マーシャル諸島のヤシガニ

 

Iakwe!

 

ヤシガニをいただきました。

 

首都マジュロにはほとんどいませんが、以前Raycrewのテラスに小型のヤシガニがいた事があります、もちろん食べちゃいましたけど。

 

頂いたこちらは大きさも程よく、他の環礁から届いたというもの。

 

とにかく力が凄い。ハサミ部分に指なんて入れた日にゃぁ~・・・ 動きは遅いですが、かなりの腕力なのです。

 

こちらは茹でてからカニやロブスターのように殻を割って身を食べますが、美味い!!!の一言。

 

むか~し、沖縄の離島で食べた時は、一回食べたからもういいや~ と思ってましたが、またイメージが変わりました、今回ので。

 

さて、茹でると言ってもそのまま寸胴へ入れても這い上がろうとする為に、大きなハサミを外へ出そうと必死!

そこで腕などが広がらないようにタコ糸で縛り丸い感じで固定します。それでも熱を感じると腕を出そうとしズレてしまうんですよね、やっぱり亀甲縛りがイイのでしょうか(笑)。。。

 

結局は大人しくそのままの姿でいてくれました。

 

カニなどと同様に茹でた後は赤くなりますが、その殻の硬い事・・・ 歯なんて使うと一瞬で総入れ歯になりそうな硬さ・・・ 

食べる事が目的なのでプライヤを使い、バッキバキと割っていきます。後は中の身を食べるのみ。

 

こういった甲殻類って当たりハズレあると思いますが、頂いたこの子は身がびっしり。お腹のミソは若干苦味がありますが美味しいですよ~

 

去年末にポンペイから多く買い込んだマングローブガニを頂いた時なんて中はスッカスカ・・・身自体は超ソフトで美味しいけど、、身がない。。それも個体差でしょうね。

実際以前にポンペイに行った時に頂きましたが3名中2名のはすっからかんでしたから(笑)

 

たまに食べる珍しいものはここにいても同じで、有り難いご馳走なのです。

 

またお待ちしておりますm(_ _)m

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!