達と日本からのダイバーさん達とダイビングへ。

 

一昨日、昨日は雨が降り一面グレーの空でしたが今日は朝からそんな感じはなくマーシャルらしい景色となってくれました。

ポンペイからという事で、どうせなら同じミクロネシア地域の中でも違いってのをご覧頂きたくHeaven’s Hill と Eternal-edenを選択しました。本当はMajuro Majuroもそれっぽいけど今日は日中下げ潮で入れません。。。

 

ポンペイにもたくさんのダイブサイトがありますが、最後に潜ったのいつだろ・・・・ 懐かしいなぁ・・・ カピンガマランギ村?だったかその下の方の港から数分のマングローブ潜ったり、ナンマドール遺跡でハゼ撮ったり・・何やってたんだか(笑) けどそれがスゲー楽しかった。

ポンペイでの楽しい思い出はいっぱいありますが、一眼カメラ水没の経験もあります(泣)

山頂付近のキューピットバー?なくなったとか最新の情報を楽しく交換させて頂きました。やっぱり、山があるってうらやましく思っちゃいます。

 

そんなこんなで僕のポンペイでの記憶を辿って、マジュロでしかご覧いただけないような水中景観をダイビング。

Eternal-edenはほとんど潮も動かなかったので楽チンで良かった・・ どっち見てもサメ近いし、テーブルサンゴどん!どん!どん!ってあるし、インパクトがあるところですね。ここの砂地でハゼ一本勝負も興奮しますけど(笑)

 

何よりずっと太陽が出てくれてて水中も明るくてホッとしています。

一日のダイビングでもマーシャル諸島の水中のイメージになっちゃいますからね。とか、小島へピクニックへ行きその周辺でシュノーケリングをして終わってもそれがマーシャル諸島のサンゴのイメージになっちゃうでしょう。あ~・・・残念過ぎる。。。

どこに行こうとやっぱりこうしてある程度出ないとそこのほんまもんは見れないんですね。

 

明日と明後日はアルノ環礁予定です!行ければいいけど。。。

 

 

 

メイキュウサザナミハギ (Juv.,)

 

 

Iakwe!

 

和名:メイキュウサザナミハギ(写真は幼魚)

英名:Chevron Tang、Hawaiian Surgeonfish

学名:Ctenochaetus hawaiiensis

 

潮通しの良い外洋で見掛ける事が多く、この色と柄から小さいながらも良く目立ちます。大きさは5cmないくらいでしょうか。。

 

写真の個体は幼魚ですが、成魚になるとともに迷路のような模様が全体的にグレーっぽく細い地味な模様になってしまうので期間限定の配色と言えます。

 

マジュロでもブリッジ側とカロリン島の外洋、アルノ環礁でもイリアム島周辺10m前後で何度か見かけています。以前、回遊魚系狙いのイリアムで見掛けた時はガイド中でしたが、これをチラッと紹介したのを覚えています。

 

けど、カンカンカーン!って張り切って知らせるとなんか大物!?って思っちゃうでしょ? なので、、、 チンチンッ。。っと控えめに気を引き~の

 

一応紹介したくなりますって~ だってバラクーダよりマンタよりサメなんかより断然目撃例は少ないし、撮った事ないでしょ?と勝手に思い、、、 紹介しながら僕が興奮してましたけど・・・

 

比較的大人しいので撮影もそんなに難しくありません。おかげでかなりの量を撮り溜めてます。大人しいと言ってもずっとじーっとはしてくれてないのである程度は頑張りましょう。

 

最近ハギ好きなんですよね~ 

 

 

 

ローラビーチ

 

Iakwe!

 

ローラビーチでの写真です。

 

このローラビーチはマジュロの陸続きの最終地点としては行く価値あり!途中のヤシの木の道もユニークで写真撮影にもとてもいい。

 

けど、「ビーチ」としてはどうでしょか。ダイバーやシュノーケラーはボートで離島へ行ってるので正直そっちの方がキレイで泳げる環境にあるというか。

 

このビーチは遠浅で潮の干満によっても景色がかなり違います。どちらにしても泳ぐにはちょっと・・・

 

ローカル達はボートで海へ行かない?行けない?代わりに車で行きみんなでBBQを楽しむところとしても使われています。

 

施設もそれなりにありますが、観光で来られてBBQなんてしませんもんね・・・

 

そんな時はランチボックスを持って行くのもいいかもです!ハエ多いけど。。。

 

 

たまに食べたくなるハンバーガー

 

Iakwe!

 

こちらは RRE 2階 Tide Table restaurant の なんとかバーガー。 多分チーズバーガーだったような。。

 

海外のハンバーガーってなんか魅力的じゃないですか?

 

全体的なバランスを一切無視してるので、モッサモサ感は仕方なし。その場合はドビュッっとケチャップ&マスタード。けどたま~に食べたくなります。

 

チェーン店等のものではなく、ちゃんと作ってる感たっぷり というか えい!乗せてしまえ!的な感じ?ですが決して悪くない。

 

普通にチーズバーガー頼んでもボリューム凄いし、あ・・・・ ボリューミーって言葉なんかすげー・・・

 

誰が言い始めたんでしょ。。 

 

 

わぁ~~  なにこれ~ すご~~い♥  と~~っても  ボリュ~~ミィ~~~。♥。・゚♡゚・。♥。・゚ 

 

 

イライライライライライライラ・・・・・・・・・・

 

けど、お肉自体はとってもジューシー! あかん!僕にとってはジューシーもボリューミー系。

 

てと、脱線大好きだけど本題へ戻ります。

 

マジュロのレストランとかってもちろんメニューがありそこから頼みますが、ここにいるとみんな適当にリクエスト?で頼みます。

 

例えば、ハンバーガーなら目玉焼きも入れて とか リーフフィッシュがあるなら焼きにして とか エビのフライドライスに目玉焼き2つ とか 揚げて、天ぷら、ガーリックソテーなどちょっとした前菜でもやってくれるので是非リクエストしてみてください。

 

毎日同じメニューからじゃつまんなくなりますが、こうやって変えてると同じメニューでも若干マシになりません?

 

もちろん毎日違うレストランに行くのがいいんでしょうけど、出るの面倒だったりしますからね。

 

 

夕焼けはこれから本番!…かな。。

Iakwe!

 

これからの時期夕焼けはカロリン方面へ沈みます。

 

陽は西へ沈むのは間違いではありませんが時期によって多少の方角は変わります。

 

冬に当たる時期は少し南寄り、夏は北よりと言いますか、ホテルMIRのプールサイドで説明すると冬場は水平線へ落ちるところが見えず、夏場はカロリン島へ落ちていくイメージです。夕方からボーッとワインやビール片手にそれらを眺めていたいなら夏場でしょうね。

 

もちろんRREに滞在の場合はそんな感じで多少変わります。

 

ローラビーチやカロリン島にいればその辺全く問題なくいつでも見れますが、ちょっとの違いで色と景色が違うので一日くらいはゆっくりといいコンディションで眺めたいですよね。

 

そしてこれからの時期は南十字星が見やすくなるのも特徴です。GWくらい?6月くらいにはMIRからすぐ見れます。今でもかなり低い位置ですが見えてますよ。

 

知ってないと

 

れ!?? どーれ~~~よぉ~~~ って感じでさっぱり分からないと思いますが。興味がある方はお声掛けくださいね。

 

ゆっくりキャンプして星空を眺めたくなってきました。もちろん撮影しますけど、飲んだら終わりです・・・

 

 

 

リクエストあるある

 

Iakwe!

 

外国人ダイバーのリクエストでよくあるのが

 

   ●レック

   ●シャーク

   ●アルノ環礁

 

この順番はその人によって変わりますが、この3通りで考えてたら間違いありません。
僕にとってはちょちょいのちょいで逆に全然OK~の範囲。

 

サメがそれなりに見れ上がった後、「あのサメ見た!?? ○匹いたぜ~!」と興奮しながら教えてくれますが、、、 興奮具合は半端ではなく。確かに潮によって違いますしね、喜んでるのみるとこちらも嬉しい。

 

アルノ環礁に関しては天候次第でしか行けないし、行けたとしても潮の関係で潜れる?潜れない?潜っても全然ダメダメ?なんて事もあり、その時のタイミングが大きく左右します。

 

けど、、、、 そんなのわからないし、関係ないんでしょうね~・・・ とりあえず行ってみたい。ウェブでいろいろ書かれてる?ように 「とりあえずアルノはいいんでしょ!」?的な。
何をもっていいと思ってんだか・・・

 

「いやぁ~ どこかのウェブで見たんだけどマルチカラーが○mで撮影出来るんだって!!?」なんて言われりゃ、お!なかなか見る目あるじゃない!?だからアルノ行ってゆっくり撮影したいのね。って納得出来ますが。 

 

マジュロを一度も潜ってないのにその良さってどこで比較するんだろうって思っちゃいます。行けと言われりゃ行きますけど。

 

砂巻いて、砂紋は全く見えず、ヒラヒラ舞ったハナダイもかすかに見える程度、水面はうねりのArnoArno。 想像しただけでも潜りたくないっすよね、潜った方は想像出来るでしょう。

お気に入りだったDock Southも今や珊瑚はダメージ三昧。浅場の珊瑚を無視すれば潜れなくはないけど、本調子ではなく。

 

マジュロよりは平均的に透明度が良いというのはあるかもしれませんが。そこにつかってる(潜ってる)だけでいいの~ って言われるなら全然いいんですけど。

何より、後でガッカリされるのが嫌ですからね、グイグイリクエストされた上に行って、最終的になんか残念っぽいみたいな・・・ まぁ、その段階ではこちらの知ったこっちゃない状態です(笑)

 

潮とその時の天候がマッチングしてアルノ環礁のいいところをご覧頂けるのにね・・・

 

最近行った2度のアルノ環礁は良かったなぁ~ とっても綺麗で魚もいたし。 ブルーウォーターでの安全停止でWahooが数匹いてびっくらこきました。

 

そんなタイミングで行きましょね!

 

 

ローカルの子供達

Iakwe!

 

元気なローカルの小学生達。

マーシャルの制服は学校によって色分けされているのですぐに分かります。

ランドセルという決まりのものはないので各自リュックを背負ってますが、雨の日が面白い。

Tシャツの中にリュックを背負ってるので背中側が異様に膨らんでる状態で普通に数名で歩いています。一応、彼らの中でも濡らしたくないという思いがあるんでしょうかね~ まさか先生がそう教えてるとは思えませんが・・・

そんなのを何気にしてるのを見るととても可愛い。中には何が入ってるんでしょうかね~

日本のように教科書、文房具でいっぱいって事はないでしょうけど。。

 

 

昔、ダイビングのスタッフだったローカルに防水のペリカンケースをあげボートへ持って来たので何が入ってるか確かめたら 十得ナイフ?っていうのか いろいろな機能がついたナイフ一つが。

その中で一番目立つ機能がスプーン。次にフォーク、で、ナイフに一応ドライバー的な。

さっそうとペリカン開け、シャキーン!とスプーンをセットし ご飯?・・・ 

 

なんか・・・       すげー      弱っ。。。。

 

どこで売ってんの、それ・・・ てか、それ必要すか???

 

使ってなかったペリカンだから別にいいけど、まさか欲しがってたペリカンをそんな風に使うとは恐るべしマー人です。とりあえず持ってみたい的な。。

ポケットで十分でしょ、それ。

 

何でもとりあえず欲しがるのもマーシャル人の特徴です。

 

ハウマッチ?

Iakwe

マーシャル人の口癖といっても過言ではない、「ハウマッチ」。

今回のこのハウマッチは、量とか数のハウマッチではなく、金額のハウマッチです。

 

それは何に関しても登場してきます。カメラを例にとってみましょう。小さなコンデジで適当にパシャっとしてる程度じゃハウマッチは登場しません。一眼レフしかも、何かでちょっと光ったりレンズが伸びた日にゃ~ 「動画も撮れるの?水中では?」からの~ ハウマッチ!!!???

 

必ずといっていいほどハウマッチまでの繋ぎ会話が先に埋め込まれます。まぁ、いきなり「はじめまして、これいくらするの?」よりはマシですけど。

 

ボートが港に横付けしてあるとしましょう。
「何人乗れるの? これでダイビングもするの?」からの ハウマッチ!!!?

 

駐車場に車があります。「どこ産? 何年もの?」からの ハウマッチ!!!?

 

ちなみにこれらのハウマッチはいくらで売ってくれる?ではなく、いくらしたの?のハウマッチです。

 

長年住むとそろそろハウマッチが出る頃合はわかってきます。ハウマッチを聞きたく無い時、もしくはその場をすぐに離れる事が出来る時は「ごめん、もう行かなきゃ」と濁し、ハウマッチ前にハウマッチ回避をする事が可能です。

 

何気ない立ち話で立ち去ろうとしてる時に値段だけ最後に聞く人は少ないのが統計上多いです。統計なんてとってませんが。値段を聞くのも会話の中の一つなので別にいいんですけどね。。

 

もちろん、ハウマッチに対してまともに返答した事は一度もありません。

 

けど来るの分かってる時ってあえて聞いて欲しくないというか・・

 

あるんです、来るぞ~ 絶対にこのパターンは来る!みたいなの。 いや来ないとおかしいくらいに匂う・・ この質問に返答した後に2秒沈黙があったら絶対にヤツを放り込んでくるはず!

 

来る!来るッ!絶対に来る!!来るに決まってるぅぅぅ~

 

1、、、 2、、、、、、 

 

 

 

ハウマッチ?

 

 

 

出たーッ!!! やっぱり聞いちゃったぁ~~~

 

今や99%は的中します。

 

その中でも高度な技を盛り込んでくるマーシャル人も中にはいます。

 

「これいいよね~ どこどこで$で売ってたけど高いのかな、その値段だと」この場合、高いか安いか妥当か、基準があっての会話となってしまいます。そうなると必然的にハウマッチが正当化されてしまうのです。そもそもハウマッチの正当化って何だ?それでも僕は適当に返してますけどね。

 

 

しつこい場合はすっとぼけながら「え~っと・・・ 日本で確か¥○○だったから、えーっと・・ $だと~・・・ レートがえーっと・・・」と独り言を言ってると一緒になってこんがらがって話が流れます。

 

ホテルの暇セキュリティー達の会話三選としては、「おはよう」「ヤコエ」「ハウマッチ」と相場が決まっています。観光や仕事で来られた方にハウマッチが登場する事はないと思うのでご安心ください。

 

マジュロで外国人が乗っている車で一番ボロボロで有名な車に関しては、異例の いくらで売る のハウマッチが何度か登場しました。その場合には真剣に答えますけど、OK!と言いながら全く話は進みません。進んでもあれでお金は取れませんから気が引けますけどね。どちらの意味でのハウマッチでも聞いて終了ってのもマーシャル人らしい流れなのです。

 

正直、ここにいると分からなくはない。普通に考えりゃ安いものでもここでは全てが輸入です。もしも安けりゃ逆に疑ってしまいます。

 

日本にいれば相場ってのがあるし、輸入なら確かに高いという認識もありそれなりに全てにおいて品質はいい。ここでは直す事も前提で考えないと購入時のみまともな状態で終わってしまいます。

 

そんな中で僕も気になる物に対してはハウマッチと聞いちゃいますけどね(笑)。

 

 

 

Pacific map

Iakwe

 

ブログやウェブいじってる人はこんなの自分で出来たらな~ってのいろいろ思い浮かぶと思うんですけど、写真とは別でこんな地図を作ろうって思っても、どうやって??が先に。

 

僕の場合はAdobeのIllustrator使ってますけど、ちょっとした作業で ? が生まれます。これをPNG形式にしたのは、背景色に関係なく地図の周りの古びれ感というか破れた感をそのまま出したかったから。使う用途で拡張子は変更すればいいと思いますけど。

 

でもって、この破れた感をどうやって出すかをかなり悩みました、たかがこれだけの事で・・。イラレやPhoto shopが得意な方からすればちょちょいのちょいでしょ。僕なんてせいぜいラインのスタンプを作ったくらい。

 

特にイラレやフォトショップって機能が多すぎて逆にひっちゃかめっちゃかで何が一番やりたい事に近いのか分かんなくなってきたり。そんな事ありません?最終的にその効果を諦めたり。

 

ネットで調べても難しいやり方しかないとか、見た目が思ってるのと違ったりして中々進みません。

 

ボーッとマウスをその枠沿いに当てながら、この面をガタガタボロボロ風に削るだけなのになぁ~・・・

 

削るだけ??・・・・ んッ!

 

削るだけ? ってな訳で、地図の周りの余白部分を多めに広げ直し地図の周りをフリーハンドでガタガタに。フリーハンドだからこその雑感がいい感じ。

 

なんだかそれっぽいし~ でもって、スタイライズのドロップシャドウで薄らと影を付けて完成。何となく古い感じ出てますよね?と共感させてみる。。。

 

こちら大きくウェブで使ってます。

 

この地図内のPohnpeiからGuamを早くオレンジの線で結びたい。もうちょいのはずなんですけどね~
先日もナウル航空のミーティングをしてたし、今もナウルの大統領達来られてるし、きっとそんな話題も上がってることでしょう。別にナウルという国が飛ばす訳ではないですけど・・。

 

直接ブリスベンのオフィスへ聞いてももう少しで!って。回答になってませんけど~

 

現在ミクロネシア周辺太平洋国の首脳会談がマジュロで行われています。どこの国の国旗か分かりますか?
左から「ナウル共和国」「パラオ共和国」「マーシャル諸島共和国」「キリバス共和国」「ミクロネシア連邦」となります。普段日本にいると見かける事のない国旗ばかりでしょう。ここではちょいちょい見かけますが。

 

ちなみにナウルの大統領はこの真上にご滞在です。クーラーガンガン過ぎてこちら結露ってます 😥

 

早速上に行くと、知り合いの警察官が部屋の前で護衛にあたっていて、誰?って聞くとナウルの大統領。そんなの関係ねー!この室内アラスカ状態だから下がえらいこっちゃっと下の部屋を説明するも、体型がこんなん(身振り)だからきっと暑くて上げないからフロントデスクへ言え って。

 

もうこんな話を目の前でしてんだから、言ってよ~ 「無理ーーーッ!」って、無理でしょね・・・

 

言えないですよね~ 護衛の一警官が大統領に「あの~・・・そんなに暑いですか?もし宜しければ室内の温度を上げて頂きたいんですけど・・・」って。。。

 

言えないよなぁ~・・・

error: Content is protected !!