海外の荷物事情【マーシャル諸島マジュロ環礁の場合】

海外の荷物事情【マーシャル諸島マジュロ環礁の場合】

太平洋の真ん中に位置する島国・マーシャル諸島に暮らす我々にとって物資のほとんどを海外からの輸入に頼っています。

各個人においても今ではインターネットや流通が発展しある意味簡単に世界中から購入し受け取ることが可能ですね。

そんなマーシャル諸島の荷物事情をご紹介します。

スポンサーリンク

海外の荷物事情【マーシャル諸島マジュロ環礁の場合】

主に使われている手段としては、

  • USPS
  • UPS
  • DHL
  • FedEx
  • コンテナ便または混載

となります。

それらの違いを上げるとするなら、

USPS

USPSは「The United States Postal Service」を略した名称で、簡単に言えばアメリカ版の日本郵便ですね。

以前は行方不明がよくあったようですが最近では落ち着いている?のでしょうか、、と信じたい。

アマゾン等普通の一般小包荷物はこちらを使われることが多いですね。

マジュロ内ではポストオフィス(Marshall Islands Postal Service Authority)

UPS

UPSは「United Parcel Service」を略した名称で、全米で最大規模を誇る民間宅配業者です。日本でなら、ヤマト運輸や佐川急便といった感じでしょうか。

マジュロ内ではRRE(Robert Reimers Enterprises, Inc.)が取扱い。

DHL

若干割高ですが、早いし安心感はありますね。トラッキングはもちろんのこと取扱い会社に到着したら携帯に受け取り可能なメッセージを送ってくれるので分かり易い。

何度か使っていますが前回はトラッキングでの到着予定よりも早く到着(タイのプーケットからマジュロまで9日間)。マジュロからシンガポールまで書類一枚で約10日間、費用は約$100でしたが、プーケットからの方が重いし安かったという良く分からない料金設定。

マジュロ内では、PII(Pacific International.Inc,)が取扱い。

FedEx

こちらも安心感はあると思いますがUPS同様に到着後マジュロ内で連絡をくれるのが遅い。RREさん、改善してください。。

マジュロ内ではRRE(Robert Reimers Enterprises, Inc.)が取扱い。

コンテナ便または混載

車やボートなどはもちろんコンテナ船を使いますが、個人の荷物なども「一つのコンテナ内にいろんな荷物を入れる」混載便を利用します。船便なので荷物を預け到着受け取りまで一か月ちょいは掛かりますが急ぎではない場合や内容物によっては有難い存在です。

日本の郵便局から船便指定でマジュロに送るとUSPSの混載便で届きますが、半年後に届いたこともありました・・・

スーパーマーケットの物資は空輸もありますがほとんどがこのコンテナ船利用です。

マジュロ内では取扱い会社多数。

スポンサーリンク

UPS利用の一例【スペイン ➡ マジュロ】

特殊なモノ好き?なので、スペインからとある物を購入しましたが、先方からのおススメはUPS利用。

300gしかない品物の長い旅路を見てみましょう。

  • 10/11 / Product purchase
  • Out of stockにつき9日間待つ
  • 10/20/2022 / Barcelona, Spain
  • 10/20/2022 / de Llobreg, Spain
  • 10/21/2022 / Koeln, Germany
  • 10/21/2022 / Louisville, KY, United States
  • 10/25/2022 / Honolulu, HI, United States
  • 10/30/2022 / Agana, Guam, United States
  • 10/31/2022 / Your delivery will be rescheduled
  • 11/04/2022 / Departed from Facility Agana, Guam
  • 11/04/2022 / Majurro Marshall Islands (RRE)
  • 11/10/2022 / 受け取り

ざっとこんな感じですが、突っ込みどころ満載です。

In stock状態で購入出来たのに連絡してみると2品が在庫切れにつき入荷を待っていると判明。。。でも必要なので待つ。

その後は順調なのに、ホノルルからなんでグアムへ?ここマジュロってホノルルとグアムの中間ですよー!しかも双方から飛行機飛んでるし。UPSがどんな機材を使用しているのか知りませんが、、待つ。。(USPSでも何故だかホノルルからグアムへ回されることが多い)

結局グアムからマジュロに到着したもよう。ですが、到着一週間後に電話がるというこの時間は何っすか一体。。世界がこんなにもスムーズに動いているのに国内でもたつくという何も変わらないマーシャル諸島・・・

ちなみに、トラッキング情報では11月11日現在まだ到着済みにもなっておらず、表示はグアムを出発した11/4のまま。何というのでしょうか、、、面白い?っすね。。

トラッキングを完全にあてにせずに適当な時期に取扱い会社へ確認をする!特にマジュロでは必須です。

海外の荷物事情【マーシャル諸島マジュロ環礁の場合】まとめ

どこで何を注文しようと、その会社が取り扱っている配送手段を優先するしかありません。その方が何かあった場合でも対処してもらいやすいかと思うので個人的にはあまり気にせず先方の得意?としている配送手段に任せています。

コンテナ船や郵便の船便(コンテナ船混載)は、サイズや重量等により選択は一択となりますが、空輸に関してはどんな方法(USPS、UPS、DHL、EedEx)であってもそこまで変わらないと思います。

後は料金や若干早いか遅いの違いでしょうか。

このように以前に比べ更に世界からの物資が自由に届くって便利な世の中ですよね。

なので、、、、

DHL利用でなんか送ってくださーーーいッ!!!

結局DHLが好きなんかーーいッ(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました