マーシャル諸島の休日の過ごし方

マーシャル諸島の休日の過ごし方

金曜から連休となったマーシャル諸島です。

「Manit Day/マニットデー」という、日本でいうところの文化に日に相当するマーシャル諸島の祝日です。

伝統的な、アミモノ(伝統主工芸品)や、カヌーや木工彫刻、ローカルフード、伝統衣装などをメインにクローズアップされますが、ほとんどの方が普通の休日として過ごします。

普通の休日というと、

スポンサーリンク

休日の定番その① 離島でのBBQピクニック

マーシャル諸島の休日の過ごし方

マジュロ環礁での休日の過ごし方というと、離島やプライベートでのBBQが主流です。

乗合いボートで離島へ行ったり、車でローラビーチや空港近くの広場で集まったり、誰かのお家に集まったりと。

初日は我が家でもゲストを招きテラスでBBQとなりました。

翌日はBBQを楽しむ方々のお手伝い(仕事ですが)ということで、2往復で多くのパッセンジャーと共に離島へ。

画像のように、今回は男性ばかりのグループのようですが、いつもは老若男女問わず離島でのピクニックが大人気なのです。そして男性のみのグループの雑なメニュー(笑)。チキンの上に焼いたタコの足がそのまま数本のってたり。。けど、そのタコの足で翌日釣れましたけど・・

マーシャル諸島というところは、土地も狭く「遊び場/娯楽施設」というところが全くない。どうしても海絡みになってしまうのです。

ちなみにトップ画像の船上集合写真?は、逆光だからとUターンさせられました(笑)

スポンサーリンク

休日の定番その② フィッシング

好きな方はやはりフィッシング。

仲間や家族と共にトローリング、ボトムフィッシングをするのも休日の代表的な過ごし方。トローリングは少々敷居が高い?ので身内や仲間にそれらをするヒトがいないと出来ませんが、ボトムフィッシングに関しては誰でも簡単にできますね。

陸からも釣れますがどうしても、魚種・サイズ共に期待出来ないので船上から釣る方が断然多いのです。

今回離島へ送り迎えをする数回のトリップの間 誰もいない船上ではちょいとフィッシングもしちゃいます。港へ戻る際にフィッシングが出来るのも休日のお仕事の時間の有効化でしょうか(笑)

夕方最終お迎えに行く前には、K&Kスーパーマーケットへお買い物に行き その後のお迎え前にもフィッシング。なんだかバタバタにも感じますがある意味充実なのです。

そして日曜日は早朝からちょいと仕事を片付け、また丸一日ボトムフィッシングに専念するという・・。

マーシャル諸島の休日

このように、祝日・土日関わらず おやすみの定番はBBQピクニックとフィッシングなのです。

これらは、皆さんが来られている(今後来られる)間にもこういった娯楽がいたるところで繰り広げられているのです。

目の前が海しかないマーシャル諸島なので海絡みのアクティビティーはやはり外せないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました