サンゴの白化

 

Iawke

 

白化したサンゴを先日撮影してきたのでご紹介します。

 

サンゴの白化は皆さんもご存知の通り、健康ではない信号を発している状態の事を表します。

 

ネット上では様々な白化に関する情報がありますが、このサイトではマーシャル諸島、とくにマジュロ環礁についてお伝えしたいと思います。

 

先月2019年10月初旬に若干色の変化が起こり始めたテーブルサンゴ。その後エダサンゴにも変化が。

 

11月初旬には広いエリア、とくに外洋からチャネルに掛けて全体が真っ白に。11月半ば(現在)にはところどころに藻が着き始めました。

 

褐虫藻が抜け出し真っ白になったサンゴに触れてみると、まだヌルヌルとした保護膜を覆っている事が分かります。褐虫藻が戻ってくればまた元気なサンゴになるでしょう。

 

ですが、そこに藻が着き始めると褐虫藻は戻ることはなく、他のサンゴが産卵した後に着床することも出来ません。

 

藻が全体を覆うとそのままガレになってしまうだけなのです。

 

エダ状よりもテーブル状の方がダメージを早く受けるように見えるのでが、この外洋エリアでも藻の付着は断然テーブルサンゴの方が早く藻に覆われてきています。

 

このままいけば外洋一体がガレ場になるかもしれません。そしてその周辺を住処にしていた生物達も離れてしまうのです。

 

白化原因をざっとここにまとめてみました

■海水温上昇: 以前は水温29度台を保っていましたが、現在では30度を少し超えた水温が続いています。

■水質の変化: 漁船からの汚水、居住区・工業エリアからの排水等によるものなど。

■サンゴ内部の褐虫藻光合成不足: ゴミ、とくに布、オムツ、ビニール袋が覆い被さり光を遮断してしまいます。それらを取り除くと真っ白なサンゴが現れます。

■オニヒトデ: サンゴを食す代表的な生き物ですが大量には発生していません。

■それを含むあらゆるストレス

などが挙げられます。

 

今回の白化でとくに目立つはサンゴは

外洋エリア: ハナバチミドリイシ、コイボミドリイシ、トゲスギミドリイシ など

ラグーン内: コブハマサンゴ、パラオハマサンゴ(一部) など

 

今回はラグーン内のサンゴのダメージが少ないことが以前との違いでもあるように感じます。

 

今まで何度かサンゴの白化を見て来ましたがそのエリアはガレになるのみ。今回のエリアでの白化は初めてで、80%は健康なサンゴが広く生き残っていました。それらにもとうとう変化が来てしまいました。

 

サンゴの役割は思った以上に人々に関わっていることを忘れてはいけませんね。

 

もう手遅れですけど・・・。

 

こちらにも発信しています。ご覧くださいませ。⇒ CORAL BLEACHING

 

 

 

 

 

サンゴの白化始まりました。

 

Iawke

 

マジュロ帰国後ちょいちょい潜っていますが、チャネル付近、外洋周辺のサンゴが大幅に白化しています。。

 

10月の頭くらいに「Eternal-eden」を潜った時には、ギリギリだなぁ~・・なんて思いながら潜っていましたが、それから激しく悪化したようです。

 

やっぱり兆候があったんだなぁっと納得しています。

 

今回は水温が原因かと思いますが、各サンゴのポリプ自体は元気に触手を伸ばしています。

 

後は褐虫藻が戻り元の健康な状態になるのを待ちたいと思います。

 

サンゴポイントとして個人的にもお気に入りの 「MajuroMajuro」 はEn近辺のテーブルサンゴ、エダサンゴ全域が白化しています。

 

一言で白化と言ってもその過程はサンゴにより若干の色合いが違います。

 

薄い蛍光イエロー、薄い水色、薄いクリーム色、真っ白などで船上からもその様子が伺えます。

 

残念なのは、今までチャネル周辺が白化した時も 「MajuroMajuro」 のサンゴにはそれほど影響がなかったのに今回は今迄で一番広範囲で種類を問わず白化しています。

 

唯一白化の影響が少ないのが、パラオハマサンゴ(Porites rus)です。

 

という事は、外洋やチャネル外洋周辺よりも完全にラグーン内の方がサンゴの白化が見受けられないでしょう。

 

大幅に白化したエダサンゴの群生 『コイボミドリイシ』、『トゲスギミドリイシ』 には正直悲しくなりました。

 

ちなみに白化の影響を即受けるのが、テーブルサンゴ(ハナバチミドリイシなど)です。

 

復活には数ヶ月は必要かと思いますが、このまま死滅し藻が付かない事を祈ります。

 

 

 

住んでいるところ

 

 

Iawke

 

このようなところに住んでいます。

 

こちらは自分が住んでいるマーシャル諸島の首都・マジュロ環礁です。

 

ご覧のように山は一切なく、輪っかのようなユニークな 「環礁」 という地形です。

 

写真内の海の上の方にも島が繋がってるのでが見えますかね?

 

右が外洋、左が内海です。

 

約50kmの陸続きは車で移動する事ができますが、この道は戦後に埋めらたようです。

 

今でも とある場所では 「スモールアイランド」 と呼ばれているエリアがありますが、最初は離島の事だと思っていました。

 

何度も聞くうちに分かってきた事は、埋め立てる以前そこは 「小さな島だった」 ということ。

 

そのような理由から陸続きでありながら、あるエリアを今でもそう呼んでいるようです。

 

さて、写真を見てまず皆さんが思う事。。。

 

「津波が来たら一発やんッ」

 

ではないでしょうか。

 

来たら一発ですね~・・・

 

東日本を襲った津波の影響は遠く離れたハワイにまで影響があったと聞きますが、その途中に位置するマーシャル諸島には影響がなかったという・・・

 

これも特殊な地形が回避しているのでしょうか。と思っています。

 

空から見ると今でも良く思います。

 

ここに住んでんの?俺・・・ って。

 

不便さを細かく言うとキリがありませんが、ネット環境は衛星ではなく海底ケーブルなのでとても早いし安定しています。たまに調子悪いけど・・・

 

Youtubeも途切れる事なく何でも観れちゃいます。

 

種類は断然少ないけど何でもあるし普通に生活するにはむちゃくちゃ困ることはそこまでありません。

 

教育・医療・ゴミ問題等はどこでもこういった島国の大きな問題ですが、以前に比べれば少しは改善しようとしてるはず、であって欲しい?ので徐々に改善される事を願っています。

 

さて、今日からファンダイビングが続きますが相変わらずの西風。

 

風自体はそこまで強くないので影響はありませんが、まだ若干水温が高いのでそれが気になります。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

フォトドライブツアー

 

Iawke

 

ダイビングから戻りガソリン給油&タンクを運んでからのフォトドライブツアー。

 

午前は比較的穏やかで快晴だったのに、出発する前くらいに風上には大きな黒い雲・・・

 

確実にこちらに向かっているので少々テラスで時間をずらしてローラへ向け出発です。

 

陸に関しては見所が少ないとも言えるマーシャル諸島ですが ピンポイントで撮影しながらのんびりと。

 

MIR横のローカルマーケットでバナナとメイチップス(パンの実を薄くスライスして揚げたもの)を購入しまずは端から景色を眺めてみたり。

 

今日は大波が打ち寄せていたので外洋に出るにも一苦労でしょう。数分見てましたけど切れることがない感じでどんどんと大きな波が入ってきてました、自分なら出ないな・・・なんて思いながら。。

 

今回はミュージアムやココナッツ工場などは行かずローラに向けての自然撮影という感じでしょうか。

 

何せ時間も少ないのでひとまずローラビーチへ行きますが定番のヤシの木の道やローラ手間のウォジャ地区に止まったりしながら花も物色・・・

 

花ってどこでも咲いているようでプルメリアやハイビスカスって民家の庭に咲いていることがほとんど。ありそでない・・的な。。。

 

ローラビーチでは週末という事もあり多くのローカルがBBQをしたりイチャイチャデート?をしたり、そしてヤシの木陰で何やら黙々と・・

 

マーシャル諸島の伝統手工芸アミモノを編むお2人。

 

とーっても画になってました。左のご婦人はアミモノ歴約20年らしく手元には貝殻を付ける手前の段階まで数本仕上げていらっしゃいました。。

 

エアコンの効いた室内ではなく、こういったヤシの木陰ってのがとてもいいですね。

 

戻りのウォジャでプルメリアをちょいと撮り車を出していくとようやく?雨・・・ いいタイミングでした。。 すぐに雨雲は抜けましたけど。

 

海のツアーももちろんですが、陸ツアーで雨ってキツすぎますからね・・・

 

どうにかこうにか天候に救われた感じでしたが行けて良かった。。

 

 

 

満月

 

Iakwe!

 

本日は満月です。

 

早朝は空一面がピンク色に染まりとても美しい朝でしたが時すでに遅しで写真は撮っていません。朝焼けがこんな感じなら満月にも期待しちゃいますね。

 

ちなみに今日の満月は 「ストロベリームーン」 と言われているようですが、月がピンクに染まるからという意味ではないようですね。アメリカで圏では6月の満月をそう呼ぶみたいですが、イチゴの収穫時期からそのように呼ばれてるようです。更に詳しくはGoogle先生にお尋ねください。

 

さて、本日もテラスでダイバーさん達と集合してからのビケンドリック島ダイバーピックアップ。

 

こんなところで宿泊もいいですよ~ ってのが説明しやすいし実際に見てイメージがわくのでいいかもしれませんね、次回はここに泊まる!なんてお言葉も。

 

今日は大潮満月という事もあり潮がガンガン。ですがそれも珍しく意外にど真ん中って動く事が少なかったんですけど良く流れていました。

 

地球と大きな関係を持つ潮の満ち引きですが、重力や生物の生死など様々な場面で影響します。地球にとって月と太陽はとても大切なのです。

 

皆さんたまには月を眺めましょう。

 

 

 

全CTD観測装置回収完了

 

Iakwe!

 

20kts前後。そりゃ風強いはず・・・ ですが、遂行してきました。

 

昨日と同様給油で時間を大幅に取られ、結局10:30から出発。一番遠いローラの内海もありますが、途中のPinnacle No9で先に引き上げ回収し、休憩と共に移動をして時間をカット。

 

と言ってもローラまでは遠いし、かなりのラフ。ほんまに風が嫌いです、海に出る時は。

 

 

3ヶ所共に作業はスムーズですが、水面のラフ感で体力を奪われるという感じ。38ftのボートなので安定感はありますがそれでもドッカンドッカンと叩く感じ・・・落ち着かねぇ~・・・

 

今回GPSを一切使わず、水面からの捜索も一切なしで出来たのはとてもスムーズで全7ヶ所のCTDを回収。機器自体の大きさやバッテリーサイズも異なりますが、左の写真の物が今回で一番大きく重いのでリフトバッグを使用。

 

このプロジェクトでは毎回僕と器材の貸出しスタイルで出動しているので何だかちょいと気が楽というのもありますが、今日も操船を半分はさせられました(笑)

 

6月だというのに風が強い・・・ 今年は例年とちと違います。多分来週くらいから落ち着くとは思いますが、こんなに吹くとは予想外れ。

 

ベタ凪は作業にとっては最高、ファンダイビングにはちと・・水中濁りますからね。

 

ひとまず無事に任務完了!

 

 

 

今日のCTD回収作業

 

Iakwe!

 

9時すぎには集合しましたが、RREでガソリンを入れる際にヨットが給油中にてエライ待たされ結局10時半スタート・・・。

 

ここでは車のように港でガソリンを給油出来るのでとても便利。重たいポリタンク等を運ばなくてもいいですからね。あれ結構な重労働・・

 

それを両手で持って駐車場からショップのテラスまでが遠く感じたり、逆にダイビングのタンクが軽く感じたり。

 

さて、本日もCTD水中観測装置を2機回収完了。

 

今日はローラの外洋とリタのラグーン内。陸続きになっているマジュロの一番端の外側と真逆の内側ですね。距離でいうとかなりのボリュームでローラまでは1時間ちょい、そこからリタまでは波の影響で1時間半は掛かりました。

 

なぜだか毎回この作業の時半分くらいは操船させられます。まぁ、確かに移動も多いしクルー連れてきてても操船出来なかったりと。嫌いじゃないからただ乗ってるよりいいんですけど、ローラまではやっぱり遠い・・・

 

水中作業は透明度がいいのですぐに見付けられこれまた10分くらいの水中作業ですが、戻りはどんぶらこ~でゆーっくりと。

 

そこから次にリタ潜ったら濁った感じというか黄色く感じました(笑)。外と中しかも民家の最終地周辺内海なので仕方ありませんけど、汚ったね~

 

明日は一番遠いところでローラですが全て内海。どんな天候になっても出来る安心感は大きいですね、先に外洋終わらせておいて良かったと思う瞬間でもあります。一応天候等考慮しこの作業用にバックアップもとってありますが順調に進んでいます。

 

ではまた明日

 

 

 

CTD観測装置回収

 

Iakwe!

 

CTD水中観測装置を2機回収完了。

 

ここ数日の風予報を調べるとこれからちょいと吹いてくるようす。というわけで行きにくいであろう場所から進めました。

 

ローラの外洋側もありますが、それよりもチャネルの方が波が高くなるし橋側の外洋も波によって行けなくなると困るので一発目の今日に潜って回収です。

 

場所は把握しているので見付けるのは簡単、2人が小さなシャックルを外しチェーンとロープを回収、1人は近くに設置の目印となる水中ブイの回収、周囲にこれらのゴミ等がないようにし船上へ。だいたい1ダイブ5~10分といった感じでしょうか。

 

ボートは政府のものを使用していますが、まぁ来るのが遅い。それ待ちで出発ってのが有り得ません・・・ 12時になったら腹減ったとか・・・ 無視して先に全作業を終了させまたしたけど(笑)

 

どちらもちょいと波があり急いでいたので作業の様子を全く撮っていませんが、こういったのが数日間続きます。

 

最高ーーーッ!

 

あとは風だけもう少し穏やかを期待したいところですが、ハードそうな2ヶ所が終了したので後は楽チン。

 

あー 眠い

 

 

 

マーシャル諸島の水事情

 

Iakwe!

 

マーシャル諸島の水事情ですが、ご存知のようにマーシャル諸島には山も川も湖もありません。

 

真水がとても貴重です。

 

マジュロ環礁内には数カ所大きな貯水槽があり濾過された水が飲み水として販売されています。

 

5ガロン(約19リットル) $1で写真のようにボトル持参で汲みに行きます。ちなみに1ガロン$0.25、3ガロン$3といった感じ。

 

場所はMIR向かいのホームセンターの入口に設置されていて24時間利用可能なので、最初はガロンのペットボトルの飲み水をスーパーで購入しその後必要な分を補充するのもいいかもしれませんね、そこそこ日数のある方には。

毎回水ばかりスーパーから持って帰るのも重いですし、何よりホテルから近い。

 

生粋のローカルでもこれらを利用していますが、中には雨水を沸騰させ料理等に使っている家庭もあるようです。

 

その他、街中にあるコインランドリーはほとんどが隣に設置されている幾つかの大きなウォーターキャッチメントからの雨水使用。

 

ホテルなどの水道水は雨水から直という訳ではありませんが、飲むには適していませんので洗い物くらいにしましょう。シャワー等には問題ありません。

 

そんなホテルのシャワーは節水が絶対です。

 

MIR(Marshall Islands Resort)の場合バスタブの中でカーテンを閉めシャワーを浴びるスタイルですが、そのバスタブにお湯をガッツリ溜める方がいらっしゃり、その横の便器側で体や頭を洗うという斬新かつやんちゃな方法を取られていました。

 

なぜそれが分かったのかというと、、、、

 

その下のうちは水浸し・・・・・・ 超雨漏り状態・・・

 

急いでセキュリティーと様子を見に行った事がありますが、本気でビックリしました。。。

 

