ご利用は計画的に

 

Iakwe!

 

Raycrewではお受けする事が不可能な日程をウェブサイトにて記載しております。

 

こちら⇒ Schedule

 

そこへ記載していない日程でも、そのくらいの時期には・・というまだ未決定の予定もありますので是非お問い合わせ頂ければと思います。(双方予定を現在調整中など)

 

まぁ、とりあえず現地へ行ってみたらどうにかなるっしょ~・・ と思われる方も多いかと思いますが・・・ 

 

どうにもなりません。。。

 

例えば、帰国、他の環礁へ、貸切、定員オーバー、諸事情などによりお店をクローズまたはお断りする事となってしまいます。

 

遠路遥々マーシャル諸島へお越しなので、その日最良のポイントへお連れしたいという気持ちには変わりありませんので、是非こちらもご参考の上、ご予定をお立て頂ければと思います。

 

せっかくのマジュロご滞在で数日間あるのに、離島へピクニック(エネコ島)へ行くだけではちょいと物足りないかも。数日間のうち一日は是非行ってのんびりして頂きたいですけどね、個人的にも大好きです。ですがサンゴのゴージャスさ、透明度、魚に関しては更にボートで走り人がいない場所や人が集まらないところへ行かないとご覧頂けません。

 

海に関して当店が受け入れ不可能な場合、RREのエネコ島、または個人的にどこかのボートをチャーターするしか方法がなくなってしまいます。

こういった場合 「それなら他のダイブショップを紹介して欲しい」 と言われる事もありますがこれまた残念ながら他にはありません。ダイブショップどころかツーリストさん達をボートでお連れする専門のお店や会社がないのです。。

もちろんチャーターボートをされればどこへでも自由に行けますが、ローカルと言えど、今どこのサンゴが生きていて深度的にも水中光景も最良な場所ってのを知らないのが現状でして・・そりゃそうですよね、普段ローカル人が綺麗なところ見に行こうかな~ 撮影したいな~ ちょっとマスクつけて水中確認しておこうかな なんてありませんからね。。。

 

先日観光に関してもちょいと書きましたが、こんな感じのマーシャル諸島なのです。

その日の天候に関しては仕方ありませんが、海しかないマーシャル諸島を存分に楽しんで頂きたいと思っています。

 

さてさて話は変わり、2018年の一年間で海ツアーにご参加された方々を国別で見てみました。(マジュロ在住者はカウントしていません)

 

1位はアメリカ本土、2位は日本、3位はオーストラリア でした。あとは少数でニュージーランド、カナダ、フランス、マルタ共和国、ブラジルなどなど。マジュロ在住の台湾人さん達とも良く潜りましたがここではカウントしていません。

 

そしてここに来られる外国人から良く 日本へ行ったことがある と言う方がいらっしゃいますが、ダントツで耳にするのが「京都」。 「東京」はもちろんですけど。スキー、スノボをする方からはやっぱり「北海道」、海好きは「沖縄」という地名も出てきます。外国人からすると日本ってとーっても魅力的なところなようです。

 

先日、ポーランドからお越しのダイバーさんからは、「ラーメンは一蘭か一風堂が好き」なんて言葉も。「KAEDAMA~」なんてのも言っててウケました。「替玉」って言葉すら忘れてましたからね・・・

 

ここにいるとほんとに日本って綺麗(クリーン)で便利で山も川も湖も海も何もかもが揃っている素敵なところだと再認識します。

 

日本にいると外(海外)へ飛び出したくなるもんですけどね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!