オオテンジクザメ

Iakwe!

 

英名: TAWNY NURSE SHARK

和名: オオテンジクザメ

学名: Nebrius ferrugineus

撮影地: マーシャル諸島・マジュロ環礁

 

さて、このオオテンジクザメですが、マジュロでは良ーく見かけます。穏やかなラグーン内はもちろんチャネル付近でもテーブルサンゴの下や外洋のサンゴのドロップオフの窪みでもジーッ・・・と。

 

8割がサンゴの下やくぼみに頭部のみを突っ込み尻隠さず状態でじーっと動かず。2割は全身を出し猛ダッシュで移動しているところ。

 

日中はほぼ動かずに過ごしていて夜間に甲殻類やタコ、イカなどを捕食してるようですが、昼間の大人しい事といったら・・・・

 

この3m近いサイズのこのサメが2匹で動かずにいるだけでも迫力はあります。刺激(ストレス)は与えたくありませんが、そんな姿をジーッと見てたくなっちゃうんですよね・・・

 

先日、スピアフィッシャーマンが自慢気にスマホ内の自分達の動画を見せてくれましたが、大人しくしているこの子らを素潜りで近付き体中をスリスリ・・・ 出来るのは分かるけど、触るなよぉ~ 凄くないしぃ~ってのが本心。

 

水中生物にストレスを与えない事は護身の為もありますが、当然のルールなのです。昼寝してたら知らない野良犬が寄って来て足でずーっと触って来たらイヤでしょ?分かりにくいか・・・(笑)

 

しかも場所を聞いたら僕もダイブサイトとして使っているところ。 あ~・・ 居なくならなければいいけど・・ かと言ってそこ行くなとかローカルに言えないしね。。。

 

さて、この↓のサメ、何か 「?」 がありませんか??分かる人は変態度90%!!!

 

そう、、、第二背鰭がないんです。しかもここマジュロにいるオオテンジクザメの半分近くは大小関係なくこのように背鰭が1つのみ。 最初にこれを見た時は驚きましたが今ではそれも普通に思えます。

 

数が多いので変異的なものではなく個体によっての遺伝的な事だと考えられますね。世界でもまだまだ調べ切れていないようです。

 

サメの中でももともと第二背鰭がない種類が数種類いますが、そういった種類とは異なり、なんだかレアな個体を見付けたと嬉しくもなってきます。

 

たまに顔面をモロに出してジーッとしている事もありますが、体の大きさに対してとにかく眼が小さい。そして泳ぎがむちゃくちゃ鈍臭そう。。それがまた愛嬌?があり可愛らしさが倍増するのです。

 

昨日のダイビングでは1ダイブで5個体!Enしてすぐ真下に2個体、大きなサンゴの根の上から深場に向け必死で泳ぐ1個体、すぐ近くの窪みに2個体。本気で探せばもっといたかも?なんて期待しちゃいますね。

 

そんなオオテンジクザメいかがですか?

 

こちらにもアップしています。是非ご覧くださいませ。

 

 

メリークリスマス

 

Iakwe!

 

メリークリスマス!

 

日本より本格的に盛り上がっちゃうのが海外ですね。

 

ホテル、レストラン、街中などのいたるところにクリスマスらしい飾り付けがされ雰囲気はそれっぽく仕上がっています。スーパーマーケット内はもちろん物で溢れかえりそれを目当てに買い物にくる人達で賑わっています。

 

ここマーシャル諸島でのクリスマスは家族で過ごすのはもちろん、教会でダンスを披露し合うイベントが毎年あり他の環礁からもマジュロへ来て独自のダンスをチームごとに披露します。

 

そしてクリスマス前から賑わうというか人が特に多く集まる場所の一つとして Bank of Marshall Islands という地元の銀行があります。まぁ、、、なんと言うか、、、お金ですよね。用途は人によって違うでしょうけど、クリスマスが終わるとみんなして、チーン・・・となるのです(笑)

 

借金してまで・・・ってのがその時限り後先考えない南国特有の思考なのでしょうかね。出来る範囲でするんじゃなく、周りやインターネット情報の影響をガッツリと受けちゃうのもマーシャル流?!そしてそんな写真をSNSで投稿~ しばらくは大満足~ そのパワー違うところで発揮してくれませんかねぇ~

 

そんな中、我々はお越しのダイバーさんやマジュロの友人を交えテラスでBBQ。プライベートな場所で気の知れたメンバーとするってのは気が楽でいいやねぇ~~

 

上の写真は約10年前に撮ったウリガチャーチとその前に咲く南国特有のフレームツリー。その後もいまだ綺麗に咲いています。
みなさんも素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。

 

南の島・マーシャル諸島より メリークリスマス!

 

 

マーシャル諸島のサメ

 

Iakwe!

 

マーシャル諸島も 「Shark sanctuary / サメ保護区域」 とされています。がまだまだ知らない人は多いのではないでしょうか。正直マグロやカツオを捕る漁船のネットにも引っかかっちゃったァ~なんてのも度々あるでしょうけど、たまに船内をチェックされています。

 

実際にダイビングしたりシュノーケリングをしてもサメと出会う事は多い。ですが、他国と比べるとまだまだ少ない気がします。ちょろちょろとあっちやこっちにいると言う感じで、うん十匹がグルグルといるようなとこは正直見掛けない。

 

と言ってもマーシャル諸島全域でサメの調査をした訳ではないのでこれはあくまでも自分が見てきた範囲だけの話になりますが・・。

 

食物連鎖の頂点に立つサメの数からみても他の魚達の数、サンゴなどの生態系がどうであるかがわかるでしょう。特別サメが大好き!って訳ではないですが、サメが増え=(イコール)みたいに水中のあらゆる生態系が潤う事は理想だと思っています。

 

さて、ここマーシャル諸島で見た事があるサメの種類をあげてみると、

 

 ・Whale shark (ジンベイザメ) Rhincodon typus

 ・Gray reef shark (オグロメジロザメ) Carcharhinus amblyrhynchos

 ・Silvertip shark (ツマジロ) Carcharhinus albimarginatus

 ・Zebra shark (トラフザメ) Stegostoma fasciatum

 ・Tawny nurse shark (オオテンジクザメ) Nebrius ferrugineus

 ・Blacktip reef shark (ツマグロ)  Carcharhinus melanopterus

 ・Whitetip reef shark (ネムリブカ) Triaenodon obesus

 ・Hammerhead shark (シュモクザメ) Sphyrna

 ・Blackfin shark (カマストガリザメ) Carcharhinus limbatus

 ・Sand tiger shark (シロワニ) Carcharias taurus

 ・Bull shark (オオメジロザメ) Carcharhinus leucas

 

という感じですが、ハゼのようにいつも同じ場所でそれらが見れる?いる訳ではありません。同じような潮でも数や種類はその時によって全然違うし。

 

それら全種類の写真を撮れてないのが残念ですが・・・ どれも誰かとは見てるのでそれで良しとしましょう。

他の種類もここマーシャル諸島でいつか見れる時がくるでしょう。その時はカメラを持っている事を願います。

 

おっと!消えてしまったと思ってたマジュロのハンマーヘッドシャークですが、昨日も出会えました!!! もういないと思ってたのでビックリと嬉しさでちょっと興奮しちゃいました (゜д゜)

 

このままずっと定着してほしい。。。

 

こちらにもアップしています。是非ご覧ください。

 

 

 

今日のダイビングマジュロ

 

Iakwe!

 

月曜になり風が出てきました。昨日日曜はダイビングの間の休日でアジャルタケまで言ってきましたが、とっても穏やか。最高の休日なのです。ハワイからのビーフBBQにパリッ!っという日本では普通の粗挽きソーセージなどを頂き。お土産にも。

ここマジュロではソーセージすらこれ!ってのがありませんから、僕も日本から持ち込んだ事があります。そんなお土産は有難いものです。彼がハワイ出身の日本のクウォーターってのもあり食に関しては同感出来るのかな。

 

そしてまた今日から!って時に風は出る・・・ そんなタイミングもマーシャル諸島らしいといいますか・・・

 

けど、潮も変わりつつあり午前の上げ潮に向けチャネルへ直行~

 

久しぶりに大型バラクーダの群れが現れました。サメもナポレオンもギンガメの群れもいましたけど変な潮・・・ 動いてるのに流れてないみたいな・・ ウネリでもなく。。 

通常は安全停止は潮と共にって感じですが、今日は魚を見ていた根待ちする真上で浮上。。 なんなんでしょ、こんな事あんまりないんですけどね。。

 

でもって、水面はバシャバシャ状態で、島寄りへ逃げます。やっぱりなんだかんだ言って年寄りには穏やかな海が一番なのです。

カメもサメもいるしこんなサンゴのトンネルも。ハンマーヘッドはとうとう消えちゃったなぁ~

 

けどまた何か珍しいのそのうち出てくれるでしょう、海ですから。

 

それより、週末に向けもっと風が出てきそうです。今年はかなり穏やかな日が続きましたからバランス的には良いのでしょう。嫌だけど(笑)

 

 

 

今日のダイビング

 

Iakwe!

 

調査機器設置ダイビングも終わってしまいました・・・

 

悲し過ぎる・・・ 最近の中ではスピアガンでズドーンッ!くらいにテンションアゲアゲで潜れてました。

 

浅くて超短時間ノーリスク超ハイリターンって水中の仕事の中では最高級。

 

と、いつまでも言ってられず、ファンダイビングへ。

 

クマノミさん可愛い~ サメ~い~っぱ~い ギンガメ~群れてるぅぅぅ~ん・・・・

 

。。。。。。。。。

 

午前はずーっと下げ潮ってことで、Heaven’s Hill と Aquarium-Inside。

 

ほんとこのInsideの魚が群れてるところってリーフのほんの一角。

上げ潮で入るOutsideはだいたい適当に入ってもそれらのリーフにぶち当たりますが、このInsideはぶっちゃけちょっとハズしてしまうと全く違うところに。Entry付近から流れもあるし、入るところ間違えると魚は全くと言っていい程いない。

けどしっかりと斜め上から入りリーフへ深度をとっていきそこにいるだけでそれなりに見れます。動きが少なくて済むし若干Outsideより浅いのも楽チン。ダイナミック感はOutsideの勝ち。

 

けど、上げでも下げでも群れポイントがあるってのは有難い。その近辺の波が高くなくウネリがなければ。ですが、下げのInsideは透明度がちと落ちてしまうのです。。。でも、魚いりゃ~いっか。

 

最近はまたちょいと風があります。13~5ktってところでしょうか。カロリン近くのチャネルから50分も掛かり帰港。遠いし・・・・・・

 

明日からもダイビング続きますが、なんか変わった事あればアップしまーす!

 

 

 

ADCP設置とイントラあるある

 

Iakwe!

 

我々の機器(超音波流速計 / ADCP / Acoustic Doppler Current Profiler)も着々と設置しています。以前設置していたものを回収し、清掃、データ収集、バッテリー交換をしてからまた同じ機器を水中へ設置するのでなかなかすんなりいきませんが全体的には順調です。

 

普段からここマジュロの水中や陸を見ている者としては、GPSが無くとも設置した場所は覚えられます。逆にその方が断然早い。大きな島国では山立てが出来ますが、ここは平べったい地形な上に何も無かったり・・けどそこは自分なりに特徴を捉え念の為にイラストで残しています。

 

ちなみに昨日も一切GPSは使用せずに水中にあるブイへ一直線!写真上の左の機器は今回の中で一番重くリフトバッグを使用し水中へゆっくりと沈めていきます。この瞬間がたまりません。

形状は違いますがこのような重い機器は2種類ありリフトバッグ使用は2回のみ。もっと興奮したかったぁ~(笑)

 

ただ途中からある一人が、俺が行く!と排気バルブを一気に抜きドボドボドボ・・ーっと落ちていく・・・ 抜き過ぎでしょ・・・ 時すでに遅し・・でBCへ吸気をしどうにか保ってましたけどそれ見てるだけで楽しませてもらえます(笑) 後の船上でもちょいミスを語り笑ってました。何事も経験ですね~

 

その後はリタ側のラグーンへも小型を設置。ここは別にダイブサイトで使えるようなところではないですが、いつも何か楽しめるところ。普通にマダラトビエイがいたり、ツバメウオの群れとかレモンチョウチョウウオの色彩変異Ver,とか。そんなのって作業後の安全停止にはぴったりですね。

 

今回途中から2日間のみ参加した2名もパディのインストラクターですが、一人は長らくメンバーシップを更新していなかったのでIDC(イントラ試験前のコース)からやり直しだー!と嘆いていました。

その話がむちゃくちゃ面白くって、以前はバリバリとガイドや講習などやっていたのに、今更またまたパスする為に、マスクを装着する時には~ こうやって~ 前髪が入らないように~ とか、クリアは鼻から んん~って とか大爆笑。

IDCクルーパック買ったら、なになにが含まれていてロゴ入りバックパックやTシャツとかも入ってたりしたらぁ~ うぅー いらねーー くぅぅぃぃーーー(>_<) とか言っててみんなで超大爆笑~

 

 

そんな我々年寄りイントラは普段 遊びでのダイビングを避けるというか全くしたくない訳ですが、器材スペシャリティーは陸だから数時間受ける?とわざと誘ってみたり、あるあるネタで大爆笑。

僕個人も今以上ダイビングのカードレベルを上げる気は全くありませんが、せめて最低限イントラレベルは維持したいと思います。と、思わされましたね。

 

そして3人口を揃えて言ってたのが、ファンダイビングをするのに絶対そこで自分はDMやイントラとは言わないな、そんな時はアドバンスくらいにしといて経験本数は無難に1,000本くらいに、とか。 結局思ってる事はみんな同じでまた大爆笑。

これも良くある誇らしげな 「I’m a Divemaster!・・ チラッ・・・」 それを聞く我々「So?・・・」 これにもやっぱり皆同じで大爆笑~。

これは我々がイントラ以上のレベルだからという意味ではなく、俺はダイブマスターだ!って言われても、仕事で潜ってて5,000本クラスなのか、ただカードを取得し経験本数100本くらいなのかって話です。

だって、アドバンスオープンウォーターで経験1,000本とダイブマスターで経験100本。どちらがどうです?って話です。けど、DMを取得すると、言いたくなるんだよねぇ~みたいな。で更に大爆笑~

 

ほんな笑い過ぎました、昨夜は。けど、こんな小さな島国でこんな事に同立場で共感出来るのも珍しい事ですからね。

 

さてさて水中の機器はまた半年間マジュロの水中でデータを収集してくれます。見付けても触らないようにしてくださいね!

 

 

練習船寄港

 

Iakwe!

 

山口県の水産大学校の皆さんが漁業練習船「耕洋丸」にてマジュロに寄港されています。

 

下関から、パラオ、ケアンズ、マジュロそして日本へ戻られるようですが、最後の寄港地がマジュロって・・・(笑) 一番何もないという・・・

 

さて、そんな耕洋丸にお邪魔させていただきました。

 

5年前の2013年11月には姉妹船・天鷹丸(TENYO MARU)でもお越しになりましたが、今回の耕洋丸は格段に大きくMIRからも丸見えです。

 

 ● KOYO-MARU (2,352トン) 今回

 ● TENYO-MARU (716トン) 前回

 

そりゃでかい!

 

天鷹丸の時も船内を見学させて頂きましたが、安定感は全く違いちょっとしたクルーズ船のよう。
(写真右は2013年の天鷹丸)

 

発電機は約180件の家の電力を補えるそう・・・ マジュロにその電力の一部をくださいm(_ _)m

 

 

造水装置、汚水処理装置等もとっても立派ですが、今回とても興味を持って見させていただいたのが、この 【CTD – Conductivity, Temperature, Depth】 。 

 

このシステムで家一軒は買えちゃうそうです、びっくりですね~ 

 

これは、ケーブルの長さ次第では8,000mまでの情報をリアルタイムで観測出来るというもの。内容は、その地点での「クロロフィル」「水温」「深度」「塩分濃度」「酸素濃度」などがリアルタイムで深度数千mまで観測出来るというもの。

凄いですね~

 

今我々が調査チームと設置しているのは、センサーを3方向へ放ちデータを収集出来るもので、収集データの種類自体が違いますが、形状は同じような感じ。次回またそれらの様子をアップしますね。

 

さて、皆さんとは唯一の自由日にダイビングと体験ダイビングをしマーシャルの水中をご覧頂けました。 しかし、、、 ここ最近で一番の強風・・・ いつもこういう大きな船が来ると海況が荒れるのはなんなんでしょう・・・でもって翌日はシラ~っと穏やかに・・・

 

10/21日本からパラオへ向け出港し、ここマジュロを12/12に出て12/26に日本着予定とされています。

 

無事に帰国し、海に携わる素敵な士官、航海士、機関士、専門学者さんになっていただきたいですね。

 

皆さんの耕洋丸がウリガに停泊しているのを横目にこちらは調査ダイビングチームとまたまた出港です!

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類

マーシャル諸島と日本の30周年記念

Iakwe!

 

マーシャル諸島と日本のパートナーシップが 「30年」 を迎えました。

 

先月は台湾の20周年でしたが、それを10年上回る長いお付き合いですね、素晴らしい。

 

にしては、住んでる日本人がとーっても少ない・・・ ジャイカなどの外務省管轄は別として元々民間から来てる日本人ってほんまにひと握り・・・ それに日本人からみてもマーシャル諸島を知らない人が断然多く半数以上でしょう。

 

ちなみにここマジュロに大使館があるのは、アメリカ、日本、台湾。日本人が居着かない理由もそれなりにあるんでしょうけど、そこにずっといる僕はなんなんでしょ。。決して日本から追われていたり帰国出来ない理由がある訳ではありませんよ(笑)

 

レセプションでは多くの方がお越しになり30年の祝いとこれからの関係を誓い和やかな会となりました。我々下々は座って見て食べて飲んでるだけでしたけど(笑)。

いちいち大統領と写真撮ったりなんだかビジター感たっぷりでちょいと遊ばせて頂きました。

 

これからもマーシャル諸島と日本がいいお付き合いであることを願います。

 

 

 

 

水中調査ダイビング

 

Iakwe!

 

さて続いてます、お仕事ダイビング。というか仕事以外潜りませんけど。。。

 

今年の5月にマジュロ環礁の至るところに設置された観測機(超音波流速計 / ADCP / Acoustic Doppler Current Profiler)を回収する為のダイビングです。

前回設置の時は僕は一緒に潜っていませんが、GPSでポイントは確保済み!と言えど、、、 船上からそんなに大きくない物をぴったりと当てられる訳もなく・・・ 多分こんな感じだった、あの辺だったような・・・ って・・・ わかるかー!

けど、水面から見付けます、わたくし!今のとこ100%。でもってシャークアイらしい。。 まぁ、言ってみれば場所は変われど仕事場ですからね、水中も。

 

場所によっては一応水中に小さな黄色のブイを設置していますが、藻が着き茶色・・・。 

その場所で水面から機材付近へにブイからのラインを下ろしいつでもそこへ辿り着けるようにします。ダイバーの彼らを誘導し写真を撮りながら機材を回収、水中の茶色?ブイも掃除し船上へ。大きく重い機器はリフトバッグを使用し浮上させます。

ざっと水中作業は5~8分といったところ、深度は8~17m。それらを探す方が時間が掛かります。。。

 

それらを時に2ダイブ、3ダイブしその間の風など天候によるポイント選択、安全管理と誘導などですが、全器材はここにあるし、出発はここMIRから。水中に至ってもとーってもスムーズ過ぎて困っちゃいます(笑)

 

ある日は西風5ktで最も悩むリタ側の外洋も楽チン凪(イルカも登場)。ある日は風が戻り空港側外洋とラグーン内島の風下。どこも順調に進んでいます。

 

見慣れたサメ、カメ、エイも彼らにとっては素敵な出会い、作業しながらとっても興奮しています。といっても各ダイブは超短時間ですけど。

 

そしてこれらの機材全体に石灰質や藻が付着してるので綺麗に掃除をしバッテリー交換とデータ収集。とーっても興味があります、その6ヶ月間のデータ。こういった機器で潮に関するデータの多くが分かるようですが、今後のマーシャル諸島に活かされる事を願います。

 

さて週末土日はツーリストさんと普通?のダイビングをし、今日からまた!と思うも、機器の不具合で再度水中へ持って行く事が出来ずに今日はスタンバイとなりました。体にとってはちょうどいい感じのタイミング。

 

最近まだまだ凪いでます。本当に今年は凪いでる日が多いしゆるなかながらも西風が多い。水中にも影響が出てもおかしくありませんね。そんなマーシャル諸島の海も見比べていきたいと思います。

 

今回利用しているボートは日本からの贈り物。ピクニック以外で使ってるのを初めて見ました・・このボート。

YAMAHAの38フィート。とーっても広い和船でヤマハの中では最大級の和船タイプです。

 

エンジンはSUZUKIの150hp2機掛け。2年前後しか経ってないのに、すでに結構なダメージでオーニングを支えてるヘリのトップ面は割れ、船外機の冷却水は回転数に関係なくちょろちょろと出るのみ・・。多分、インペラもオイルもなーんも交換してないんでしょう。。

同タイプが2隻ありますが、もう少ししっかりとメンテをして欲しいですね、日本の皆さんの為にも。。。

 

 

 

 

error: Content is protected !!