セダカギンポ

 

Iakwe!

 

今日はこれまたお気に入りの子 「セダカギンポ」 です。

 

和名: セダカギンポ

英名: LEOPARD BLENNY

学名: Exalias brevis

 

日本、太平洋のあちこちにいますが、サンゴの隙間に隠れたらこれまた撮るのに大変な子なのです。

 

ここマジュロ環礁やアルノ環礁では外洋のサンゴの隙間に良くいましたが最近では見ないに等しい・・・ これも環境の変化でしょうか。

 

普段カメラがない時って、あ!お!!って思うような子達と遭遇ししかもとーっても撮りやすそうだったりするのですが、最近は手ぶらの時でも見てません。

これを探す為だけにセダカギンポEyeで潜れば1匹は見付かりそうですけどね。そんな時にまた違う種類なんて出てきたら・・・なんてのも想像出来ます。

 

この幼魚なんてかなり可愛いですよ。以前アルノアルノのEn付近の根の上にいましたが、そんなところなら1時間以上粘れます、5mないし。

 

ここマジュロでもまた見つけてもう一度撮影したいと思っていますが、いつになる事やら・・・

 

さて昨夜、クワジェリン環礁イバイの船上から早速連絡がありました。

「ゲストと全ての荷物も届いており船上の状態にも喜んでいる」 と。一安心です。

後は、楽しまれるのみです。良かった良かった。。。

 

 

今日のマジュロの天候は風は西寄りですが微風。太陽は出たり隠れたりで夕方には時々雨。どないやねん天気ですが、明日は穏やかで晴れて欲しいと思います。

 

さて、いろいろ充電しよ。。。

 

 

 

ビキニ環礁ダイブツアー

 

Iakwe!

 

日本人ダイバーさん達がビキニ環礁へ向け、今晩から乗船されます。

 

まずはクワジェリンまで行き、そこからフェリーに乗りイバイ島へ。イバイからは専用のボートに乗船です。皆さんめちゃくちゃワクワクされてるんでしょうね。

 

撮影各機材はもちろん、水中スクーターも持ち込まれるそう、生涯何度も行けるところでもないでしょうから皆さん張り切りモード全開でしょう。そして何よりビキニ環礁を貸切でダイビングと滞在が出来るなんて素敵じゃないですか~ 

戦艦「長門」と軽巡洋艦「酒勾」も待ってますよ、きっと!

 

水面には細~く漂う長門から流出し続けているオイルが見受けられますが本当に長門からのオイルかどうかは定かではありません。そのオイルを辿って水中まで潜るしか答えは出ませんが、以前からみんなそう言ってるので信じましょう。けどそれが本当に当時からの長門のオイルだとすれば何だか不思議な気持ちになります。。

 

さて、今回は「WINDWARD」ではなく 76ftの 「SURVEYOR」 。 今回用に仕上がったボートでの世界遺産・ビキニ環礁は最高でしょう。

ビキニ環礁でのダイビングは金額も世界遺産並?ですが、それだけ快適に滞在しダイビングが出来き安全にも気を配られています。船ですからもちろん時化てしまえばどんぶらこ~ですけど。。

 

人生で一度でいいから戦艦・長門をこの目で見たい!撮りたい!って方には価値がありますよね。あの主砲もいつまで形を留めているでしょうか、、、 そう思うと10年後、20年後はどうなっていることか・・・ 急ぎましょ!

 

引き続き、Raycrewでは手配アレンジいたします。

 

チャーターとなりますのでグループ(10名くらいまで)での乗船が理想です。お一人でもチャーターは可能ですが全額負担となります。

 

興味があり、お休みを2週間前後は取れ、ある意味世界遺産級を覚悟出来る方は是非ご連絡くださいませ。

 

 

レックダイビング

 

Iakwe!

 

 

レックダイビングと言ってもWWII絡みとかではありませんが・・・

 

練習も込みで2名のダイバーと潜ってきました。 

 

今日は満月という事もあり干満の差がとても大きい日となりその中でもド干潮に潜ってる為深度はやさしめなのです。

 

この船はフィッシングボートで左舷を下にして沈んでいます。今日の水底で20mないくらいでしょうか。潜り始めてまず丸~い感じで船底が見え始めてきますが、正直気持ち悪い、、、 僕は。

 

名前は 『OCEAN GLORY』 といいますが、未だにその船名も鮮明に残っています、「せんめい」だけに。。。はい。。

 

でもって船首側から横倒しのブリッジ側へ降りて行きます。この辺りは何故だか透明度も良く浮遊物も少ない。ボトム側は結構浮遊物が多くあり今日の写真だけでも半分以上は即削除。せっかく撮って残念ですが、浮遊物大ッ嫌い!!!

まぁ、浮遊物が大好きなな人は一人もいませんけどね、ほんま苦労します。なのでそんな中このサイズでならお見せ出来るであろう写真のみをアップしています。

 

ストロボの角度や加減をかなり意識してたんですけど、途中から右側が発光していない・・・ 急遽一灯で撮影。ほんま困ります、、、古いので仕方ないというかすぐに修理にも出せないここマジュロ環礁なのです。

 

さて、ブリッジ側には絶好の魚達の隠れ家となっていますが、、、今日はなんだか少なかったですね・・・ 沈船とダイバーを撮ってたって感じです。

 

時にはツムブリの群れ、イスズミちっくなヤツたくさん、マダラトビエイ3,4枚、イソマグロなんてのも登場しますよ、ここ。

 

練習込みで潜ったダイバーさんも今日はエアの消費が少なく中性浮力もなかなか上手かったので一安心。一人先に浮上なんてなると残念ですもんね。

 

沈船から離れ、深度を上げていきますが、スロープ状になってるので地形通りに斜めに進めばサンゴエリアへたどり着きます。そこのサンゴはまだ元気ですよ~ そして、ベラ、スズメダイ、チョウチョウウオの幼魚なんかがとても多くマクロにも面白い。

 

初めて潜ったダイバーは必ずびっくりしてます。それなりに遊べるっていいですね。その時によって透明度は左右してますがこんな感じなら撮れるのでバディダイビングにもぴったりですよ~

 

干潮で若干浅く潜れたものの、ENとEXはかなり悲惨・・・ 水面が遠く感じます。その辺を踏まえると満潮がいいかな・・と。

 

なかなかいいでしょ? ショップの目の前 ホテルMIRの向かいも ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

 

 

皆さんもホテルの目の前で遊んじゃいましょう~!

 

 

 

シャーク・ストリート

 

Iakwe!

 

今日は「Shark street」というダイブサイトをご紹介します。でもって今日潜ってきました。

 

いい名前ですよね~ シャークストリート! まぁ、、、 たまにいる感じです、サメ。

 

スーパーウルトラ名前負けです。が、一匹のグレイリーフがずーっと近くにいました。それでもストリートって言い過ぎちゃうか・・・

 

他は、マダラトビエイ、タイマイ、ギンガメ群れ、ホワイトチップてな感じでまぁまぁ楽しめましたが何よりサンゴも元気なところ。ここマーシャル諸島ではそれも重要なのです。棚上は広いエリアでダメージが目立ちますがドロップ付近は大小様々なサンゴが健在です。

 

凪いでないといけないところでもあるので颯爽とこちらへきましたが、若干一名・・・ 潮に逆らってどっかへ、、、 逆らいきれないのでその辺を撮影してた・・・って、潮のまま行けば僕達いるのに・・・ 何やってんだか・・・

 

船上ではここからブリッジまではずーっとイルカ達の群れが。 もちろんみんなで撮影開始!僕もコンデジを取り出し跳ねた瞬間を狙いシャッターを押すも画面に何やら・・ 良く見るとそこには、、、

 

「記録できません」    って。。 

 

あー・・・ SDカードPCに突っ込んだままだーー・・・  ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

 

それからずーっと周りではスピンしたり飛んだり跳ねたり並走してるのに、、、、 指をくわえ見~て~る~だ~け~

 

ではおさまらず、、、

えーい!!と一眼ハウジングを水中へ突っ込み一発勝負! 何となく写ってました、写ってた事がウケますね。。 肉眼でしっかり見るからこそいいんだ!!と何度言い聞かせた事か・・・

 

ダラップではグレイリーフ、ホワイトチップ、どでかいシルバーチップ、ギンガメ、タイマイ、ファンテールスティングレイ、ナースシャークなどなど。

 

今日初めて水中カメラを持って入ったダイバーも頑張ってましたけど、凪いでる船上ではグロッキー状態。。。 凪いでますけど・・・ それもこれも慣れが大切。

 

近々ホテルの向かいで練習です!

 

しかしいつまでこんな穏やかなのが続くのでしょうか・・・ 外洋出たらすぐにアルノ環礁も見えるし。 反動というわけではないですが必ず吹き始めます、もうすぐ。 なのでこの穏やかなうちに行けるところ行っちゃいたいと思います。

 

だって・・・・ 水中って全く寒くないからぁ~~ん゚。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

 

とうとう、ヤツが到着してしまいました。 そう!

 

7mmのフルスーツ!!!

 

部分的になんと9mmが使わています!!! 素敵過ぎます。 デザインはイケてませんけど、寒いよりマシ。

これがへたったら次は8mm予定です。 けど、ますます物の選択肢が少なくなっちゃうんですよね、、、8mmって。

水中で寒くないのはいいんですけど、ウェイトがかなり増えるので腰が痛い・・・2ndダイブの途中からウェイトベルトをぐ~っと胸の方まで上げて場所を変えながら潜ってました。結構楽、というか腰よりマシ。まだまだ大切な腰ですからね、うふ。。

 

3mmフル二枚重ねでもウェイトゼロでイケてたのに、やっぱり新品って浮力が半端ではありません。 どうせこの7mmもそのうち薄~くなっちゃいますけどね。

 

これにフードベストで更に快適! 

 

 

マジュロの水中撮影ダイバー誕生?

 

 

Iakwe!

 

マジュロ在住台湾人ダイバーさんがハウジング、ストロボ等を持ってきてセッティングをしてくれとやってきました。

 

中身はSonyのα6500。 APSサイズですがいいカメラですね~

 

彼は普段から陸でもいろいろ撮ってますがこうして機材も整えていき水中撮影にも燃えてるご様子。

 

このハウジング、60mまでいけるそうですが低価格、、、、 名前は「Sea frogs」。知ってます?

 

イカツく固く黒々しいイメージの水中ハウジングですが、これはどちらかというとのほほ~ん系と言いますか・・・

 

ストロボは 「SEA & SEAのYS-D2」 ですが、一灯のみなので近々同じのをまた購入するはず。

 

ここでセットしシャッターを切りストロボが発光した瞬間の嬉しそうな顔はまるで少年のよう。自分もこんなだったのかな・・・最初。

 

発光して当然のストロボも何か調子が悪くって発光しなかったり、そんな事が多い最近では試しに発光させ異常がなかった事に一安心することの方が多く、嬉しいというのとはちょいと違うと言いますか。。。

 

せっかく待ちに待って届いたストロボが発光しなかったら泣きますよね、、、 しかもここってUS Amazonからはこのストロボ届きません。

このストロボに限ったことではなく、例えば何か必要な商品がヒットしそれを選択しても、Majuroへはお届けできません的な表示が出てくるので、選択肢がある意味狭いんです。

それで何度違う物に変更した事か・・・ じゃ、表示するな!って話ですよね。。。

そして返品なんてこれまた大変・・・

 

このストロボも台湾から知人経由らしいですが注文してから受け取るまで約2ヶ月、こういうのがマジュロなんですよね・・・ これも仕方ないっす。 ったく・・・

 

早速 明日は友人達と初おろし水中撮影ダイビングへ。今頃、イメージ膨らましてるんでしょうね~ 浴槽でなんかやってたりして(笑)

 

相変わらず穏やかで凪いでいるマジュロ環礁です。

 

ゆっくりと撮影にはもってこいですね。

 

 

 

チューク直行便

 

Iakwe!

 

 

9月から成田~チューク~ポートモレスビー線が週2便就航することになりましたね。

 

いいないいないいなーーーーーーッ!!!!!

 

一時帰国超簡単!!! すげーいいなぁーーーーー!!!!

 

沈船ダイビングとジープ島で有名なチュークが直行便で数時間となりゃこれから旅行を考える人達も多い事でしょう。

 

思い出します、わたくし。。。。

 

成田と関西からマジュロへの直行便・・・・

 

それはもう~・・・ なんと言いますか・・・ ここで書くと書ききれないので止めておきますが、是非!是非!!日本と同じ感覚で小さな島を訪れるのはやめましょうね。

 

そして、「リゾート」というイメージは拭い払いましょう。 「リゾート」=○○みたいに勝手に考えてると全てが怒りに変わっちゃいますよ(笑)。

 

秘境へ乗り換えなしで行ける、今迄行った事のない場所へ直行便で行ける くらいに考えましょう。是非不便さを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

小さな島国にも日本にないものが絶対にたくさんあります。少しでも吸収出来れば最高の旅行になりますよね、きっと。

 

マジュロなんて・・・ 決まりかけてたナウルエアーのグアム離発着の話もどっか行っちゃったし、UAはあんなだし。。。

 

いいないいな、直行便~~~ 

 

生卵も比較的安全に運べるし、生もの食材も確実に運べますね。そこー!?? けどこれらかなり重要でして、我々みたいなのには。

 

いいないいなー!しか出てきません・・・

 

いいーーーーーなぁーーーーーーーーー

 

 

 

マジュロ環礁ベタ凪中です

 

Iakwe!

 

 

昨日からかなり凪いでます。ベタ凪です。

 

ちょいと風向きは不安定ながらも風自体は微風が続いているマジュロ環礁です。

 

こんな時にはすい~っとボトムフィッシングもよし!ラグーン内はむちゃくちゃ穏やかなのでのほほ~んと釣りが出来ますね。

 

普通のダイビングをするにはもったいなく感じちゃいます、個人的には。 こんな時はやっぱり半水面や水面に映るサンゴや魚達とか(先日アップしました)。

いや、単純に鏡のような水面に映る島をボーッと見てるだけでも最高なのです。

 

そして!!!何より!?

 

船底掃除がしやすいのであります!☆.。.:*・☆.。.:*・

 

うぅぅ・・・・

 

そしてモーリング材のチェックとやり代えが超~簡単!

 

な訳で、もっさもさの船底を一人孤独にゴシゴシと・・・・

 

スクレーパーでサク~っと全体を落とし、その後ステンのタワシでサラ~っと。係留用ロープやチェーンについた藻などもシュ~っと そんな爽やかには終わるわけもなく・・・ 船底にへばりついての作業はなかなかおっさんには堪えます。。。

 

誰かに頼んでもいいんですけど、たまには自分で全部やりたかっただけという。。

 

ボートの裏側を自分の目でしっかりと確認出来る時でもあるので貴重な時間とも思っています。

 

そろそろ塗装もしなくちゃいけません。塗装しないとまたすぐにもっさもさになりますし、見た目も違います。

 

さて、キレイになった船底で走りも格段に変わりますがまだ走っていません。すげー楽しみです。

 

 

 

ウォン・ハイ・シェン

 

Iakwe!

 


WON HAI SHIEN (ウォン・ハイ・シェン)をご紹介します。

 

以前はRREから徒歩圏内の2階にありましたが現在は移転をしており、裏通りなので一般の観光客の方には少しわかりにくい場所にあります。

 

リーズナブルで美味しいのでローカルにもとても人気があり、ランチタイム、ディナー問わず繁盛しており、頼んでから出てくるのも早い、これ重要ですね。

 

オーナーは台湾人の御夫婦で少~しだけ日本語も話されます。そして、新しい事もあり清潔で広々としており個人、グループでの食事に最適です。

 

おすすめは色々ありますが、今回は手元に写真があるメニューをご紹介したいと思います。

 

皮蛋豆腐

ピータン豆腐ですが、今はメニューになかったような・・・ 以前は日本後で「豆腐とゆで卵」って書いてあり、なんだこれ・・?どっちも好きだから頼んでみよう~と注文するとこれでした。って事がありました。最初のかんぱ~い!で欲しいですね!

 

 

 

甘酢味豚肉 $8.75

こちらは日本でいう酢豚ですね。少し甘い感じですが・・・ 一回洗って酢をぶっかけたら更に美味しいかと思いますが、そんな事やったらつまみ出されそうなのでやりません。

 

 

 

 

ナスの炒め $8.50

続きまして、ナスを炒めたものですが、問題ナス!です。白ご飯にもお酒にもいいですね!こういった島国では野菜が不足しそうなのであれば頼んでしまいましょう!

 

 

 

 

豆腐鉄板焼き $9.75

揚げ豆腐のような鉄板炒めとでもいうのでしょうか、すごーく無難です。豆腐が豚や牛に変わっても見た目はこんな感じなので気をつけましょう。下手すりゃ、見た目同じのばっかりになってしまいます。

 

 

 

 

さて、ここからはシメにも良く、あるけど頼まないであろうヤツをご紹介します。

 

シーフードスープ麺 $6.50

個人的にこれだけでも食べにくるシーフードスープ麺。具も多くってリーズナブル、具の素材から出るスープとそれに絡む麺が絶妙、でもって後ですっかり忘れてしまうくらいの存在感の無さ! 褒めてます・・・

 

 

 

豚煮麺(スープなし)$5.00

存在感といえばこちらのスープなし麺。こちらも美味しいですよ~ 焼きそばを頼むなら冒険込みでこちらをどうぞ!アテにもなります、そういうのも重要。

 

 

 

 

豚かつカレー $6.95

さて、日本人にとってはなんと言いますか・・・ 響き的にかなりポピュラーな「カツカレー」ですけど。ここは日本ではありませんので、、、、 はい。。 

えーっと・・・ 口の中でとろ~っと溶ける気配が全くないジャガイモ固っ! さら~っと飲めてしまいそうな しゃばしゃば感は体に優しいですね~ でもってカツどっかーん!です。美味しいですよ~ 

 


カツカレーの~~ 見習い丁稚奉公三流演歌歌手やぁぁ~~ ・・・ 

わたくし・・・ 食レポーターになれませんね、これじゃ・・・

 

そんなこんなをこんなふうに今回ご紹介してしまいましたけど、皆さんと良く行くことは間違いありません。ちょっとランチにも最適です。

 

 

WON HAI SHIEN (ウォン・ハイ・シェン)

営業時間: 10:00am – 2:00pm / 5:00pm – 9:00pm / 月曜日から土曜日

電話番号: 625-6641

 

 

 

水深1cmの世界

 

Iakwe!

 

1cmよりも浅い1mmいや0ってのも出来ます、いえいえプラスってのも。いわゆる出ちゃってるみたいなのも。

 

タイドプールでは数種類のカエルウオのヒレとかたまに出てますからね、本当に。カエルウオを半水面っすか・・・

 

このダスキーアネモネフィッシュも水面近くでちょろちょろとしていて水面にもしっかりと映ってくれました。決してソフトやなんかで加工した画像ではございません。

 

これらがいそうなところでジッ~っと待っていたら何となく画角に入ってくれます。というか追っかけるスペースはありませんし・・・

 

こういうところにいるのってクマノミ、スズメダイ、カエルウオが多いですが、甲殻類もいればおもしろそうですね。

 

島影ではこういったロケーションが多く、高瀬貝も沢山いてそわそわ(関係ないか・・・)。

 

サンゴの撮影ではある程度誤魔化し?が効きますが、魚となりゃ微妙な深度も影響してくるのでほんとに時間限定なのです。クマノミなんてコロニーが決まってますしね。

 

カエルウオやスズメダイはその点楽ですけどもちろん潮が満ちてきて水面が遠くなれば水面に映る瞬間が少なくなります。そんな時間限定もいいもんです。

 

こういうの見るとサンゴやその辺り一面が水面に映るってのも納得していただけるのではないでしょうか。穏やかな水面近くを泳いでいきそっと水面を覗くと必ず映ってます。

 

天然の鏡ですね。穏やかに凪いでいる時、空の雲が水面に映る水中Ver,って感じでしょうか。

 

気を付けないといけないのは意外と日に焼ける・・・ イヤですね~ 日焼け・・・

 

 

 

カロリン島

 

Iakwe!

 

チェネル近辺のカロリン島上空です。

 

上空から見ても普段潜ったりシュノーケリングをしているポイントが良く見えます。

 

この位置から見えるのは、Kolalen-beach、Heaven’s hill、Kolalen-reef、Kolalen inside、Majuro Majuro、Heaven’s hill、Aquarium-outsideといったところでしょうか、細かく分ければもう少しありますが。

 

左がラグーン側、右が外洋、上がチャネルですが、島沿いのブルーがたまらなくキレイですよね、離れた島というのはこういう色を保っているので行きたくなっちゃいます。

 

この周辺に何度来ている事か・・・ この水中で何時間過ごしたのか・・・ 何匹の目ん玉をファインダー越しに見詰めた事か・・・? まだまだこれからも行くのでしょうけど、、、 けど、、、、、 遠い。

 

そして悲しいことにこの辺りのサンゴもかなり変わってしまいました。例えば島沿い水深1mとかでもイキイキとした色とりどりのサンゴが広がってたのに、今はそういったところも限定されてしまっています。サンゴの種類にもよりますけど元気なサンゴはまだまだ健在です。

 

生物に関しては変わっていないようにみえますが、実際には減っているのかもしれませんね、サンゴが減ればそれだけサンゴを住処にしていた生物の行き場所が無くなってしまいます。

 

ビーチから何気に海に入っていき踏みつけているガレのような場所にも生物は生息しています。スズメダイやカエルウオなんてそんなとこ多いですね、そういったところで卵を産み付けそしてまた大きく育っていくと考えれば海へのエントリーも考えないといけませんね。

 

海に関して神経質になるのではなく、ある程度の知識をもって理解をしながら接していきましょう。

 

そうしたら更に何か新しい発見があり楽しいもんです。

 

マーシャル諸島の自然はほとんどが海ですから。。。

 

 

error: Content is protected !!