SUP

Iawke

 

本日も快晴で凪いでます。

 

昨日はチャーターにてボトムフィッシング。大きなアオチビキとスジアラ!

 

僕は絶賛不調中、謎の腰痛もあり・・・・と言い訳、、、

 

まぁ、僕はどうでもいいんですけどね、乗られた方が釣れれば✩

 

 

さて、ボートで出るのが仕事だとするならば、そこまでの交通手段は?

 

それが写真にある SUP(Stand Up Paddle board)です。

 

これで係留してあるボートまで行きますが、これがないと近いとはいえ泳がなくてはいけません・・・

 

というか泳いでいた時もありましたが、朝一の辛い事といったら・・・ そして係留後も泳いで戻るという、、、

 

今迄ほんとにいろいろ考えました。バケツを片方づつ履いて水面移動出来ないか、、、タライならいけるっしょ とか、ペットボトルかき集めて・・・とか。

 

さて このSUPは空気で膨らませて使うもので専用バッグに入れ持ち運べたりするタイプ。という事はドデカイサーフボードのようなものをマジュロに入れなくてもいいので寸法的に送料も安い。

 

実際に折り畳むと小さくはなりますが、角や接着面に影響が出るのである程度膨らませたままで保たせています。

 

手前黒いのが、旧交通手段用ですが接着面の隙間からの漏れがあり修復していくこと何年でしょう・・・ そして何ヶ所でしょ・・・ 多分360°ちかく両面やってます。終いには吸気する周りのシール部分までも。ここは強力に圧が掛かります。

 

でもってどうですか、この訳の分からない膨らみ様・・・ 表面の素材が中の本体と剥がれ吸気口周りの破損からそこに吸気されている状態です。これは後で構造が分かり判明しました。

 

今 これに空気を送り込むと前部が丸く膨らみ、後部にはほとんど入らず数分後には全体的にぺったんこ。。。

 

ギリギリで到着してくれましたが、激安買ったからカラー選択は出来ずサイズによって決まっていてオレンジのみ・・・ とほほ
身の回りでオレンジ色ってマーシャル諸島の国旗のラインかウェイトの目印のスプレーくらい。色なんてこの際なんでもいいんですけどね。

 

もう使えないし 中がどんななってるか見たいのでぶった切ってみました。

 

頑丈に上下と連結した幾つもの繊維状の物。これは空気を送り込み膨らませた際にボードの形状を維持させる物。これがないと細長丸~い巨大なピーナッツみたいになってしまいますからね。

 

要は膨らみにリミットを掛け形を形成しているわけで、これらがないと上下共にキレイな平らになりません。

 

そんなSUPですが、90%係留の往復で使用するのみ。10%はたまーに何か?でって感じです。。。

 

それぐらいの使用なら故障せずにいてくれ~ってのが本音ですが、

 

安いからなぁ~・・・ ^^;

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!