フィンに気を付けよう

マーシャル諸島

皆さんフィンワークを意識しながらのダイビングやシュノーケリングってしたことありますか?

シュノーケリングは基本的に水面にいるので余程浅くない限り水中物との接触はありませんが、スキューバダイビングでは限りなく近寄る事が可能です。

腕や、顔付近は最も注意が行きやすく気を付ける方が多いですが、フィンの先はどうでしょう。

普段中性浮力を保ちながらダイビング出来るけど、意識がふと回遊魚などにいくと全くノーマークになってはいないでしょうか。

特にカメラをされている方はフィンの先まで意識されていない方を良く見掛けます。

ボキッ!っとエダサンゴやテーブルサンゴの端を蹴飛ばすという。。

一度当たるだけならまだ、、、、

そこで足(フィン)を動かしながら写真を撮ってると絶対に意識は足元のサンゴになんていっていないでしょう。

結果、、、、 ボッキボキのバッキバキ・・・

そんなのをよーく見掛けます。

En前にお伝えしても水中に入りカメラ構えると忘れちゃうのかな・・・

悲しい話です。

そしてこれもあるあるですが、

砂地ポイントで、泳いで来てそのまま撮影をしようとカメラを構え撮るのが先になっちゃう方。

あと数十cmで完全に足が着くのに、そこでフィンをバタバタしてその周りだけ白煙。

まずはですね~・・・

着底出来るかどうかを確認して落ち着きましょう。

それからカメラを構えましょう~

そうすると更に素敵な写真が撮れるのではないでしょうか。。。

少しの意識で、水中環境にも撮影画像にもいい結果が出ますよ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました