レンブ/ジャワフトモモ【ピンクの不思議な南国のフルーツ】

レンブ/ジャワフトモモ【ピンクの不思議な南国のフルーツ】

ここマーシャル諸島に来た当初、初めて食べたこのフルーツ。マジュロでもあるところにはあるのですがどちらかというと稀少。

スポンサーリンク

レンブ / 蓮霧

  • 属:フトモモ
  • 種:ジャワフトモモ
  • 学名:Syzygium samarangense
  • 和名:ジャワフトモモ(ジャワ蒲桃)、レンブ(蓮霧)
  • 英名:Wax Apple(ワックスアップル)

英名やニックネームは各地によって様々で多くの呼ばれ方があるようです。

  • ウォーターアップル
  • ローズアップル
  • マウンテンアップル
  • マーシャル諸島では「アップルスター」や「アップル from ポナペ」と呼ばれています。マジュロでは稀少なため、呼び方も適当なようです。

これを口頭で説明するのが難しい。

食べるシャキシャキしててそんなに甘くもなくそこまで酸っぱくもなく、美味いっちゃ美味くてこんなサイズで色は薄いピンクだけで一部白っぽい・・・

全く伝わらない・・・

スポンサーリンク

レンブの生息地域

マレーシア諸島、インドネシア、フィリピン、ハワイ、台湾、沖縄などや、ミクロネシア地域にも分布しています。

ミクロネシア地域でも普通にありますが、マーシャル諸島では少ない印象です。 確かにマーシャルには少なく、車が走る道端に落ちているようなことはありません。以前ミクロネシアのポナペの道端で 無造作に落ちているのを見掛けましたが誰も拾ったり食べたりせず、豚のエサにすると聞いたことがあります。以前マジュロで数回スーパーマーケットで販売されているのを見ましたが・・・

レンブの食感と味

皮は向かずそのまま食べます。そもそも皮らしいものがない。

シャキシャキっとした歯ごたえで味はリンゴと梨を足してもう少しスカスカにしたような感じ。薄い甘酸っぱさがあります。

個人的な感想としては、クセになる食感と味で、あれば好んで食べますが、買ってまでは・・・という感じでしょうか。

東南アジアで食されているだけあって食べ方は様々。 乾燥させた葉をお茶にしたり、砂糖漬け、ドライフルーツにするようです。

レンブの効果と効能

レンブには細胞を若々しく保つ効果があるらしく、老化を起こし壊れていく細胞の損傷を遅らせる働きがあるらしい。これを聞くと結構な勢いで皆さん飛びつくのでは?(笑)

これから更に研究され様々なシーンで登場するば面白い食材として有名になりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました