ビキニ環礁ガイドとの日々

ビキニ環礁ガイドとの日々
空母サラトガのムアリングパイプ

ビキニ環礁で水中のガイドもやっているブライアンとは最近ちょいちょいと会うことがあるのですが、我々の話は

最初に、「私生活」

次に、「コンプレッサーやタンク」

で、「ビキニやダイビング」について

といった感じで、まずはローカルトークから始まります。お互いに外国人っていうところにも共感があり様々な話がスムーズ。あっちが痛いだ、こっちの肩がどーだとおっさん会話。あー いやだいやだ・・・

さて、一昨年?くらいに日本人グループとビキニ環礁へいきガイドをした彼ですが、「今度はビキニ環礁ではなくクワジェリン環礁のみでダイビングをしたいと連絡がきている」と。

俺ももう歳だからなぁ~・・・・ と言いながらも近いし楽しいのは歓迎のご様子。

クワジェリンの水中には戦績が多く、特に日本の船やゼロ戦もたくさん沈んでいます。

この方達、結構気合い入れて撮り溜めていらっしゃいますよ。

https://www.brandiunderwater.com/#/the-airplane-graveyard/
Amazon.com: Silent Wrecks of Kwajalein Atoll, The: Jonathan Bird: Movies & TV
Amazon.com: Silent Wrecks of Kwajalein Atoll, The: Jonathan Bird: Movies & TV

ただ、クワジェリン環礁の戦績ダイビングのほとんどが深いんですよね~・・・

プリンツ・オイゲンみたいに水面から出てればいいんですが。

ビキニ環礁ガイドブライアンのコンプレッサールーム兼作業場
ビキニ環礁ガイド・ブライアンのコンプレッサールーム兼作業場

マジュロ在住でもクワジェリンで潜ることはほとんどないので、それなりに楽しみかもしれませんね、しかも仕事としてなら尚更。

そんなブライアンとは来週作業を共にします。何でも知ってるのでとてもお勉強になるのです。

今は奥さんが不在なので、「ぜーんぶ一人でやらないといけなーい」と嘆いていますが(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました