素敵なダイバー達

マーシャル諸島

金曜までダイビングが続き、また月曜から続くので週末の土日はゆっくりしようと決めてたのに・・・ 仲の良い台湾人ダイバー達の攻撃を受け出ることに。

けど、条件は、、、、 キャプテンとして行きダイブサイト教えるけど、わたしゃ~ 潜りません!!! みんなの回答は、、、、 OK~~~ ええんかいッ!!!

プロになる前の若い頃GBRで、着いてから知ったそこのスタイル「バディダイビング」方式でしたが全然問題はなかったし、みんな認定ダイバーな訳で。間違っても、セルフバディダイビングだったなんて事前に聞いてませんッ!なんて気持ち悪い文句やクレームは100%してませんよ。むしろそれを楽しんでましたし。そう考えれば今後もそうしようかな~ と企み中。。。事前案内はし~っかりするのでご安心くださいませ。

な訳で、みんなで仲良く潜ってましたが若干一名秒殺のエア消費。 ダイバーの泡を見ててもえらい早くこっち方向へ来るな~っと思いきや他のみんなはまだ100前後で浮上。

このあたり外国人って感じですよね、日本人なら早い人だけ上げてみんなまだ潜ってるんでしょうね。そして上から見ててもちゃんと教えた通りのコース取りで、教えてた魚も見てるし関心します。。

2ndダイブでも珊瑚の下のナースシャークを見付けてたり計3匹のシャークとイソマグロがいた!って大興奮。

この調子でアクアリュームも自分達で潜ってくれたら超うれし~んですけど、あそこはそうはいかないかな・・・。

何よりほんとに自分達で楽しそうにしてるのを見るのがこちらも嬉しい。これこそ与えられてそのダイビングの評価をするんじゃなく、自分達の技量と感性でその時のダイビングを評価するというのか。本来はそうなんですけど、与えられる事に慣れちゃったダイバーは、紹介されなけりゃ、何も居なかった・・だの 別に・・だの そんなダイビングになってしまいます。

感動って自分次第なんですよね、きっと。そんな彼らには次回ちゃんともっと素敵な海を見ていただきましょう!と心から思うのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました