水中ハウジング塗装と組立

マーシャル諸島

エポキシ塗料で赤から黒へ変更してみました。Oリング周辺は触りたくないので赤のまま。どうせ取れちゃうと思うんですけどね、これ。

油分を取り除く為に、アセトンを含ませた布でサッとしただけで元の赤が全部取れちゃうくらいに。アセトンって強力なのです。

けど、一応保険にそのまま赤はおいておきました。黒は外側の膜って感じでしょうかね。だって僕が赤のハウジング持ってたら気持ち悪いでしょ?

パーツも外してたし、しっかりとマスキングはしてたので一応はキレイに出来ました。

でもって、掃除をしながら各パーツを元の位置へ全て取り付けていきます。ぴったりと合うと気持ちがいい、合わないと問題ですけど・・・

実際にカメラ本体も装着して、On・Off、ストロボの開閉、シャッターレバー、絞りなど動作確認をし元の正常な位置で締め付けます。ぴったりって気持ちいい~

まだこれから最終の作業がありますが、それらはいつでも出来るので一先ずは完了。Oリングとパッチン錠は最後ですね。

見えない内部もキレイになったし、どうにかグリップもあるから残すはキレイな画像を収めるのみ!

撮りたいものも沢山あります。最近撮ってないだけに・・・

ちなみに、、、 6半ウェットがボロボロになり、レンタルの3mm2枚重ねも必要な人がいると着れなく、考えた挙句、、、

7mm のフルスーツをポチりました~!

日本ではあまり馴染みのない”7mm”ですけど、海外では普通に出回ってます。でもって8mmってのもあります。どうせなら2cmとかないのかな~ そこまでするならドライか・・・

ちょいウェイトが増えそうですけど極寒から脱出出来そうです。よっしゃー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました