マジュロ3ダイビング

Iakwe!

 

事前に3ダイブのご予約を頂いていたので張り切って潜りました。

 

天候はベタ凪とはいきませんがそこそこ穏やか、快晴。

 

ダイビングにはもってこいですね、こんな時はシュノーケリングやボトムフィッシングにも最適です。

 

ダイブサイトは、Heavens Hill、 Aquarium-Inside、 Eternal Eden。

 

下げ潮のここチャネル付近はいつも若干透視度が落ちちゃいますけど、そう思ってるのも僕だけでしょう。。。

 

今日も水中のあれやこれやと仲間達をご覧頂く事ができました。何より太陽光を燦々と浴びた珊瑚も気持ちよさそう。

 

マーシャル諸島の場合、珊瑚があってのサメ、珊瑚とバラクーダ、珊瑚と・・・という感じで珊瑚は付き物。折角なので一緒に撮ってあげてください。

 

バラクーダはそんな低いとこにはいませんけど・・・

 

あ~・・・・・・ また空いてしまいそう・・・

 

もっとマーシャル諸島の情報っぽい事?をアップしていきしょう。アップしないよりマシか??

 

今日はこの辺で。

 

※またまた今日の写真ではありません。

 

 

 

ダイブサイト・ダラップ

 

Iakwe!

 

マジュロ環礁最東端に位置する外洋のコーナーでもあるダラップポイントをご紹介しましょう。

 

と言っても、いい感じのご紹介ではないですが・・・

 

いい時はほんとにイイ!! というより 良かった・・・が今となれば正しいでしょうか。

 

というのも、ここ数年潮の動きがむちゃくちゃで全く読めません。上げでも下げでも流がバラバラ・・・

 

入る前にチェックをしてもコーナーに向け逆に流れてきたりして、えー そこ行きたいのに・・・ みたいな急遽裏返し的な攻撃を受けます。

 

そんな時は棚上にある珊瑚と砂地沿いをゆっくり進みますが、しんどい・・・ そんなこんなで最近は全く使ってなかったダイブサイトです。

 

今日はラグーン内1本と外洋2本ということで久しぶりに入りましたが、やっぱり意味不明な潮。逃げ込んだ棚上ではギンガメの群れがいましたけど寄れず・・・

 

イイ時の以前を思い浮かべてても仕方ないので、個人的にはそういう場合はキッパリと使わないようにしています。そのせいで大分潜るとこ減っちゃいましたけど。

 

それもこれも水中の環境が変わってきているのでどうしようもありませんね。

 

もちろん、潜れないことはないのでマジュロの全体像が見たい(潜りたい)方はリクエストください。一応良かれと思う潮でチャレンジしてみます。

 

写真はそのダラップで、まだまだバートレットは舞っています。

 

深場は最近捜索していませんが、面白いのいるんだな~ ここ。

 

なんだかんだと最近ブログの更新をしていますが、止まると結構止まるでのこのまま突っ走りたいと思います。

 

では、多分 明日ー!

 

 

 

 

スジブチスズメダイ

 

Iakwe!

 

英名: TWOSPOT DEMOISELLE

和名: スジブチスズメダイ(写真は若魚)

学名: Chrysiptera biocellata

撮影地: マーシャル諸島・マジュロ環礁

 

今回も地味シリーズをぶち込んでみました。

 

無視され度90%の スジブチスズメダイ です。

 

全然珍しい種ではないかと思いますが、マジュロ環礁では島寄りの比較的浅いガレっぽいところにいる印象です。それにホテルMIRの船着場の真下にもいます(笑) 

ですので皆さんをお連れする事は正直少ないかと思いますが、あ~こんなのもいるんだ~くらいで見てください。

 

正直自分でもいつも無視に等しいのですが、スズメダイって撮って後から見ると新しい発見というか美しさがじわ~っとくる魚でもあると思います。

 

水中で普通に見るとドス黒い色した別に~って子もストロボの光で存在感とか特徴を発揮してくれるというか。。。

 

頬ら辺ピンク??全体的にブルーのドット??眼のラインかっけー!ヒレの柄こんな??てか柄あったん??みたいな。

 

そして厄介?なのはスズメダイも幼魚、若魚、成魚、そして生息域の環境でも色合いや微妙な模様が変わっていること。

 

?と思った時には一応撮っておいて後から見てみると面白い被写体でもあるかと思いますよ。正直そんな発見は今迄いくらでもあります。

 

そんなこんなでまだちゃんと撮れていないスズメダイも他にあるんですよね~証拠写真ばかりで・・・ とりあえずは全部キッチリとおさえたい、浅いの限定ですけど(笑)

 

そんなこんなを浅いところで撮ってるとアッという間に時間が来てしまいます。場所と種によっては1ダイブ一個体なんてザラですからね。

 

ん~ スズメダイも奥が深い・・・

 

 

 

沈船いくはずが・・

 

Iakwe!

 

 

※写真をインスタfacebookで使ったので帳尻合わせ的にここでも使ってますが文の内容はそのまんま今日の出来事です(笑)

 

今日はここでサクっとくはずだったのに、、、、 ニュージー達はOKでもオージーが沈船イヤなんですって~~

 

最初の1本目にもってこいなのに・・・ しかも一人は経験本数4本。取得したてなのにわがまま~

 

休息中の干潮時間くらいでまたここの半水面たくらんでたのに・・・ 今日は無理でした。

 

ですが、出港してから5分もしないうちに土砂降りに変わったのである意味諦めがつきますけどね。

 

今日はそんなに風はないものの、降ったり止んだり太陽出たりの繰り返しな一日。水中は透視度も良く内容もまぁまぁ良かったかな。

 

1本終わったら無口だった人も口数増えてました(笑) わかりやすぅー

 

仕事で来てるある一人が、「10年前くらいに水産系のローカルと潜った時に Oceanic whitetip sharkを見た」 と言ってましたが、和名は『ヨゴレ』です。

 

いいないいないいなー まだ見た事ないぞぉー・・・・・・ 海ですからね、いつか思ってもいなかったような種に出会える事はあるでしょうけどそんな時は絶対にカメラを持ってない。。。

 

それはいいとして、出会ってない種にはやっぱり出会ってみたいもんです どうせ同じ潜るなら。それは大物マクロ問わずに。

 

いつどのタイミングかもほんとにわかりませんからね~ 出会い頭の事故じゃないけど、そんな時はほんとにラッキーだったと感じます。

 

最近、MajuroMajuroのサンゴが大幅に復活してきたように感じます。個人的に大好きなところなのですが棚上の浅いところもキラキラって感じでエダサンゴも元気です。

 

高瀬貝もいーっぱい(笑) 夜光貝はここにはいません。チョウセンサザエはたまにーに。と、、、、 話はズレましたが、ここ数年でハンマーと出会ってるのが多いのもここMajuroMajuro。

 

ただ、、、 ここ遠い。。。 今やアルノなんて海外旅行に感じてます、トホホ・・・

 

ですが、たまに行ってサンゴ達の様子をチェックしています。ここの良さも写真ではなかなかお伝えしにくいんですよね・・・

 

そんなサンゴの様子もまたアップしてご覧頂きますね~

 

では。

 

 

ウミウチワと生物

 

Iakwe!

 

ワイド写真でも画になる大きなウミウチワ。 微妙に色々な色があって綺麗ですよね。

 

この写真はアルノ環礁で撮影したものですが、深度は確か30mくらいだったかと・・・ 以前はマジュロ・アルノ環礁問わずに30くらいまで深度をとると必ず見れたしそこには独特の生物も生息していました。

 

今や30くらいであったマジュロ環礁のウミウチワは枯れてなくっています。本当になくなり方が「枯れた」に等しく中心の骨格のみが残った状態もしくは全滅。どうにか見れるとしたらもっと深いところか、ダイブサイト MajuroMajuroの最後の砂地の向こう側深度20mくらいにあります。そこのはまだ生きてますがダイビングの後半だし周りに別に何もないのでダイバーとはいっていません。

 

さて、そんなウミウチワを住処とする生物の代表格といえばまずこちらの『クダゴンベ』。世界的にレア感は少ないですけど、人気といえば人気。この体の柄と色でしょうか。。。

 

これはアルノ環礁のArnoArnoの25mくらいで撮りました。もういないと思うけど・・・

 

でもって、次は 『ピグミーシーホース』。 どうですか、この絞りに絞った細っいボディ、体脂肪率一桁間違いなし。可愛い感ゼロ激痩せ色気全くなしピグミーですが、特別感は大アリなんだなぁ~

 

これはマジュロの外洋、Delapの30mにいましたが、もうそのウミウチワはありません。本当に残念ですが枯れッ枯れです。いてもちょっとイヤな深度にいるのでゲストを連れて行くのは避けちゃいますけどね、探す時間も必要だし。それでも居ると居ないのでは大きな違い。まぁ、ここで見なくても日本国内だと10mちょいでいるかな・・・

 

結局水中環境が変わってしまったという事が一番悲しく思うところ。人が少なく未だマジュロのような生活をしていなくても水中は変わってしまうんです。

 

さて、最後は 『ホシゴンベ』 の捕食シーン。食べられちゃったのは何とかスズメダイでしょうかね~ この写真から見ても肉食ってのが分かりますね。決して浅くはないウミウチワですが生態観察にもいいのです、もうないけど。。。

 

もちろん今回ご紹介した三種以外にも生息しています。深場へバディとドーン!と行ける方は是非見てみてくださいね!僕は上から見守っていますので。

 

あーーー 浅いところにわっさぁぁ~っと復活してくれないかなぁ~ 10mとか。もっと浅いのは大歓迎ですが有り得ないか。

 

まったく関係ないけど、マフィンの周りの粉々ってすげーウザくないですか?・・・・

 

 

 

地味シリーズ

 

Iakwe!

 

たまには魚の写真を載せてみましょう。

 

上はほんとどこにでもいる 「ヒメダテハゼ」。本当にどこにでもいます、そしてパッと見が全くレア感ゼロなので素通り状態で見向きもされない普通種の一つ。

 

自分も 「よーし今日はヒメダテハゼを撮るぞ~!」なんてここマジュロで一度も思った事がありませんでしたが、この時はやたらとホバリングをしている個体が目に付きその姿をファインダー越しに見詰めていたのを覚えています。

 

ヘルフリッチやヤアケボノのように常にホバリングしているようなダートフィッシュと呼ばれるハゼではなくゴビーってやつですね。ゴビーと呼ばれる種でもホバリングいますけど。このヒメダテは通常巣穴近くの砂地の上にちょこんとしてるだけ。色も地味。なのでこの時は余計に目立っていました。

 

アネモネの沈船ポイントで さ、そろそろExitしようかなと思ってたら真下で何やら動きが。

 

2匹が威嚇し合って噛み付き合い。そんなのジーッと見てると上がるの忘れてコンデジで撮ってました。エビとの共生もそうですが地味な普通種も動きがあると面白いもんですよね。

 

とは言っても今後も8割素通りしますけど(笑)

 

 

あ~ やっぱ 地味  地味過ぎて面白い。

 

 

地味シリーズはまだまだ続きます(笑)

 

 

 

 

GWの様子

 

Iakwe!

 

GW期間中にお越し頂いた皆様ありがとうございました。

 

連日連夜楽しくご一緒させて頂きました。

 

海はというと若干風があったものの前半はアルノ環礁へ行け、後半最終日にはマジュロ最西端近くのWWIIのB-24と普段は行くことのないバードアイランドへも。

 

どうにか無事にいろいろな景観をご覧頂く事が出来ました。

 

ハンマーヘッドシャークも登場してくれましたね~

 

タイマイ(カメ)がすぐ目の前でサンゴの隙間でジッとしてたりマダラトビエイ、ナースシャーク、バラクーダの群れやギンガメアジも健在であれやこれやと。アルノのイリアムではEx前にシルキーシャークも登場!レアですね~☆彡

 

深場に行けば面白いマクロいっぱいいますけど安全を考慮し行っていません。

 

この写真はサンゴのポイントでは大人気のヘブンズヒルにたくさんいる通称アオベニハゼ。顔は青いままで赤Ver,と黄色Ver,両方共に生息しています。こちらは赤Ver,。

 

そして今回何となくダイブショップの真似ごとをし水中スレートなんて持って書いてご紹介してみました。何年振りだろ こんなん持つの。。 ダイブショップみたいですね~

 

今回カメラは最終日のB-24しか持って行ってないのでダイビングの様子が全くもってありませんが。。。小さなコンデジくらい持つ方が何となく皆さんには伝わるんですけどね~ 誰か置いてってください m(_ _)m 真正面から来てたハンマーも撮れたのに・・・

 

あ~ そういえばWWIIのB-24へ日本人ゲストをお連れしたのは初めてなんです。外国人は食い付きが半端ではありませんが(笑) なんせ遠い・・・ 折角なので今回はドローンでも機体周辺を上空からも撮影して頂きました。ここでのドローンは世界初! カロリン島でも世界初でしょう~

 

マジュロのB-24情報はこちらもご覧くださいませ。

 

夜はというとマジュロ定番の?辛い鍋を2日に1回?は食べに行き、その他はレイクルーのテラスでダラダラと。。。 ダラダラと行っても早く始めて早くに解散!そうしないと体力が持ちませーん。。

 

レストランに行った際にはまだ陽が落ち切っていない6時半には夕食終了~ なんて最高なんでしょ。夜中近くまで飲んでた以前が自分でも信じられません。もちろん翌朝は快調でタンクピックアップ。

 

そしてマジュロのあるあると言えば、ゲストの出発日には恒例のベタ凪。朝から無風。。

ですがちょっと暗~い感じの空。昼過ぎには青空に変わりベタ凪のまま。なんすか、、、これ・・・ まぁ、いつもの事ですが。

 

でもってわたしゃ~ 昼からOWの学科スタートという・・・ トホホ・・・・

 

 

 

老眼ってやーね

 

Iakwe!

 

まったくもって見えません。

 

まったく全然うっすらもってことはないですけど、、、、 小さな生物達。。。

 

いつからこんなになってしまったのでしょう・・・・・・・ 老いってイヤですね~ 老い。

 

ここでのゲストは全体の7割が日本人以外の外国人。

 

ダイビングに関してはコース取りとして水中ガイドをしますけど、皆それぞれ自分の感性でその海(ダイブサイト)を楽しまれています。

 

ガイドの俺と同じところで同じ物を見ろ!ってのは好きじゃないのでちょうどいいんです。もちろん残圧などを考慮し快適になるようコースと時間配分はしますけど。

 

そんな中、○○ハゼを見たいんです~って外国人は今迄100%皆無。たまにカメラ持った方がウミウシをって言いますけどあんまいないし。

 

日本のダイバーでも最近はそういう方がいらっしゃらないので正直助かります。そんな流れもあり余計に目が退化していってるのでしょうか。。。

 

まだまだ遠くは人一倍見えるんですけどね~ 多分。

 

そして確かにマクロを一眼で狙う(撮影)のってすごく楽しい!ファインダー越しに見えるあの眼。開いた口。全開した時の綺麗なヒレ。
たまりませんね。。。

 

 
最近マクロ撮影から遠ざかっていますが面白いのがいたら撮りますけどそんなこんなで探していませんし見掛けません。

 

僕の代わりに誰か探してくれませんかね~・・・

 

写真は直径約18mmの10セントコインと左に並ぶデリケートブレニー(ヤイトギンポ)。

 

US$コインの中で一番小さいサイズと比べてこの感じ。すっとぼけ感がとても可愛いですね~

 

こんなの撮ってた頃が懐かしい・・・

 

ご覧になりたい方、撮りたい方はお伝えください。目ん玉かっぽじって探します(笑)

 

 

 

最近のマジュロダイビング

 

Iakwe!

 

油断したらブログが遠のいてしまう・・・ ので気合いでアップします。

 

さて、最近のダイビングの様子を。 どちらかというとどこで潜っても比較的透視透明度が良い!個人的にはそれだけでも大満足。たまにエントリーしてすぐの視界がもやぁぁ~~っとしてる事ありますけど、最近はいつ潜っても落ち着いてます。

 

先日の事。サメを間近で見たい旦那さん、絶対に見たくないし見た事がない奥様。

 

えーー どーしたらえーーーねーーーん

 

そんな時サンゴの間にスッポリとはまってた大きなナースシャークを発見。しかも2mくらい離れたところにももう1個体。
しかも、お二人仲良く手を繋ぎ奥様をサポートしながらのダイビング。振り返ればいつも視線はこちら、、、 ダイビングって僕を見るもんじゃないんですけど・・・

 

ログブックに書くんでしょうか、 見た生物: Hiro とか。。。

 

泳いでるサメって誰が見ても、あ!サメッ!って感じでわかると思うんですけど、こんな風にじーっと隠れるようにしているサメって分からない人には分からないでしょうね、色も派手じゃないし。間近に行ってようやく分かるみたいな。

 

なので、遠目から念の為にサメの合図を送りお知らせ。するとすぐに旦那を前に突き出す奥様。まだ何も見えてないけど、本気でイヤなんですね。。

 

そんなこんなで結局は旦那さんだけが見てた事に。でもって一件落着。

 

また違う時には、ここマジュロでマダラトビエイがいるといっても絶好調の時で4~6枚程度が限界。ほとんどが単体で見る事が多いんですけど、12枚がまとまって浮遊してるのを見ました。しかもずーっと目の前で。正直ここマジュロでは初めてです。
残念ながら写真はありませんが。。

 

たまにこんなふうに刺激があるといいもんですね、ここでずっと潜ってると慣れてきちゃうので・・・

 

ではまた明日! たぶん。。。。

 

 

 

視点をちょいと

 

Iakwe!

 

前に比べてマーシャル諸島のサンゴも結構なダメージというか変化をしてきましたが、そんな中こういった写真をアップすると地元ダイバーから 「これはどこ? いつの?」 と興味津々で聞かれます。

 

昨日も早速スマホの画面のスクショと共にメッセージが送られてきました。

 

これくらいならまだまだマジュロ環礁でも撮れます、見れます。

 

ただ見てないというか、見れてないんですよね・・・

 

確かに一面がぜーんぶこんな感じではなく極一部を見付けその部分(画角内)を収めているだけなのです。以前はもっと一面ずら~っとイキイキとしたサンゴだらけでしたけど・・・

 

なので、ちょっと視点が違うとそんなところ無かった~ってなってしまうんですけど、ありますありますあります!!

 

そんな極一部一瞬をご紹介するのもなかなか難しいもの。。。ずーっと真横に居て一緒に同じところを撮ってたらいいんですけどね。

 

けど、そんなふうに興味を持ってもらえるのは嬉しいことだと感じています。

なので極力そういったところを見てもらいたいし撮ってもらいたいんですけどね・・・

 

 

 

error: Content is protected !!