アルノ環礁遠征調査

 

Iakwe!

 

チャーターボート(サンゴ調査)10日目。

 

本日は少し予定を早めアルノ環礁へ遠征調査ダイビングとなりました。相変わらずのベタ凪です。

 

早朝からベタ凪とはいえあえていうなら西よりの風。そして南からの波というか大きなうねりがありますがアルノ環礁の西側には全く影響ありません。

マジュロとアルノの中間で止まってツルツルを撮ってみたりしながらの遠征です。

 

行きは40分で到着し戻りは35分。早いですね~

 

行きの船上では 今迄同定が難しかったサンゴ16種類の学名を僕が撮った写真に書き込んで頂きました。サンゴの学名をほぼ覚えているってなんて素晴らしいんでしょう。

 

サンゴの更に奥の深い話はまたの機会にアップしたいと思います。

 

さてイリアムへ直行し到着してすぐにカメラと船底掃除セットを持ちシュノーケリング。

 

今迄一週間以上マジュロ環礁で潜ってた皆さんにとってはここアルノ環礁は全く違う景色でしょう。しかも今日は透明度も素晴らしく最高のコンディション。

 

そんな光景をパシパシっと写真に収め リーと船底掃除開始。ボートの周りだけちょっと濁ってますけど・・・ すいませーん。。。

 

ですが、昨日も今日もExit前にお手伝いしていただいてて多分戻りは半分の20分で帰れるんじゃないか?なんて言いながらみんなでゴシゴシゴシ・・・ ご滞在中ずっと色々オペレーションに関して気に掛けて頂いています。

 

アルノ環礁では3ヶ所をご紹介しましたが、一般的に見るとサンゴの種類も地形的にも似てると思うのですが、そこはさすがにご専門。違いの分かる軍団なのです。

 

シュノーケリングでもアルノ環礁を吸収されています。

 

直線距離で少し遠いイリアムなので行きは5分多く掛かってしまいましたが戻りはアルノ島北からなので35分。なかなかの記録です。

 

水面&船底ツルツルは最強という事が証明されました!

 

 

 

ようやくベタ凪

 

Iakwe!

 

チャーターボート(サンゴ調査)9日目。

 

昨日の夕方からようやく期待のベタ凪になってくれました。

 

早朝の様子はインスタにも投稿しましたけど、とても静かな水面が丸一日続いてくれましたが更に来週も期待大。

 

凪いでくれることを前提でまだ行っていないマジュロの北東外洋エリアへ早速向かいましたが、ラグーン内はもちろんのこと橋を抜けてからもベタ凪は続きます。

 

ここは距離的にいうと近いけど普段はなかなか行きにくく風がモロ当たりで波もそれなりに大きいんです、この辺りが穏やかならアルノ環礁へ行けちゃいますからね。

 

今回の調査グループはマジュロ環礁全域が目的なのですがアルノ環礁は途中でちょっち行っちゃう?的に数日後に予定しています。穏やかなうちにって感じですね。

 

さて、最東端のダラップからさらに進むとイルカの群れがいつもお出まし、特に夏の時期は高確率。今日は凪いでるということもあり群れの姿が簡単に見付けられます。偶然に飛び跳ねたところが写ってました、ラッキー~

当然だと思うけど、イルカってほんま世界中の人から愛されていますね。

 

今日はハウジングも持ってきてたので中の様子をちょっくら拝見。一直線にメジャーを張り、その区間のサンゴの種類と色や写真を撮られているようです。同じ種でも場所によっては形や色が違いますからね。

 

サンゴの質問をすると全部学名で答えてもらえるのですがこちらが勉強不足と思い知らされるというか。。。サンゴの知識が半端ではなくとても勉強になります。せっかくなのでこの機会に質問攻めにしちゃってますが請求こないかな・・・www

明日もサンゴの図鑑持ってって質問しよう~ こんなに詳しい人そうそういませんからね。

ちなみにウン十年前に柏島でサンゴの産卵時期を知らないダイバーに今夜潜ったらいいかもとアドバイスをし実際にその日サンゴの産卵があったらしい。すごくないっすか。。

 

でもって今日はせっかく海に入ったし凪いでるのでせっせと船底をキレイにしてみました。といっても「船底掃除やるなら比較的簡単グッズ」をボートに積んでいなかったので適当なステンタワシでやりましたけど半分で降参・・・ 続きは明日ですが予定はローラ手前の外洋です。

 

外洋で船底掃除してるヤツおんのか??

 

船底掃除お手伝い随時募集しています!割引とか何もありませんけど。。。

 

 

 

コーラルガーデン

 

Iakwe!

 

チャーターボート(サンゴ調査)8日目。

 

ようやくようやく落ち着いてきました。早朝はちょいと吹いていましたが出港時間と共に穏やかな快晴に変わり夕方にはベタ凪です。

 

日はメインのチャネルを通りすぎ更に奥へと。どちらにしても北に面したラグーンギリギリのリーフ 二ヶ所がターゲット。

 

船上からも様々なサンゴの様子がすぐに分かりました。この辺りは一面そんな感じなのですが、サンゴのコンディションは70%が生きています。それくらい他に比べて藻の付着が少なく普段は荒れやすい場所ということもあるのでしょうか。

 

まさにコーラルガーデンの名に相応しいエリアです。

 

どちちらにしても一ヶ所で多くの種類のサンゴがあり健康なコンディションを保っているのはマジュロでも珍しい。

 

興味のある方はリクエストしてくだいね~ アルノ環礁よりも断然遠いのでもちろんチャージは発生しますけど。

 

行きはちょうど1時間で到着。2ダイブ後も時間が早いので小島と向かいのサンゴエリアでシュノーケリング。やっぱり専門家だけあって少しのシュノーケリングタイムもじーっくりと調査。ほんま流石です、わーキレイ~~だけじゃないというか。

 

好きだな~ そういう突っ込んだ視点。きっとどこに行かれても良いところを吸収出来るメンバーですね、同じ海に接しても人それぞれ感想が違うように。

 

例えば今迄1000の海(国やエリア)を見たからといって 「目が肥えている」 イコール ではないと思うんですよね。分かるかな・・・言いたい事。。。

 

明日以降まだまだ凪そうなので最高の調査ダイビングになるかと思いますがどこかのタイミングで一緒に潜ろうと企んでいます。サンゴで言えばアルノ環礁よりも断然マジュロ環礁だし、アルノの透明感も捨てがたい。

 

一応充電しとこ。。。

 

今日のリーはアオチビキ一匹・・・・

 

 

 

タンクのエア漏れ

 

Iakwe!

 

本日は陸日。

 

ダイビングで使うタンクにレギをセットしてバルブを開けた時にタンク側のOリングの劣化により たまに空気の漏れがあることありますよね。

 

小さく “ツぅ~~” って。

 

こんなのひと呼吸にも満たないくらいのエアの漏れなんです。このせいでエアの減りが早かったなんて事はありません。もちろん “ブッシュー ブワァー” と漏れてりゃちょいと厄介だし、厄介どころか要交換。写真とかでダイバーの写りや、単に気分的にもイヤかもですが多少ならダイビング自体には全く支障ありませんので気にしなくって大丈夫です。

ダイビングに支障がありOリング交換が必要な時にはその音ですぐに分かるのでお任せください。

 

たまに外国人に言われます。エア漏れしてたからエアがすぐになくなってダイビング時間が短かった~ って・・・。 

 

ちゃうちゃうちゃうちゃう それちゃうでぇー

 

その先は反論しませんけどwww

 

話は変わりますがレンタルマスクから水が入ってくるー!とかね。そりゃ、シリコンがひっくり返ってりゃ~密着しませんよね~ 何使っても水が入るでしょう。

 

あとこんなのありません?BCへの自動吸気。

何も触ってないのに勝手にBC内に空気が入ってくるという。その場合はインフレーターホースを抜きましょう。そして再度差し込んだらクリアになる場合があります。(パワーインフレーター内部の潮がみが原因です)

ただ急に入ってきたらパニクるというかどうしていいか分からないダイバーが多い。そのまままだ自動吸気するようなら抜きっ放しで必要な時にオーラルにて吹き込む事も出来ます。そんなのも覚えていると便利です。

 

抜き入れ作業が頻繁で完全にBC内のエアがないとコントロール不可の場合なら完全に適正ウェイトを見直すべきですね。

 

器材に大きく依存するダイビングってイヤですよね~ ほんま まいっちゃう。

 

最低限の安全は確保してご提供していますのでご安心くださいませ。

 

ですがそれらを扱うスキルは各自持ちましょう。これはご自分の器材でもレンタルでも同じ事。

 

こんな時ってどうすればいいの?という疑問がある方はご遠慮なく質問してくださいね。

 

講習では習わなかった実践のコツを交えお伝えしたいと思います。

 

ではまた明日。

 

 

 

近場調査

 

Iakwe!

 

チャーターボート(サンゴ調査)7日目。

 

今日はラグーン内の近場で調査するようです。今までが怒涛の遠方だったのでとても新鮮?な感じ。到着はもちろん早い。。。

 

僕にとってはとても見慣れた景色ですが、皆さんにとっては初めての場所なのでここでも新鮮には変わりありませんがさすがに視点が違う。

 

藻に関してもそうですが、サンゴの違いや貝の有無大きさなどにも興味を持ちながら潜ってたようで、観点が違うというか同じような場所にみえてもその辺の捉え方は流石といった感じ。

 

この中の若い子誰かうちでファンダイビングのガイドしてくれないかな~・・・

 

いつもは1時間以上航行してからのダイビングですが、今日は約15分くらいで到着してるので、休息は近くのアネモネ島で少々遊んで頂きました。水中に沈んだ DC-3(飛行機) や UH-1(ヘリ) をシュノーケリングでご覧頂き大興奮後に飛び込み大会?へと。。。最初は陸に上がって・・なんて言ってましたけどアッという間にいい時間。

 

休息中陸でボ~・・ もいいけど、そりゃこっちの方が楽しいでしょうね~ 順番に何枚撮ったことか・・・(笑) みんなの若さを感じました。。。

 

とある話。水産資源の機関に、すべての調査ダイビングが終了した後に1、2日で講習を無料で開催してあげるというと土日は嫌らしい。その上実際に海へ出たりしないで室内だけでやりたいと逆リクエストがあったと。どんだけ怠けスタイルやねんッ マー人!ご好意で言ってもらってるのにね~・・・ でもって彼らが土日は嫌だからチャーター日を・・・って、、、 わたしゃ~ 変更いたしませんッ!

 

ほんまちょいとしたところでマー人のダラダラ具合がこちらの予定にも影響しかねないという・・・

 

変わる必要性もないんでしょうけど、なんだか切ないというのか、情けないというのか、もうどうでもいいというのか、ちゃんとしようよ マー人。

 

さてそんなマー人に関しては今更って感じなのでおいといて、今日と明日は風がちょいとある感じ。そして明後日からは10kts以下という期待大のコンディションが続きそうです。

 

何度も言ってますが今年の6月はツルピカベタ凪がまだ来ない・・・

 

凪いだらカメラを持ち出そう~

 

 

 

マジュロラグーン最北端

 

Iakwe!

 

チャーターボート(サンゴ調査)6日目。

 

本日はマジュロ環礁のラグーンで最も最北端(一番遠い)まで。

 

ようやく風が落ち着いてきました。これから更に落ち着きそうなのでこのままスムーズにマジュロを完了させアルノへ突入したいと思います。穏やかな日に予定しているエリアがあと3日間、残りはある程度の天候でも行けると想定しているので今週末前後にググっ!っと攻めたいと思います。

 

出港するホテルの場所がマジュロ環礁の最東端ラグーンだとするとまさに真逆のぶち当たるところと言ったら分かりやすいでしょうか・・。

 

どちらにしてもひたすらラグーン内を突っ走ります。距離約37km、時間は片道往復共に1時間20分。

 

ここまでくれば内海とはいえ透視透明度は抜群! 船上から透き通った水を見てると入りたくなってしまうのです。入りませんけど。。。

 

最近はいかに濡れずに戻れるかというのに挑戦しています(笑) どんなクルー・・・

 

西に面するリーフ沿いのサンゴエリアをダイバーが潜ってる最中、僕もちょいと中を覗きましたがとってもクリア。サンゴは特別変わった感じではないので僕の調査は終了。しかも水面にマスクを浮かべて船上から乗り出して全く濡れず見ただけ・・・・

 

でもってちょいと休息後には近くにあるB-24をご紹介しました。やっぱり皆さんテンション上がりまくり~ そりゃそうでしょうね~ ここ数日間刺激的なダイビングって感じではなかったし、予定してた場所の近くにこんなのあるなんて知らなかったみたいだし。

 

もっと遊ばせてあげたかったけどまだ2ndダイブもあるし、戻りも時間が掛かるので約10分でWWII戦績巡り終了~

 

B-24 情報はこちらをご覧くださいね。

 

でもって2ndダイブのエリアはロンロン島向かいの広いリーフ。ここはなんだか不思議な感じで透明度はもちろんの事サンゴもなかなかサメも多くって感じですが、一面ドッカーンっとサンゴ!ってわけではないのでちょいと遊ぶならいいかなという雰囲気です。

 

どちらにしても遠過ぎるので通常のファンダイビングやシュノーケリングでは来ることはありませんけど、まだまだ見てないとこ多いなぁ~と感じます。

 

夕方には風が南東に変わりましたが朝と同様に穏やかな一日でした。

 

ではまた明日。

 

 

 

マジュロ最北端

 

Iakwe!

 

チャーターボート(サンゴ調査)5日目。

 

マジュロ最北端約40kmを突っ走ってきました。分かりやすく言うとアルノ環礁往復です。

 

風は10kts前後で曇り。カロリン島を横切り外洋へ出て目的地のロンロン島方面へ向かいます。外洋ばかりを走るローラの外洋側より15分も早く到着しましたがここはマジュロの中でも一番遠いところ。

 

リストの中ではここが一番ネックだったのでホッとしています。遠いし普段はカロリン島から北東の風がもろ当たりの外洋となるので穏やかな今日こそって感じです。6月にしてはおかしいちょいと吹き続けている風ですが今日にしても一日中凪いでるであろう訳もなく昼過ぎまでが勝負。

 

2ダイブ中、東には怪しい影が・・・ 早く移動しないと・・・ と言っても向かうのは東・・・

 

ダイバーをピックアップ後はチャネル方向へ即向かいますが、ここら辺って少しリーフの切れ目がありロータイドでも一部ラグーンへ入れる場所があるんです。失敗すると乗り上げちゃいますが(笑) そこだけリーフが繋がっていないので白波が立たず外洋とラグーンがフラットで繋がっているのが分かります。

 

そこを通ればベタ凪のラグーン内を突っ走るのみ。この辺りはところどころにサンゴの山があるので気をつけながら真っ直ぐに戻りたいところですが、波がおかしい・・・・ 向かってるのどっち??と確認すると風が南東に変わっています。ということで南(空港側)のラグーン内はベタ凪です。そこへ向かってひとまず走りそこからホテルまではこれまたベタ凪~

 

港へ着く頃には完全に南風。タンクやガスの作業が終わった後には西の風に大変わり。

 

行きも戻りも約1時間15分は遠出にしては上出来です。時間短縮よりも極力快適重視走行なのでそんなにぶっ飛ばしてはいないんですけどやっぱりラグーン内をメインで走ると大きく違いが出ます。

 

本当にタイミングの良かった一日となりました。

 

本日も任務完了!

 

 

 

ファンダイビング

 

Iakwe!

 

なんだか久しぶり?でもないけど新鮮に感じたファンダイビング。

 

今日もビケンドリック島へピックアップ後のダイビングです。まだ宿泊はされてますが、こちらがまた明日からチャーターボートが続くためお受け出来ないので本日が最終ダイビング。申し訳ないですm(_ _)m

 

外国人ですがみんなカラフルな魚やゆ~っくりとしたダイビングがお好き。乗船するとすぐに先日潜った「Boklap行く?」ってなかなか通ですね~ ある子をまた撮りたかったご様子。

 

今日は 「Kolalen-Inside」 と 「Eternal-eden」 ですが、どちらも反応が激しすぎていろんな意味で楽しくご一緒させていただきました。ハワイからのダイバーもこれはなんていう魚?ハワイにはこの種は居ないわぁ~とか。

サメ、バラクーダ、マンタとかっていつもじゃなくても結構どこでも見れると思うんですけどマクロ種ってそこにしかいないってのがあるので面白い。

そういった感性で潜られてる外国人もちょいちょいいらっしゃり良く船上で盛り上がってます。

 

さてまた明日からチャーターボート。風が収まったらどーんと遠出します。

 

 

 

ローラ最北端

 

Iakwe!

 

チャーターボート(サンゴ調査)4日目

 

今日はローラの最北端まで突っ走りました。昨日よりも更に遠いです。

 

橋をくぐって外洋を走るには最終地点に近いですね、それ以上になるとカロリン島から回った方が距離的に近くなります。

 

ラッキーな事に昨日よりも若干波はおさまっており行きも帰りもちょうど1時間半。それでも結構走ってますよね。

 

今日もイルカの群れに出会うも遊んではくれずにすぐに消え・・・

 

目的地はローラビーチの更に奥といった感じでしょうか。今日は土曜日という事もありBBQの準備なのか煙が外洋からも見えました。正直外洋からローラビーチを見る事ってなかなかないので何だか不思議な感じ。

 

さて、ここ辺りのエリアからロンロン島にかけての外洋のサンゴはアルノ環礁に良く似ています。僕もずいぶん前に潜りましたが、今は大部分が藻に覆われているようです。ん~・・ 残念ですね。ここから数分離れた場所とで2ダイブ。

 

戻りもそこまで荒れてはなかったのでまぁまぁ思ってたよりはスイスイと戻ってこれましたが、足と腰が痛い・・・ 立ちんぼ操船はじじぃには効き過ぎます。。。

 

港へ戻ると生徒さん達が自動的にタンクを駐車場近くまで運んでくれてます。なんと・・・ おっさんとリーは嬉しくて嬉しくて。。。

 

いっぱい写真を撮ってあげて最終日にあげましょう。船上からがほとんどですが、どこかのタイミングで水中も撮ってあげたいなぁ~ なんて考えてます。

 

明日は休息日という事でファンダイビングへ。テラス集合後にまたまーたビケンドリック島へピックアップダイビングです。

 

ちなみに今日のリーはシロブチハタ1匹・・・・・・・

 

 

 

 

ウォジャ&アジャルタケ

 

Iakwe!

 

チャーターボート(サンゴ調査)3日目。

 

今日は晴れて良かった~ 僕は潜りませんけど雨降ると船上でダイバー待つのがちょいと・・・

 

風はまぁ~・・・って感じでしょうか。橋をくぐり外洋からローラの手前ウォジャに向かって走ります。何度かイルカの群れにも遭遇しましたがシャイなご様子。こちらもひとまず目的地までは寄り道しません。。。

 

追い風(波)なので行きはスムーズなんですけど、戻りがねぇ~・・・ そんなの知ったこっちゃねーハイテンションの皆さんですが笑顔が一番!

 

今までが藻だらけ+濁りがあったダイビングだっただけに今日は格別に感じたことでしょう。やっぱり色味が違いますからね~ 棚上で動かずに調査されてたので2ダイブ共に1時間近くのボトムタイム。

餌はなし。リーと2人。何せーっちゅうねん。。。

 

かと言って 一緒に潜る?と聞かれきゃ100%潜りませんけど。。。

 

明日穏やかならここから更にローラの北端へ向かいます。と言ってもB-24より近いんですけどね。

 

最近僕とリーの中ではちょっとしたマジュロ周遊ツアーみたいになってます(笑)

 

 

 

error: Content is protected !!