アルノ環礁遠征調査

 

Iakwe!

 

チャーターボート(サンゴ調査)10日目。

 

本日は少し予定を早めアルノ環礁へ遠征調査ダイビングとなりました。相変わらずのベタ凪です。

 

早朝からベタ凪とはいえあえていうなら西よりの風。そして南からの波というか大きなうねりがありますがアルノ環礁の西側には全く影響ありません。

マジュロとアルノの中間で止まってツルツルを撮ってみたりしながらの遠征です。

 

行きは40分で到着し戻りは35分。早いですね~

 

行きの船上では 今迄同定が難しかったサンゴ16種類の学名を僕が撮った写真に書き込んで頂きました。サンゴの学名をほぼ覚えているってなんて素晴らしいんでしょう。

 

サンゴの更に奥の深い話はまたの機会にアップしたいと思います。

 

さてイリアムへ直行し到着してすぐにカメラと船底掃除セットを持ちシュノーケリング。

 

今迄一週間以上マジュロ環礁で潜ってた皆さんにとってはここアルノ環礁は全く違う景色でしょう。しかも今日は透明度も素晴らしく最高のコンディション。

 

そんな光景をパシパシっと写真に収め リーと船底掃除開始。ボートの周りだけちょっと濁ってますけど・・・ すいませーん。。。

 

ですが、昨日も今日もExit前にお手伝いしていただいてて多分戻りは半分の20分で帰れるんじゃないか?なんて言いながらみんなでゴシゴシゴシ・・・ ご滞在中ずっと色々オペレーションに関して気に掛けて頂いています。

 

アルノ環礁では3ヶ所をご紹介しましたが、一般的に見るとサンゴの種類も地形的にも似てると思うのですが、そこはさすがにご専門。違いの分かる軍団なのです。

 

シュノーケリングでもアルノ環礁を吸収されています。

 

直線距離で少し遠いイリアムなので行きは5分多く掛かってしまいましたが戻りはアルノ島北からなので35分。なかなかの記録です。

 

水面&船底ツルツルは最強という事が証明されました!

 

 

 

続く西風

Iakwe!

 

10月の時点での今年の印象は西風が多い、ですが、微風という感じ。正直パッとしません。。。

 

最近でも毎日が西風。微風の西風でのマジュロはそこまで影響がありませんが、アルノ環礁では緩やかなうねりを発生させます。

 

最悪なのはArnoArnoや他の棚上で砂を巻き上げクリーム色になってしまう事=透明度最悪。

 

こんな状態ではダイビングもシュノーケリングも出来ませんが、どうにかクリアな場所を見付けて楽しむ事が出来ます、かなりギリギリですけど、、、。

 

さて西風となると当然島影となるマジュロの東側が凪いでます。

 

そしてイルカが多い! そういう時期というのもありますけど。そろそろ終わりかな~・・
ちなみにこの写真は昨日ブリッジを抜けてすぐのところで撮りました。

 

橋をくぐりすぐに登場してくれる時もあればダラップ(マジュロ最東端)付近ではかなり確率が高い。ここ最近は同じような風なので、外洋へいく事が多いのですがほぼ毎回出会っています。

 

ちなみに昨日のアルノ環礁はArnoArnoをチェックするも真っ白けなので潮止まりでイリアムへ。

 

潮止まりでイリアムなんて通常そんな事しませんけど、試しにチェックすると悪くない・・・という事で。緩やかに潮もコーナーへ向かってるし、魚達も多く群れが大きかった印象です。今迄はこんな潮なかったのに、、、、 これもおかしな事です、昨日は結果良かったけど。

 

ダイバーの中にはフィルム撮影 (Cinematographer) を本職とする方(Daniel C. Pearl氏)もいらっしゃいましたが、大興奮のご様子。ちなみにボンジョヴィ、マライヤ、ホイットニーなど様々なアーティストのビデオやコンサートとかマライヤと明石家さんまさんのコーヒーのCMとかも撮られてたようですが、水中のカンカンカーン!はほぼ聞こえず・・・ あそこ!あそこ!!も見えず・・・ まぁ、仕方ありませんけど、時間差で撮影されてました。

 

再度ArnoArnoをチェックするもまだまだ真っ白け。上げ潮でこれなら完全にうねりの影響ですね。収まらないでしょう・・・。

 

パッと見穏やかに見える環境でも影響が出ているところがあるのに、自分の眼で見ないと納得してもらえない・・・ 無駄な移動だぁ・・・ そして帰港が遅くなる。。。 そんな時は委ねて欲しいもんです。

 

て今日も穏やかで快晴。なんだか久しぶりに陸にいるような気がしますが、また海が続くので今日はエンジンオイルとギアオイルを交換します。

 

 

 

今日のアルノ環礁

 

Iakwe!

