マジュロラグーン最北端

マーシャル諸島

チャーターボート(サンゴ調査)6日目。

本日はマジュロ環礁のラグーンで最も最北端(一番遠い)まで。

ようやく風が落ち着いてきました。これから更に落ち着きそうなのでこのままスムーズにマジュロを完了させアルノへ突入したいと思います。穏やかな日に予定しているエリアがあと3日間、残りはある程度の天候でも行けると想定しているので今週末前後にググっ!っと攻めたいと思います。

出港するホテルの場所がマジュロ環礁の最東端ラグーンだとするとまさに真逆のぶち当たるところと言ったら分かりやすいでしょうか・・。

どちらにしてもひたすらラグーン内を突っ走ります。距離約37km、時間は片道往復共に1時間20分。

ここまでくれば内海とはいえ透視透明度は抜群! 船上から透き通った水を見てると入りたくなってしまうのです。入りませんけど。。。

最近はいかに濡れずに戻れるかというのに挑戦しています(笑) どんなクルー・・・

西に面するリーフ沿いのサンゴエリアをダイバーが潜ってる最中、僕もちょいと中を覗きましたがとってもクリア。サンゴは特別変わった感じではないので僕の調査は終了。しかも水面にマスクを浮かべて船上から乗り出して全く濡れず見ただけ・・・・

でもってちょいと休息後には近くにあるB-24をご紹介しました。やっぱり皆さんテンション上がりまくり~ そりゃそうでしょうね~ ここ数日間刺激的なダイビングって感じではなかったし、予定してた場所の近くにこんなのあるなんて知らなかったみたいだし。

もっと遊ばせてあげたかったけどまだ2ndダイブもあるし、戻りも時間が掛かるので約10分でWWII戦績巡り終了~

B-24 情報はこちらをご覧くださいね。

でもって2ndダイブのエリアはロンロン島向かいの広いリーフ。ここはなんだか不思議な感じで透明度はもちろんの事サンゴもなかなかサメも多くって感じですが、一面ドッカーンっとサンゴ!ってわけではないのでちょいと遊ぶならいいかなという雰囲気です。

どちらにしても遠過ぎるので通常のファンダイビングやシュノーケリングでは来ることはありませんけど、まだまだ見てないとこ多いなぁ~と感じます。

夕方には風が南東に変わりましたが朝と同様に穏やかな一日でした。

ではまた明日。

コメント

タイトルとURLをコピーしました