しかもその時マーシャル諸島では干ばつであーだこーだ言ってる最中。

 

すげーな 日本人って思ったのを覚えています。

 

さて、ダイバーなら器材の洗浄がありますが、当店では最終日に真水で洗うようにして頂いています。ガッツリと浸け置き洗浄までは出来ませんが水道ホースからとりあえず全体の潮気を取り、すぐに乾燥させるという感じ。

 

気になる方は帰国してからしっかりと洗って乾燥させてくださいね~

 

日本では蛇口をひねれば当たり前のように幾らでも出てくる水かもしれませんが真水の貴重さをたまには思い出してみてください。

 

世界にはマーシャル諸島よりも更に困ってる人達が沢山いますよ。

 

 

 

捜索とその後

 

Iakwe!

 

さて、先日チラッとローラの先へ・・という内容を書きましたが、理由はちょっとした探し物。しかも大大大大大昔の。

 

ロングスリーブのスプリング着用で水面から捜索する事3時間。

 

目星いところをくまなく捜索3時間。

ちょい風&晴天の中3時間。

ずーっと水面3時間。

おっさんが3時間。

 

そりゃー 焼けるっちゅうねん!おっさんじゃなくっても

 

俺はシュノーケリング初めてかッ!!!

 

しかもフクラハギだけ真っ黒けっけ。作戦としては超短時間で見付けて水中撮影するはずだったのに・・・

 

わたくし、シュノーケラーさんに言ってます。

 

「曇ってても首やフクラハギは思ってるより焼けちゃいますからね~ 他からも身を守るように何か着用してくださいね~」 っと。。。

 

なんだっつーの これ・・・

 

でもってその後撮影せずにバードアイランドへ直行。リーも変なのしか釣れてないし・・・ 変なのって・・・

 

到着し入った途端どんよりとした透視度。浮遊物はないけどブルーではなく黄緑なイメージで一番撮りたい10m前後が特に。 あ~・・・・・・ なんなんすか今日。

 

← まともにそのまま撮ったらこんな感じ

 

中心から左のところって 色がもや~~ っとしてますよね、浮遊物なくて黄緑っぽく透視度悪い時ってこんな感じになっちゃいます。

 

そんな時は?思いっきり絞ってしまいます。周りを暗くしサンゴにはストロボを当てちょっとダークなイメージ?に。それが一番上の写真ですがどうする事も出来なかったというか、もや~ばかりを撮りたくなかったし仕方ない。

 

てか、ここ遠いーーー 手ぶらでは帰りたくないし。

 

ここはほとんど人が入らないところですが、以前はサンゴだらけでした。ですが、最近では半分以上かな、藻がついてしまい残念に姿に。それでもレンズの画角や構図によっては元気なサンゴを撮影出来ます。

 

確かに人は入り込んでいないし誰もダイビングやシュノーケリングに来ないけど、潮が大きく動くところではないってのが悪化する要因でもあると思います。

ある程度水中をかき回してくれないとダメなんでしょうね。そう思うと周囲に囲いがない普通~のラグーン内のサンゴの方が全体のパッと見は元気です。

ここは生きてりゃ最高のポイントになるんですけどね。潮が入り込みにくいところだけに復活するスピードよりも悪化の方が上回りそうで残念です。

 

けど、俺にはMajuroMajuroがあるさ~ と自分を慰めてみる。

 

100年前とかの世界のサンゴってどんなのだったんでしょうね。

 

想像するだけでドキドキします。

 

もうそんな光景を見る事は出来ないんでしょうね、この先。

 

急には止められないし、スピードを遅くするくらいしか対応出来ないのでしょう。「今」が今の自然環境に反応させている訳ではなく、世界中が気付くもっと以前の環境破壊の要因が現在の水中などに反映しているだけのこと。

 

時すでに遅し状態ですね。

 

あ~ 悲しい。

 

けど、自然の再生能力は人間が思っている以上に力強いと信じています。

 

そう思いながらサンゴを見てると愛おしくなってきますよ。

 

 

 

error: Content is protected !!