捜索とその後

 

Iakwe!

 

さて、先日チラッとローラの先へ・・という内容を書きましたが、理由はちょっとした探し物。しかも大大大大大昔の。

 

ロングスリーブのスプリング着用で水面から捜索する事3時間。

 

目星いところをくまなく捜索3時間。

ちょい風&晴天の中3時間。

ずーっと水面3時間。

おっさんが3時間。

 

そりゃー 焼けるっちゅうねん!おっさんじゃなくっても

 

俺はシュノーケリング初めてかッ!!!

 

しかもフクラハギだけ真っ黒けっけ。作戦としては超短時間で見付けて水中撮影するはずだったのに・・・

 

わたくし、シュノーケラーさんに言ってます。

 

「曇ってても首やフクラハギは思ってるより焼けちゃいますからね~ 他からも身を守るように何か着用してくださいね~」 っと。。。

 

なんだっつーの これ・・・

 

でもってその後撮影せずにバードアイランドへ直行。リーも変なのしか釣れてないし・・・ 変なのって・・・

 

到着し入った途端どんよりとした透視度。浮遊物はないけどブルーではなく黄緑なイメージで一番撮りたい10m前後が特に。 あ~・・・・・・ なんなんすか今日。

 

← まともにそのまま撮ったらこんな感じ

 

中心から左のところって 色がもや~~ っとしてますよね、浮遊物なくて黄緑っぽく透視度悪い時ってこんな感じになっちゃいます。

 

そんな時は?思いっきり絞ってしまいます。周りを暗くしサンゴにはストロボを当てちょっとダークなイメージ?に。それが一番上の写真ですがどうする事も出来なかったというか、もや~ばかりを撮りたくなかったし仕方ない。

 

てか、ここ遠いーーー 手ぶらでは帰りたくないし。

 

ここはほとんど人が入らないところですが、以前はサンゴだらけでした。ですが、最近では半分以上かな、藻がついてしまい残念に姿に。それでもレンズの画角や構図によっては元気なサンゴを撮影出来ます。

 

確かに人は入り込んでいないし誰もダイビングやシュノーケリングに来ないけど、潮が大きく動くところではないってのが悪化する要因でもあると思います。

ある程度水中をかき回してくれないとダメなんでしょうね。そう思うと周囲に囲いがない普通~のラグーン内のサンゴの方が全体のパッと見は元気です。

ここは生きてりゃ最高のポイントになるんですけどね。潮が入り込みにくいところだけに復活するスピードよりも悪化の方が上回りそうで残念です。

 

けど、俺にはMajuroMajuroがあるさ~ と自分を慰めてみる。

 

100年前とかの世界のサンゴってどんなのだったんでしょうね。

 

想像するだけでドキドキします。

 

もうそんな光景を見る事は出来ないんでしょうね、この先。

 

急には止められないし、スピードを遅くするくらいしか対応出来ないのでしょう。「今」が今の自然環境に反応させている訳ではなく、世界中が気付くもっと以前の環境破壊の要因が現在の水中などに反映しているだけのこと。

 

時すでに遅し状態ですね。

 

あ~ 悲しい。

 

けど、自然の再生能力は人間が思っている以上に力強いと信じています。

 

そう思いながらサンゴを見てると愛おしくなってきますよ。

 

 

 

夕焼け

 

Iakwe!

 

最近夕焼けがとても綺麗な日が多くうっとりしちゃいますが、先日グリーンフラッシュを見てからものすごく気になり気になり・・・ ここでも見れるって分かりゃ撮るしかないっしょ=3

 

まぁ、そんな簡単には出会えないことは重々分かっていますけど・・・

 

ホテル近辺で綺麗な夕焼けになりワイドで撮りたいけど個人的には人工物を入れたくないというのがあり今はこの辺りでの撮影に躊躇してしまいます。

 

「躊躇」って変換したら自信もってEnter押せるけど、ペンで書けって言われたら絶対書けない漢字の一つだとこれを書きながら情けなくなるおっさんです(T_T)

 

やっぱり何もない離島で時間を気にせずゆっくりと景色を見ながらってのが最高に撮りやすい環境なのかもわかりません。その時に綺麗な夕焼けかどうかは何とも言えませんが。

 

あー グリーンフラッシュ もう一回見たい。 グリーンフラッシュって、カードのポーカーのヤクみたいですね。

 

よっしゃ!ストレートフラッシュ!  ごめん、俺 グリーンフラッシュ!みたいな。

 

 

夜中の凪景色

 

Iakwe!

 

一週間GWか天候がズレていたら毎日がベタ凪に近い海況でした。

 

本当に不思議なくらいいつも 続いたダイビングの後や大型船出港後などは凪が続きます。これが本気を出したマジュロってもんです(笑)

 

観光に全く興味のないマーシャル諸島は天候まで味方に?しているのでしょうか(笑)。こちらは観光ゲストさん側なのでとーっても困りますがそんなの知ったこっちゃないでしょうね・・・ 残念マーシャル。

 

おとといの夜中くらいにふと窓の外を見るとこんなに凪いでるじゃあーりませんか・・・ こういうシーンとあたると凄く興奮してしまいます。寝てていいんかな・・みたいな。寝ますけど。

 

遠いマーシャルへ来られた方にもこういう静かで水面に映っちゃう光景を是非味わって欲しいのも正直あるんですけどね、なかなかタイミングというのは難しいもんです。

 

先日もB-24でドローン撮影してもらいましたが、これがベタ凪だったら・・と思うと。。。。。 僕がドローン買えば済む話なんですけどね(笑)

 

凪いでるうちにまだまだ撮影したいものが多くってある意味凪いでくるこれからの時期が楽しみ。誰かそういうの付き合ってくれませんかね~

 

 

 

グリーンフラッシュ

 

Iakwe!

 

マーシャルでいつかは見てみたいとずっと思っていた自然現象の一つ 『グリーンフラッシュ』。

 

※上の写真は昨日のものではありません。

 

ここマジュロにいていつも陽が水平線に沈む瞬間に出くわした時には もしかして?!なんて思いながらその瞬間を期待しながら見つめていますが、す~っとすのまま落ち暗~くなるだけ。一瞬なのでそのジャッジは簡単ですよね。

 

さて昨日はOWライセンスの講習で、そこからのグリーンフラッシュをお伝えしましょう。

 

マーシャル人とのOWライセンス講習は手ごわいのです。

 

海に慣れ親しんだ彼等にとってはちょちょいのちょいというイメージがあるのでしょう。そして学科もどうにかなる的な適当精神が超発揮する場でもあるのです。

 

今迄マー人を講習してすんなり学科テストがクリアするのってほんのひと握りなので想定内といえば想定内。

 

理解力ではなく、全くに等しくテキストブックに目を通していないと言っても過言ではないでしょう、マジで助けて~。

 

それらも含め早く学科ノータッチのeラーニングに変更したいんですけど、この話が進んだのが去年の秋。なかなかお互いスケジュールが合わぜ、その上いつでもサクっと出来るという思いから伸ばされその間自習もしていない・・・

 

正直こちらはいつでもいいんですけど、絶対勉強していないのはわかってるし、いくら言っても。

 

海の前のテストの前日に学科の質問と見直しをしたのに、テストすると全くちんぷんかんぷん。勉強出来る日数は半年以上。どうよ、これ・・・・

 

通常追加料金をもらいますが、今回はもともと友人ということもありランチにチーズバーガーをレストランで注文させ交渉成立(笑) 安ッ

 

最終テストはもちろんクリアせず、とことん一緒に見直しをし再テスト。でもって、終了したのが3時半。金曜から出張や今後の予定を聞いても厳しいのでそこから海の講習へと。

 

もちろんすぐに器材をかついで海へドボーン!と行ける訳もなくテラスでレクチャーをした後に浅いところからの練習。内容は順調ですが時間が・・・もちろん日没前には終わらせないと・・・

 

2ダイブ終了間際には水面がオレンジ色へちょいと色付き始めいいんだかどうなんだか感満載で水面へエギジット。

 

その後みるみる空の色がピンク、オレンジに変わり陸にいたら・・・・と思いながらも水平線へ目をやるといつも期待しながらみていたその瞬間近くに。

 

陽が水平線に触れた瞬間 ふわッ!っとそこだけが濃いオレンジから綺麗な黄緑色に!

 

グリーンフラッシュッ!!

 

えーーーッ! このタイミングすかッ!??

 

黄緑というか何と言うんでしょ あの色。何とも言えない美しさ。

 

感想としては、思っていたよりもしっかりとグリーン系を認識出来て意外と大きい。

 

昔、自然現象の本やネットで見てた時は水平線に隠れるようにほんとに小さく黄緑が光ってたような覚えがあるのですが、ハッキリと認識出来たのを今でも鮮明に覚えています。

 

高い山からが確率が高いとかヨットでの航海中に見た方の話は聞いた事がありましたが、ここには山もなく・・・ ましてやこちらも水平線上に浮かんでましたからね(笑)

 

様々な条件が偶然に一致したのでしょう。

 

講習自体は遅くなりましたが、最高に幸せを感じる一瞬でした。

 

多分、陸にいても あ~今日の夕焼けは綺麗だな~って思うくらいでカメラは出さず、ましてや望遠系レンズは装着して無かったでしょう。そう思うとしっかりと肉眼で見れた事が何より最高のタイミングでした。

 

マーシャル諸島でいつかは見たかったグリーンフラッシュ。 今後は撮影も視野に入れて観察してみよう。

 

そんな瞬間を期待しながらたまには水平線を眺めてみませんか?

 

 

 

 

調査ダイブ

 

Iakwe!

 

今週は調査ダイビング。こんなことしてまっせをご紹介致します。

 

マジュロの主要な港と言えば、RRE近くの「ウリガドック」 と MIR側の「ダラップドック」 がありますが、どちらも大型船、例えばクルーズ船や遠洋漁業船、政府の運搬船、コンテナ船、各国のミリタリー船などが着岸するところです。

 

幅広で頑丈なコンクリートで囲われた港ですが、ここの周辺エリア一帯の水底の様子を目盛りと共に撮影する事。

 

水深は浅いところで約5m、マックスで17mくらいでしたね。ボートが着岸出来る垂直の下部で両港共に水深約10m。この周辺一帯を自分と来られたダイバーと2人で撮影していきます。

 

1ダイブにつき4方向のエリア、これをポイントを変えながら撮影していきます(どれだけ頑張っても約30分/Dive)。

水底から横に向かい巻尺を30mまで伸ばしていき、巻尺の目盛りがわかるように周辺の様子と共にGoproで約20ショットを撮影していきます(動画を切り取った方が楽だと思いますが、画質優先らしい)。

 

一人づつ別れてやるので、1方向を完了する為にはまず、始点を固定しそこから巻尺を真っ直ぐに伸ばしていきながら30m地点で固定。

ゆがみを直したり目盛りがわかるように修正しながら始点まで戻りそこから撮影を30m地点まで、巻尺を巻きながら回収、でまた違うところで同じようにしていきこれを4ヶ所。これが1ダイブ・・・。

 

さて、想像通りの水面下・・・ 透視度はいいのですが、ゴミだらけ。。。 いろんな物がありましたよ~ 残念ながら金目のものは見当たりませんでした(笑)

 

後は特殊な三脚ならぬ四脚にGoproを水底に向けセットし船上からロープで水底へ下ろしたり上げたりしながら5秒毎に湾内のいたるところを自動撮影。

浅いのでシュノーケリングで十分かと思うのですが・・・

 

なぜこんな事をしてるかというのは詳しく言えませんが、既存の港の延長水底域を調べているので、何となくお分かりでしょう。

もちろんマーシャル諸島サイドが独自で何かをしようという事ではありません、というか出来ません、、か。。(笑)

 

今回はマジュロでしか参加していませんが、ジャルートとクワジェリンのイバイの港でもシュノーケリングと素潜りでやっていたらしく、次回はウォッチェ環礁に参加予定、どうなるかはわかりませんが、、、。

 

今回はGoproを渡されたのでここで使える水中の様子が分かるような画像は持っていません。。

 

なかなかパンチのある数日間でした、これ。。。

 

さて、今週から強風という名に相応しい風が吹き続いています。先月からもですが、昨日くらいから更に強くなってきています。ほんと勘弁してほしい。。。

 

 

 

error: Content is protected !!