リーフ座礁エリア調査ダイビングDay1

 

Iakwe!

 

本日も穏やかな天候ですが、チャネル付近はベタ凪とまではいかずも比較的穏やか。

 

チャネルのさらに先のバードアイランド付近で調査ダイビングです。

 

先日も書いたように写真のような大型漁船がリーフに乗り上げた後の損傷エリアでの測定や撮影がメインです。

 

このようなお仕事依頼お待ちしております!

 

この時は沖でエンジンが停止しそのまま波と共に乗り上げたのですが、損傷エリアは深度4m~6mくらい。範囲は結構広いですが、GPSのポイントによりエリアの4隅にウェイトからラインで結んだブイを浮かべて位置を確定。

 

その後そのエリア内のダメージを撮影、巻尺を張り計測していきますがうねりがあり少々体をもっていかれます。

 

その周辺には船底のキール部分であろう大きく長いパーツが。約70~80cmの幅で約20mの長さくらいの大きな板状のものが3ヶ所。その周りにもところどころ大小様々なパーツが散らばってました。鉛集めたかったなぁ~・・・

 

写真左はロンロン島近くの外洋のリーフに座礁したままの古い漁船。かなり朽ち果てていますが何年前かは不明です。

 

オブザーバーとして一緒に来た環境庁の2人はもちろん喋って飲んで食べてるだけですが、予定通り?たくさんの差し入れを持って来てくれました(笑) 昨日から電話で大笑いしながらランチの作戦を練りましたからね(笑)

 

しかもいちいちクーラーボックスにアイス詰めて・・・ ピクニックかッ

 

明日も引き続きいってきますが、うねりが心配です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!