 

アルノの情報を昨日出したばかりですが、早速今日はアルノ環礁へシュノーケリングツアー。

 

最近は西寄りの風が多いですが、強風がないだけマシ。今朝もバッチリ?の西寄りの風からのスタート。こうなるとアルノ環礁はバシャついてしまいます。東にアルノ環礁があるのでもろ当たり。

 

行きは軽やかに到着するも、戻りは・・・ これは仕方ないけど今日しかチャンスのない方々の為ボートを走らせます。まずブリッジを抜けると案の定ベタ凪。。。 途中からアルノまでが荒れるんですね。

 

ダラップ手前ではイルカが登場するもすぐにその姿を消し・・・

 

さて、無事にアルノ環礁のイリアムに到着。やっぱり少々バシャついていますが元気な皆さんには関係ないご様子。

 

さぁ、ここでは大きな群れで近づいてくるハシナガイルカ達が。長時間シュノーケラーの回りを行ったり来たり。もちろん皆さんも水中にいるイルカ達をご覧になっています。皆さんからの情報では、マダラトビエイ、ホワイトチップ、ブラックチップ、ナポレオンなども。

 

アルノアルノは砂を巻いていたので、もう少し南へ移動し再度シュノーケリング。ここでもイルカ達出迎えてくれました。そのもう少し先には鳥山が。残念ながら連れてませんけど、今日のリーの釣果は6匹。しかもいいサイズ~

 

水面がバシャつくアルノ環礁を後にし、ベタ凪のダラップでもシュノーケリング再開。ここは魚も多いし今日は透明度もバッチシ!

 

夕方の今も変わらず西風で若干風が出てきています。

 

今日のハシナガイルカは珍しく遊んでくれました、良かった良かった☆

 

 

アルノ環礁

 

Iakwe!

 

僕個人がここ数ヶ月で一番潜ってるダイブサイトはどこだと思いますか?

 

それは 「Arno Arno」 なんです。 なんだか意外というのが正直なところ。

 

マジュロのどこよりもArnoArnoで潜ってるという・・・。

 

最近は潜ってもコンデジを持ち合わせてないので急遽何かに出くわしてもそんな写真がなく・・・ 9月によく見たハンマーヘッドも もちろん写真はありませんが。。。

 

facebookのRaycrewへのメッセージにもマジュロの若者からいつどこでこれがいたけど!っと動画をくれたのがハンマーヘッド。水浴びの延長で見たなんてビックリしたでしょうね(笑)

 

さて、アルノ環礁へ話を戻しますが、今朝もとあるCEOさんがいらして観光についてお話を。

 

アルノ環礁がミリ環礁に小さなホテルを建てようかと。。。イメージはコテージになるのでしょうけど、食事は?荒れた場合のアクセスは?などなどそう簡単にはいきません。多分、建物があればOK~!くらいに思われているのかしれませんがね。。。

 

ですが、首都から一番近いアルノ環礁に何か動きが出てくるようであればこちらとしても楽しみになってきます、それに多少は関わっていくでしょうし。

 

約20kmとはいえここマジュロとは全く違った、美しいビーチが残る景観、サンゴの種類、水中生物、透明度も違う水中など大きな魅力があります。

 

けど、、、、 普段日帰りでツアーに行って側としてみればアルノも遠い~~・・・ 最近ではチャネル付近のカロリン島でも凄く遠く感じてしまうのに、アルノなんて、、、。

 

ポイントまで 約5分ッ! 言ってみてぇ~

 

写真達は8月後半に撮影したものですが、やっぱりブルーが気持ちがいいですね、その場にいたらもっとですが、写真を見返してもこのブルーは大好きです。

 

そんなこんなで結局ArnoArnoで撮ってる事が多いんですね、写真。

 

 

 

 

アルノ環礁へ

 

Iakwe!

 

アルノ環礁へ。写真はアルノ環礁アルノ島の港です。

 

1時間でイリアムに到着。船上から見るEn付近は丸見え状態で透明度抜群!ここまで来た甲斐があるってもんです。

 

動いてるはずの潮もほぼ止まっていましたが、コーナーに向けいけるところまでいこうとエントリー。ほんと最近のイリアムの潮は意味不明です。。。

結局ほぼ動きの少ない潮の中、ブルーウォーターからツムブリの大きな群れがこちらへ。今日はイソマグロと一緒でしたが、その上にはバラクーダの群れも。コーナーではホソカマスのこれまた大きな群れ。インドオキアジも健在!

 

イリアムパスでちょいとシュノーケリングをした後はArnoAtnoでダイビング。ちょいと水面近くに白い層。潮と時間的にこれは想定内ですが、後半に掛けて超ストロングカレントに。それに伴い透明度はグイ~!と上がってきましたが、ホバリングなんて出来ません・・・ 根のトップに住み着いている数匹のクマノミもあ~れ~と吹っ飛ばされてました。( ・g・)うそーん

早めにボート下の根に戻って来てて良かった。。。

 

さて、今回皆さんはアルノ島のコテージにご宿泊。手配やアレンジはご自身達でされているのでダイビング後にドロップで、明日はお迎えダイビング。明日は風がちょい出そうなのでお迎えに行けるかどうだか・・・ 

行きはリーと2人だけなのである程度なら行っちゃいますが、万が一行けなかった時の流れもお伝えしています。すんごい荷物を持って行かれましたが、仲間との素敵な一夜になるといいですね!

 

アルノ環礁に泊まってみたい!という方もいらっしゃるかと思いますので、近々詳しくアップしたいと思います。

 

 

 

アルノ環礁シュノーケリング

 

Iakwe!

 

以前より「アルノ環礁でのシュノーケリング」に関するお問い合わせを幾度と頂いていたのでこのサイトでもご紹介したいと思います。

 

まずは基本的な事からですが、マジュロ環礁からアルノ環礁までは直線距離約20km(12.5mile)でボートで約45~1時間。海況によりますがベタ凪でぶっ飛ばせばもっと早いですね。

 

またアルノ環礁へは週に3日(月・水・金)で個人の定期船36ftがアルノフェリーとして運行していますが、アルノ環礁アルノ島の港までローカルの人々、物資などを多く運んでいます。到着するとまた乗客や物資を積み込みマジュロへ戻ってきます。実質1時間ちょいの停泊ですので、アルノの港へ着き、すぐにラグーン内へ行き雰囲気をチラ見する事は可能ですが、その間にシュノーケリングをする人はほぼゼロでしょう。。それと最近ではキャプテンの調子が悪く休んでいる事もあるようなので予定は組みにくいですね。

 

マーシャル諸島は年中吹く北東からの貿易風のため、アルノ環礁の西側(マジュロ側)は島影になりとても穏やか。ここまで来れば穏やかなのですが、ここまでが重要で風により波が大きくなり来れない事が多々あります。

 

この北東からの風が弱まった時が一番遠征に適しており遠征はその日のコンディションで決まります。風自体は弱いけど吹く方角が変わっていればアルノ環礁へ着いてからうねりと波等で水面下は砂が巻き、水面はバシャバシャとなりとても残念。

いろんなところでも外洋のベタ凪の時良くありますよね、リーフ付近に緩やかで大きなうねりが来る事。じゃ、どんな時がいいんだ!?って事になりますけど、それは ベタ凪過ぎない、風は弱いが多少は北東から吹いている、太陽ガンガン! って感じですが海・自然の事は何とも言えませんね。

 

マジュロ環礁からデイトリップで遠征する場合は100%外洋に面するリーフを潜ったりシュノーケリングします。もちろん場所によっては潮でも大きく透明度は左右しますがそればかりはお越しになるタイミングによってどうする事も出来ません。

 

さて、アルノ環礁でのラグーン内の様子についても良くお問い合わせがあります。むかしむかしはマジュロのラグーン内も一面美しいビーチが続いていたようですが、それが今も尚残るのがアルノ環礁のコテージ付近のビーチエリアでしょう。(写真右:コテージ前)

マジュロは今や建物などでビーチはほとんどありませんが以前このホテルMIR付近は美しいビーチが広がりミエコビーチと呼ばれていました。

 

話は戻り、アルノ環礁のアルノ島にあるコテージは港から徒歩2,30分。ラグーン側に面していますがその景観はとても美しく夜の撮影にも最高です。ただ砂地のビーチですのでシュノーケリングに向いているかどうかは・・・ 

そして通常の北東の風が吹いているとこのラグーン内は風がもろに当たりますね。そこで島影になる外洋側へ行くという考えも浮かぶでしょう。ラグーン側から道を挟んで茂みを抜け外洋へ出れますが、まずはどんな土地でもマーシャルでは私有地となるので一応断りは必要です。そしてシュノーケリングが出来るところまでリーフを踏み続けながら進む事になります。

 

以前弊社でアルノ環礁遠征トリップツアーを組んだ時には、完全なチャーター方式で行いました。全日スタッフ、オペレーターも同行するスタイルなのでボートはコテージのビーチに横付け、もしくはヨット泊や船上泊にて、翌日はすでにアルノ環礁にいるので遠い北側ポイントや南まで行く事も容易。アルノ環礁自体に行けるかどうか・・という悩みがこの時点では省かれていますね、2日分のガスやタンクも積み、行ける海況の時に催行してるので。

例えば簡単に言うと5日間の日程の中風が弱い日にアルノ環礁へ向かいそのまま数日滞在、戻りは風(波)に押されて戻ってくるイメージでしょうか。

 

こういったアレンジツアーではコテージまでダイナマイトパスからラグーンに入りますが、サンゴの山も多いし砂州が出来たりしていて船上から見る景色も格別。これもそのままボートがある事が前提での限定風景となります。外洋から入りコテージまでの間 気になるところをシュノーケリングしたり残タンで潜ってみたりと遠征気分も高まります、後はコテージでゆっくりするのみですから。

ちなみに他の環礁へのアルコールの持ち込みは禁止されています(リキエップ環礁以外)。

 

最近はアルノ環礁のサンゴや潮も変わってしまったので、こういったツアーを積極的には組んでいませんが、未だ素朴な生活をし人口の少ないアルノ環礁での滞在は何とも言えない贅沢な時間を過ごす事が出来るでしょう。

来マ2度目以降でツアーを組むならいいかもですね。撮りたい、潜りたい場所がピンポイントで決まってて、夜も気兼ね無く起きて星空を撮影したり食事の件や諸々容易といいますか。

 

そんなこんなで行ける海況で催行するアルノ環礁シュノーケリングについてですが、まずマジュロ環礁のサンゴをご覧頂いてからの方が楽しみが倍増します。ラグーン内どこでもシュノーケリングが出来るとは言え、ガレ場だったり一面藻で覆われてたらガッカリしますよね。。今の水中を知るからこそ現在のマジュロ環礁のいいところをシュノーケリングでもご覧頂けると思っています。マジュロのいいところを見てからアルノのいいところをご覧頂きたい。

マジュロ環礁はダイナミックな印象というならアルノ環礁は優しく癒しというイメージでしょうか。

 

イリアムパスの穏やかな棚上は潮の流れもなく、サンゴに覆われています。ミクロネシアに多いオレンジフィンアネモネフィッシュも簡単に見付けられると思います。外洋なのでどこもドロップオフになっていますが、エッジ付近ではカスミアジ、ナポレオン、フュージュラーの群れやダイバーにも人気のフレームエンジェルフィッシュも良く見られます。

 

ダイバーにも人気のArnoArnoでは砂地(水底)が10m前後となり砂紋がとてもキレイで両サイドのサンゴエリアは比較的浅くシュノーケリングにも面白い。ここは地形的にコーナーになるためサメなどの大物も時には登場しますが、潮の流れに要注意。アンカーを使用するで、自身で戻れる範囲で楽しみましょう。ここは特に透明度を重視したいところでもあり、ダイバーは深度をとればOKでもシュノーケラーにはNG。水面近くが一番影響が出やすいところでもあります。

 

今のアルノ環礁でのシュノーケリングはイリアムパスが一番良いかもしれません。穏やか、初心者OK、間近でサンゴと魚といった感じです。以前はもっとあったんですけどね、いいところ・・・

 

そして同じマーシャル諸島、一番近いお隣の環礁との違いを比べてみるのも面白い。アルノ環礁のサンゴはマジュロではローラ(マジュロ環礁最西端)の外洋付近のサンゴと良く似ています。ですが、アルノ環礁の東側で潜ってもマジュロのように一面テーブルサンゴってわけではなんいです。方角ではなく完全に環礁の違いですね。

 

透明度の違いは一目でわかるはず!いいタイミングで皆さんをお連れ出来ればこちらも嬉しく思います。

 

アルノブルーにひたりましょう!

 

 

 

アルノ環礁ダイビング

 

Iakwe!

 

先日よりも若干風がありましたがアルノ環礁へ遠征してきました。

 

前回よりも透明度が良くって行った甲斐がありましたね、風向きやうねりによっても水中景観は変わってしまいます。

 

アルノ環礁のいいところは何より透明度。それが少しでもうねりが入り込むと細かい砂を巻き上げてしまいます。そうなるととても残念になっちゃいますが、今日は3ダイブ共にキレイ~って印象でしょうか。

 

ん~・・・ 何見たかな・・・ 大きいのでいうと、ナポレオン、ブラックチップ、タイマイ、ホワイトチップ、グレイリーフ、ツムブリの群れ、遠目にインドオキアジの群れ、水面近くにサバヒー小さな群れなどなどってところでしょうか。 とか言いながらこんな小さいの撮ってた・・(Moyer’s dragonet / Female Juv.,) この子も今度一眼で撮りたい候補なのにいつも違うの撮ってしまう・・・

 

Arno Arnoらしいといえば、ハナダイがふわ~っと舞ってる感じではないでしょうか。今日も透明度のイイなかキレイに舞ってました。しかもほぼ潮止まりの為中層が気持ちいいんです、ここ。

ガッツガッツ泳いでドリフトだー!なんてしなくてもじーっとが楽で気持ち良くってキレイでエアも持つでしょう。

 

Ulien-passではアルノ環礁らしいサンゴの景観がドロップの棚上でじーっくりと味わえます。浅いので好き嫌いはあるかもしれませんが、アルノ環礁のサンゴにひたってる感はとっても感じるのです。何気にオレンジフィンとかいるし。

 

おっと!今日はマジュロでもアルノでもイルカが登場してくれました。幸せな気持ちになりますね、イルカって。

 

ちなみに最近のリーの釣果はさっぱりです(笑)

 

5日間ありがとうございましたー!来年もお待ちしてますよー! 😆 

 

 

 

今日のアルノ環礁ダイビング

 

Iakwe!

 

今日もダイビングでアルノ環礁へ遠征してきました。若干風がありましたがどうにかって感じです。明日からもまだ同じような天候が続きそうなので行ける時には行っちゃいます。

 

昨日なんて一日青い空を見てないってくらいのイメージの中ダイビングでしたが水中は快適。しかも7mmウェットって船上でも快適なのです。。

 

さて、相変わらず以前と全く違うイリアムは困っちゃいます、それでも上げ潮の動くであろう時間にEnするもほぼ動かず、むしろ後半には逆へと。

その頃にはコーナーに到着してたのでその付近で物色。ドロップの奥から何やら気配が・・ うーっすらとツムブリの群れの激しい動きと共にイソマグロ数匹が見え期待大!

その後大きな群れのツムブリ達がこちらへ どわぁ~っと。その奥にはグレイリーフやホワイトチップ、カメもいましたよ。

 

何よりブルーウォーターでの安全停止中、ダイバーの真下には いいサイズの怪しげなサメ2匹とシルバーチップ小柄2匹の周りにツムブリの群れ。ダイビング中はもちろんですが、安全停止も油断は出来ないのです。ここでの安全停止は結構なんだかんだ現れてくるので楽しみの一つ。

下も横もなーんにも見えないブルーウォーターから突如現れるワフーとか、マンタとか、バラクーダの群れとか、みんなまたカメラを構えるのに必死というか・・

 

けどけど、、、 最近のイリアムの水中はは意味不明です。。。 ギンガメ達もいなくなっちゃったし。

 

移動中にはイルカ達。わ~っと現れてはざーっと消えていくのを何度かしてくれましたが、もうちょい長く遊んで欲しかったかな~ けど、やっぱりイルカは可愛いですね。

 

明日からは再びマジュロです。

 

 

 

アルノ環礁遠征

 

Iakwe!

 

予定通りにアルノ環礁遠征です。予定通りというか天候が穏やかじゃないと行けません。(写真は以前のものですが、まぁ、、、 こんな感じでした)

 

曇りからの出港でしたが、雨なんて降らずむしろ明るくなってくれホッとした一日。行きは5段階でいうところの カウント2,99~~ってところでしょうか。

 

もちろんアルノ環礁では島の影にあたるのでとっても穏やか(通常の北東寄りの風なら)。

・ULIEN

・ARUNO ARNO

・DOCK SOUTH

の3ダイブでしたが3ダイブ共に透明度は良し。Arno Arnoでは必要のない?流れがあったのに必要なUlienではほぼ流れなし。小潮じゃしかたないか・・ ほんと最近流れとかが以前と違ってて困ります。元々UlienとArno Arnoって同じコようにコーナー地形なのに流れのタイミングは無茶苦茶。ほんま・・ 困る。。。。

 

ハナダイの群れが舞っててキレイですが、吹っ飛ばされないんでしょうかね・・・ 

 

そして先日 ブログで書いたシチセンチョウチョウウオの柄の話ですが、今日Dock southで見掛けた子はまさにそんな子。しかも左側のみ柄が違うという。なんといいますか・・ 「シチセン」の横ラインがグニャグニャで不思議な模様。興奮したなぁ~

 

撮りたい撮りたすぎる、また行ったら見付かるかな・・・しかも片面って・・・ 探すの超ハードじゃないっすか・・・

 

けど、、、 撮りたい。。。

 

さて、夜の部に突入でーす。

 

 

 

サンゴモドキ

 

 

Iakwe!

 

 

一般的にサンゴモドキと言われていますが、ここで普段ダイビングをしていて気付くダイバーさんって本当にひと握り、いや いるのかな・・・。

 

マジュロ環礁のラグーン内、外洋、アルノ環礁でも僕は頻繁に目にします。たまにこの周りをネッタイミノカサゴやフレームエンジェルフィッシュが泳いでたり、ちょこんとトリプルフィンが乗ってたり。

 

アルノ環礁では水深1,2mから深場まで見れますが明るいところは苦手なようでサンゴの下やくぼみにヒッソリと生息している感じです。

 

色は、黄、ピンク、オレンジ、赤やそれらのグラデーションもあり個人的にはとても大好きでひっそりと隠れた小さな小さな竜宮城をいつもイメージしてしまいます。

 

これを紹介するのもちょい考えちゃいますけどね、正直・・・ なんかいるの?みたいな。。。 何もいないけど、これらってキレイじゃない?・・・かな・・・・ って伝わらないだろうし・・・

 

アルノ環礁の深場では浅場に比べもちろん暗い為、サンゴの下などではなく上に乗ってるように生息してるのですぐに分かるしその範囲も広域で枝の広がりもかなり大きなものが多い。

 

これを探してる人って、売る目的や加工したい人達なので教えませんけど、聞かれた事はあります。。いろんな人達がいろんな商売をしてるんですね~ とちょい感心もしてみたり・・・

 

これらをバックに何か前に来てくれりゃずーっとそこで撮ってられます。-2,3mでウェイトどっしり わしゃ動かんぞ!スタイルで ずーっと。楽しくないですか?そんなのも。。

 

せっかくのマーシャル諸島の海ですから一面広がるサンゴもいいですが、こういったのもたまには良いもんですよ!

 

興味のある方、是非リクエストしてくださいね!

 

 

error: Content is protected !!