麻疹予防接種証明書【制限解除30/MAR/2020】

マーシャル諸島までが要注意!?【麻疹予防接種証明書】

※ 入国における制限が解除されました。よって、入国に際し証明書等は必要ありません。30/Mar/2020

スポンサーリンク

日本と外国の違い

そもそも日本と外国では接種出来るワクチンが違う??

MMR【 三種混合ワクチン 】

麻疹+風疹+ムンプス(おたふくかぜ) の予防接種を【MMRワクチン】といい、日本以外の海外20ヶ国以上で承認されており定期接種として普通に使用されているとのこと。

・麻疹(はしか) Measles
・風疹(ふうしん)Rubella
・ムンプス(おたふくかぜ)Mumps

MR【 麻疹・風疹混合ワクチン 】

日本では大人のワクチン接種は海外のように十分定着しておらず、ワクチン後進国でありワクチンによる予防と言う点では他の先進国から大きく遅れているそう。MRワクチンを使用しているのは日本だけなので国産の製品しかないらしい。

既に麻疹、風疹、ムンプス(おたふくかぜ)に免疫が有る方が、MRワクチン又はMMRを受けても、麻疹、風疹、ムンプス(おたふくかぜ)の免疫が更に上がるだけで、特に身体的な問題はないらしい。
スポンサーリンク

ユナイテッド航空次第?

さて、日本と外国の違いをご紹介しましたが、それを言いたいわけではなく・・・

心の優しい方からある情報を頂きました。ありがとうございます。

ホノルルのユナイテッド航空カウンターにて「MRワクチン接種証明書」ではなく「MMRワクチン接種証明書」しか許可(搭乗)できない。

ということで実際に搭乗出来なかったらしい。

ですがそもそもMRにしてもMMRにしても「麻疹」に関してはカバーされているはずでは・・・?

確かに前述のように、海外では【MMR】という単語で取り扱われているため、日本の【MR】って何ですか?となるそうです。

では、風疹を抜いた単に【Measles vaccination certificate / 麻疹予防接種証明書】なら?

これで搭乗及び入国が出来なかったということは聞いたことがありません。

「MR」ではなく「MMR」でもなく、【 Measles vaccination certificate 】なら理解してもらえる。ということでしょうか・・・ どちらにしても「麻疹の予防接種含まれてますよ~」と言いたいところですね。

Measles / はしか 】という文字 =【MMR】と外国人には理解される?けど、日本独自の【MR】は、なんですか それ?となる。らしい・・・

最近までの事例

・タイトルは英語だが、それ以外は日本語の書面で通過。

・母子手帳で通過

・MRワクチン接種証明書では却下

などを確認出来ています。

この他にもお聞きしたらこのページをリライトしていきたいと思います。

一番理想なのは、求められている書式を必要としている国から準備してもらい、各機関が共通の書式の証明書を確認出来ることだと思います。なぜ無いのか・・不思議です。

今なんて、何語なのか分からない、見た目もバラバラ、MRなのかMMRなのかMIRなのか、、、最後のはホテルMIRでした。。

はぁ~・・ しかしさすがですね。UAさん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました