強力水中三脚

マーシャル諸島

満月の月夜に照らされる水中サンゴを撮影する為に作成しました。

と言っても、何年も前になりますが。。。

なんと言っても陸上と同じようにある程度の露光時間が必要となるので揺れは避けなければなりません、満月とはいえ水中。

そこで考えたのが絶対に動かない三脚。簡単に言えば、市販されている水中三脚のゴツイ版で、

全てを「太く分厚く広くシンプル」に! ですが、

「そこまで重くはないけど絶対にマイナス浮力」が前提です。

最初に思い浮かんだのは建築や土木のレベルを見る三脚または小型のアルミ脚立を改造。脚立の幅を固定しているバーを取り除き、最上段にハウジング固定用の穴を空けボルトで固定、足の先は砂地にグッと埋まるようカットする。ですがこれでは角度と動きにかなりの制限が出てしまう。。。という訳で作る事に・・・。 

材料

・台座用の丈夫な板(厚さ 5/8″ )

・アルミのパイプ(2″φ 1/8″t)

・アルミのアングル(2″×2″×1/8t)

・SUSボルト

・SUSロックナット

・SUSワッシャー

・テフロンワッシャー

・SUSスクリューネジ

・SUSフックボルト

・ラバーワッシャー

作業

アルミのパイプがスカスカと動くくらいの幅のチャンネルが欲しかったのですが、そんな都合良く売ってなかったのでL型のアングルを重ねコの字型に固定しチャンネル風に。必要のない角をカットし、パイプ固定用のボルト穴を空けた後、スクリューで板にしっかりと数カ所固定します。

パイプにもボルト用の穴を空け、内側には滑りが良く錆びないテフロンワッシャーを両サイドに。外側にはステンレスのワッシャーを使用。

足を自由に動かしたいのでガッチリと締め付けずにロックナットで幅を固定します。足の動きが多少緩くても砂地などにグッと固定するので全く問題ありません。

※前2本の足の取り付け角度は気を付けましょう。開いた角度によってワイドレンズの画角内に写り込まないように時折ハウジングにセットしたカメラを台座に置きファインダー内を確認しながら足の位置を決めていきます。(この時点でハウジングの位置を決めておきましょう。)

パイプの長さは撮りたい状況により変わりますが自分は決まっているのでそんなに高くはしていません。

今後長さを変えられるように変更したい場合は一回り細みの新パイプと既存パイプに数カ所穴を空け、それらを通し 重なる穴へボールロックピン等を差込み固定し 段階的に長さを調節出来るようにも可能です。ま、これは後でどうにでもなるので今回は浅場の干潮時を対象とします。

低い位置から上を見上げる様に配置したい場合には一部の足をかなり開かなくてはいけません。その時にアングル等に干渉しないようにギリギリまでパイプの角を落とし180°まで開くようにします。

これらを全て固定し強度の確認をしますがガッチリです。実際には水中で使用しないとわかりませんけどね。

水中ハウジングとの固定

すでにハウジングの位置は台座上に決めているので実際に固定出来るようにしましょう。自分のハウジングはハウジングとステーを六角穴付きボルトで固定するタイプなのですが、それらの穴は無視しステーの最低2ヶ所と固定出来るようにネジ穴を開けます。出来ればなるべく厚さがあるところを選びましょう。そこにネジ穴を施します。まずはタップよりも細めのドリルで穴を空け、その穴にタップでボルトネジと同じ形を作っていきます。この段階では使用するネジ?ボルト?は決めておかないとタップのサイズが決まりません。

僕は手でしっかりと締め付けられ、いつでも簡単に取り外せるように写真のフックボルトとワッシャーを使用しました。台座となる板にも穴を空け、このワッシャーとハウジングのステーでサンドする形ですね。

このフックボルトのネジ部が先程タップで施したステーのネジ穴に入り締め付けます。

水中や暗い場所で外してもフックボルトやワッシャーが落ちて紛失しないように、板の上側にワッシャー型ラバーをボルトに はめておくとステーとの噛み合いも良くハウジングを外しても落ちる事はありません。

さて、水中では、、、、、、

期待通り全く動く事はありません。ハウジングは台座にドン!と固定してあるし、足を砂地にグイ!っと押し込めば動く気配はなく長時間露光も安心!これでGproなんて100% 動くことはないでしょう~ 一眼でも動きませんからね。

そして一応?何かについてた小さな水平器もこちらへ取り付けましたが実際に現場で当てにした事はありません。。。

魚でもぶら下げてこのセットやGproなんかで水中動画を撮り続けたいなぁ~ 明るいうちの据え置き動画撮影ならここまでのは必要ありませんけど、ちょいとサメが触れたくらいで倒れたりしないであろう水中三脚がこの強力水中三脚なのです!

今回は簡単強力水中三脚の作り方をご紹介しました。

是非 皆さんもトライして下さいね~ 😀   って、、、 誰がすんねんッ!こんなこと・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました