オオテンジクザメ

Iakwe!

 

英名: TAWNY NURSE SHARK

和名: オオテンジクザメ

学名: Nebrius ferrugineus

撮影地: マーシャル諸島・マジュロ環礁

 

さて、このオオテンジクザメですが、マジュロでは良ーく見かけます。穏やかなラグーン内はもちろんチャネル付近でもテーブルサンゴの下や外洋のサンゴのドロップオフの窪みでもジーッ・・・と。

 

8割がサンゴの下やくぼみに頭部のみを突っ込み尻隠さず状態でじーっと動かず。2割は全身を出し猛ダッシュで移動しているところ。

 

日中はほぼ動かずに過ごしていて夜間に甲殻類やタコ、イカなどを捕食してるようですが、昼間の大人しい事といったら・・・・

 

この3m近いサイズのこのサメが2匹で動かずにいるだけでも迫力はあります。刺激(ストレス)は与えたくありませんが、そんな姿をジーッと見てたくなっちゃうんですよね・・・

 

先日、スピアフィッシャーマンが自慢気にスマホ内の自分達の動画を見せてくれましたが、大人しくしているこの子らを素潜りで近付き体中をスリスリ・・・ 出来るのは分かるけど、触るなよぉ~ 凄くないしぃ~ってのが本心。

 

水中生物にストレスを与えない事は護身の為もありますが、当然のルールなのです。昼寝してたら知らない野良犬が寄って来て足でずーっと触って来たらイヤでしょ?分かりにくいか・・・(笑)

 

しかも場所を聞いたら僕もダイブサイトとして使っているところ。 あ~・・ 居なくならなければいいけど・・ かと言ってそこ行くなとかローカルに言えないしね。。。

 

さて、この↓のサメ、何か 「?」 がありませんか??分かる人は変態度90%!!!

 

そう、、、第二背鰭がないんです。しかもここマジュロにいるオオテンジクザメの半分近くは大小関係なくこのように背鰭が1つのみ。 最初にこれを見た時は驚きましたが今ではそれも普通に思えます。

 

数が多いので変異的なものではなく個体によっての遺伝的な事だと考えられますね。世界でもまだまだ調べ切れていないようです。

 

サメの中でももともと第二背鰭がない種類が数種類いますが、そういった種類とは異なり、なんだかレアな個体を見付けたと嬉しくもなってきます。

 

たまに顔面をモロに出してジーッとしている事もありますが、体の大きさに対してとにかく眼が小さい。そして泳ぎがむちゃくちゃ鈍臭そう。。それがまた愛嬌?があり可愛らしさが倍増するのです。

 

昨日のダイビングでは1ダイブで5個体!Enしてすぐ真下に2個体、大きなサンゴの根の上から深場に向け必死で泳ぐ1個体、すぐ近くの窪みに2個体。本気で探せばもっといたかも?なんて期待しちゃいますね。

 

そんなオオテンジクザメいかがですか?

 

こちらにもアップしています。是非ご覧くださいませ。

 

 

メリークリスマス

 

Iakwe!

 

メリークリスマス!

 

日本より本格的に盛り上がっちゃうのが海外ですね。

 

ホテル、レストラン、街中などのいたるところにクリスマスらしい飾り付けがされ雰囲気はそれっぽく仕上がっています。スーパーマーケット内はもちろん物で溢れかえりそれを目当てに買い物にくる人達で賑わっています。

 

ここマーシャル諸島でのクリスマスは家族で過ごすのはもちろん、教会でダンスを披露し合うイベントが毎年あり他の環礁からもマジュロへ来て独自のダンスをチームごとに披露します。

 

そしてクリスマス前から賑わうというか人が特に多く集まる場所の一つとして Bank of Marshall Islands という地元の銀行があります。まぁ、、、なんと言うか、、、お金ですよね。用途は人によって違うでしょうけど、クリスマスが終わるとみんなして、チーン・・・となるのです(笑)

 

借金してまで・・・ってのがその時限り後先考えない南国特有の思考なのでしょうかね。出来る範囲でするんじゃなく、周りやインターネット情報の影響をガッツリと受けちゃうのもマーシャル流?!そしてそんな写真をSNSで投稿~ しばらくは大満足~ そのパワー違うところで発揮してくれませんかねぇ~

 

そんな中、我々はお越しのダイバーさんやマジュロの友人を交えテラスでBBQ。プライベートな場所で気の知れたメンバーとするってのは気が楽でいいやねぇ~~

 

上の写真は約10年前に撮ったウリガチャーチとその前に咲く南国特有のフレームツリー。その後もいまだ綺麗に咲いています。
みなさんも素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。

 

南の島・マーシャル諸島より メリークリスマス!

 

 

マーシャル諸島のサメ

 

Iakwe!

 

マーシャル諸島も 「Shark sanctuary / サメ保護区域」 とされています。がまだまだ知らない人は多いのではないでしょうか。正直マグロやカツオを捕る漁船のネットにも引っかかっちゃったァ~なんてのも度々あるでしょうけど、たまに船内をチェックされています。

 

実際にダイビングしたりシュノーケリングをしてもサメと出会う事は多い。ですが、他国と比べるとまだまだ少ない気がします。ちょろちょろとあっちやこっちにいると言う感じで、うん十匹がグルグルといるようなとこは正直見掛けない。

 

と言ってもマーシャル諸島全域でサメの調査をした訳ではないのでこれはあくまでも自分が見てきた範囲だけの話になりますが・・。

 

食物連鎖の頂点に立つサメの数からみても他の魚達の数、サンゴなどの生態系がどうであるかがわかるでしょう。特別サメが大好き!って訳ではないですが、サメが増え=(イコール)みたいに水中のあらゆる生態系が潤う事は理想だと思っています。

 

さて、ここマーシャル諸島で見た事があるサメの種類をあげてみると、

 

 ・Whale shark (ジンベイザメ) Rhincodon typus

 ・Gray reef shark (オグロメジロザメ) Carcharhinus amblyrhynchos

 ・Silvertip shark (ツマジロ) Carcharhinus albimarginatus

 ・Zebra shark (トラフザメ) Stegostoma fasciatum

 ・Tawny nurse shark (オオテンジクザメ) Nebrius ferrugineus

 ・Blacktip reef shark (ツマグロ)  Carcharhinus melanopterus

 ・Whitetip reef shark (ネムリブカ) Triaenodon obesus

 ・Hammerhead shark (シュモクザメ) Sphyrna

 ・Blackfin shark (カマストガリザメ) Carcharhinus limbatus

 ・Sand tiger shark (シロワニ) Carcharias taurus

 ・Bull shark (オオメジロザメ) Carcharhinus leucas

 

という感じですが、ハゼのようにいつも同じ場所でそれらが見れる?いる訳ではありません。同じような潮でも数や種類はその時によって全然違うし。

 

それら全種類の写真を撮れてないのが残念ですが・・・ どれも誰かとは見てるのでそれで良しとしましょう。

他の種類もここマーシャル諸島でいつか見れる時がくるでしょう。その時はカメラを持っている事を願います。

 

おっと!消えてしまったと思ってたマジュロのハンマーヘッドシャークですが、昨日も出会えました!!! もういないと思ってたのでビックリと嬉しさでちょっと興奮しちゃいました (゜д゜)

 

このままずっと定着してほしい。。。

 

こちらにもアップしています。是非ご覧ください。

 

 

 

error: Content is protected !!