マーシャル諸島で新鮮なアオリイカを食べる

マーシャル諸島で新鮮なアオリイカを食べる

久しぶりに新鮮なイカをお造りで食べたくなったので釣ってきました。というのもあるけど単純にエギングが楽しいのです。

もちろん魚も狙います。

スポンサーリンク

マーシャル諸島のアオリイカ

マーシャルではあまりイカを好んで食べてる人がいないと言うより、生食用が売っていない。ほとんどが冷凍ばかり。

イカを好む日本人としては売っていなけりゃ釣ってきます、これしかない。手頃なサイズが食べるには十分に釣れたら、釣りに専念します。

大物を釣るための疑似餌に使われるほど 大物が好むイカなので、大きく育ち切る手前を頂ければ絶好のタイミングといったところ。なのであまりに小さなものはリリースします。

ハタがよく甲殻類を食べてその残骸が胃袋からうかがえますが、この時釣れた大きなカスミアジからはイカを食べていることが分かりました。実際に胃袋からイカの頭部の一部が見れた時にはようやく納得。

ボトムフィッシングではあるゆる生態系が明確に分かるときでもあるのです。図鑑やネット上の情報だけではなく実際に見てみると面白いですよ。

スポンサーリンク

その他の釣果

左から、「マダラハタ/シロブチハタ」、「ヒメフエダイ」、「トガリエビス」です。この他には大きな「カスミアジ」、「大きい個体は珍しいアカヒメジ」など。

さて、これら3種の身はどれも白身で淡白なのですが、同じ調理方法をして一番身が柔らかいのはどれでしょう?

個人的には真っ赤な背びれの「トガリエビス」に軍配が上がります。

わかりやすく言えば、とろけるような感じというか、、、離乳食にもピッタリ?(笑)と思うほど身が柔らかくて、クセがない。

ただ、、、 長くてかたいトゲが多いので処理をする際少々面倒くさい。慣れればどれも同じですが。

昼間水中では優雅に泳いでいることはほとんどなく、サンゴの下や隙間から身を出しまたすぐに隠れてしまうような行動をとるのでボトムフィッシングでは量的にはあまり多く釣れることはありません。食べる機会があれば是非オススメの魚ですよ。

そのてん、ヒメフエダイなどは群れでいるので一匹釣れればその後も期待が出来ます。こちらも美味しいですね。

さて、今回の最大は「69cmのカスミアジ」。

ボクは竿とリールを使わない、ハンドリール(ラインのみを手でたぐり寄せる)で釣っているのですが、さすがにガツンという大きな当たりと船上までの強い引きで久しぶりに指の横がラインで切れました。

カスミアジは水中でのダイビングやロウニンアジまではいかずともゲームフィッシングでは有名な回遊魚の一種です。

観てもヨシ!釣ってもヨシ!食べてヨシ!のカスミアジなのです。

カスミアジに関してはまたの機会にご紹介いたします。

コメント

  1. 村井泰子 より:

    カスミアジと言う魚を釣る報告は一瞬息が止まるような
    リアル報告!すごーい!!

    アオリイカ!おいしいんだろーな!食べてみたいねー!!

タイトルとURLをコピーしました