マジュロ マジュロ

 

Iakwe!

 

「MajuroMajuro」 というダイブサイトをちょいとご紹介します。

 

ここはカロリン島のチャネルに面したサンゴの森と運が良ければ回遊魚にも出会えるポイントなのですが、慣れたシュノーケラーにとっても最適なのです。

 

島の端ギリギリの外洋からコーナー、そして中に入る感じで流していきますが、基本的には上げ潮で入ります。理由は下げ潮時は砂が舞ってしまいせっかくの景観が台無しになってしまいます。

 

上げ潮だからといっていつでも入れる訳ではなく、リーフ近くにうねりがある場合には、島から砂を持ってくるかのように濁り掛かってしまうので要注意。そんな時には残念ですが、ダイビングでもシュノーケリングでも使う事はありません。

 

まずは、棚上からエントリーし、眼下に広がるテーブルとエダサンゴを楽しみます。どうしてもドロップ側へ行きたがる人達もいますが、焦らなくても後で行きます(笑)まずはここを十分吸収しましょう。だってここはここしかない景観という事を知っていますから。。。ある程度進むと大きなサンゴの壁にあたりここからドロップのエッジを流します。もちろんここもサンゴだらけ。色も豊富です。

今迄ここで出会ったことのある回遊魚系は、マンタ(ブラック、ホワイト)、ハンマーヘッドシャーク、ホワイトチップ、シルバーチップ、ブラックチップ、グレイリーフ、ナポレオン、イソマグロ、マダラトビエイといったところでしょうか。決して大物回遊魚ポイントではないですが、なかなかでしょ?

 

さて、ここからはサンゴとともに回遊魚に期待しつつコーナーへ向かっていきますが、潮が難しいのでガイドと同じ動きを心掛けましょう。潮のまま体を委ねるとすぐに内側へ入っていってしまいます。それは危険ではなくどちらかというと安全な内側(島寄り)へ行くので問題ありませんが、出来れば若干焦らします。潮に向かうというよりそのままを維持しさらに進んで行くと大物に出会う確率大!かも?なのです。

そして、ここからは大きな分かれ道!!!?

 

そのまま潮を横切りながらいくと 「Aquarium-Outside」 へ突入出来ちゃうのです。が、ここではそのままMajuroMajuroでいきましょう。。。

 

今までの動きとは別に若干戻り気味に行くと眼下一面がエダサンゴエリアに突入します。そのエリアの回りにはテーブルサンゴも広がり一面サンゴのイメージにはぴったりでしょう。

 

そのまま潮とともに進んでいくと最後は島沿いに到着し流れもなくなります。島沿い=浅場までサンゴがあるのでゆ~っくりと安全停止も出来ちゃいますね。

 

シュノーケラーの場合もほぼ同様ですが、コーナー付近の動きは異なりそのまま島沿いを進みます。コーナー付近は深度が15m前後はあるのでダイバー向きですね。

 

この過程の中でクマノミはもちろん、ヤッコ、テングカワハギやカエルウオなどのマクロ種にも出会え、深度をとれば、タイニーダート、ニラミハナダイ、ヘルフリッチもスタンバイしています。いやぁ~ 興奮しちゃいますね~

 

でもってダイバー的には最後の最後に海ウチワも登場するコースも可能です!

 

ここも天候と潮によって行ける行けないが決まります。

そして、エントリーに自信のない方(とりあえずそのまま着底しないと落ち着かないなど)、無意識でも何気にフィンでサンゴを蹴ってしまうダイバーは、ここの状態を極力キープしたいのでご遠慮頂いております。ご了承くださいませ。

 

 

そんなこんなのマジュロマジュロでした。

 

 

 

原始的なサンゴ

 

Iakwe!

 

最近水中情報をアップしていませんでしたが、数日間に渡り、ハンマーヘッドが登場しています。

 

最初は外国人ダイバーとのMajuro Majuroの棚のエッジ付近をゆ~っくりと大きな姿で登場しトレードマークの頭部もしっかりと見せてくれました。数名は確認出来ており大興奮、まさかハンマーって・・・みたいな。

 

次はエターナルでのテーブルサンゴをホワイトチップと流していると、中層にハッキリと認識出来る距離でのハンマーヘッド。場所を変えエターナルⅡでは小ぶりながらもマンタ。そして、また違う日にはMajuro MajuroからAquariumへ突入という変則的なコースで行くとまたまたハンマー。

 

違う日の普通のAquarium-Outでは、砂地の上中層をゆくーっくりと護衛を引き連れた少し小さなジンベイってサイズの大きなサメ。これは何か同定出来ませんでしたが、かなり大きなサイズでした。そんなの見てると、先日も大きなバラクーダを釣っちゃったし、個体が小さなバラクーダの群れやマダラトビエイ、ギンガメの群れ、イソマグロ見ても何も思わなくなっちゃうのです。。 感覚を戻さないとダイバーに感動を与えられませんね(汗)

 

さて、マーシャル諸島でもサンゴのダメージはかなり影響していますが、そんな中でもまだまだ元気なサンゴは多い。

 

例えば、大きなサンゴの根がそのままダメージなしというところもあれば、ここは元気なままだけどすぐ隣のサンゴは藻に覆われているという所が多い印象です。

 

お気に入りのMajuro MajuroのサンゴもEnからExまで全てのサンゴが生きている訳ではなく、場所によってはダメージがあるところもあり、それを省けばまだまだ健在!といったところ。浅瀬のエダサンゴの群生も変わりありません。先日も集中的に浅場を撮影してきました。

 

そして、これまたなかなか行く事のないカロリン島よりもさらに先。正直この付近もダメージはありますが、いくつもの根がある為数ヶ所をチェックと共にいいところを撮影してきました。

 

そこは普段ダイビングで使っているようなサンゴとはちょいと桁違いの原始的なサンゴの光景が広がっていました。MajuroMajuroは広いエリアで続く短いタイプのエダサンゴだとすると、ここはところどころにオブジェのように配置されたこれからもまだまだ伸び続けるであろう原始的なエダサンゴという感じでしょうか。第一印象は枝が長すぎー!です。

 

場所的にも潮がガンガンに当たるところではありませんが、この種にとってとても居心地がいいのでしょう。

 

距離でいうとアルノ環礁のArnoArnoのちょい先でしょうかね、行かれたい場合には2名以上+追加料金が発生しますがご案内致します。

 

原始的なサンゴ最近見てますか!??

 

 

ちょいと装飾

 

Iakwe!

 

別に何って装飾を意識していないレイクルーのオフィスですが、こんなのを頂きました。

と言っても写真は自分の物。

 

MIMRA(Marshall Islands Marine Resource Authority)のビルが新しく建設されているのですが、自分専用のオフィスに飾る為に数種類の写真を依頼され、写真のプリントアウトだけではなくこういったパネルにすると。

 

以前のビルにはいたるところに僕が撮った写真が大きく引き伸ばされ飾れていました。

 

今回新しいオフィスなので気合が入っているのでしょう。その延長線で?こちらの分も作成して頂きました。

 

横幅は約1500くらいでしょうか。なかなか迫力があります。

 

もちろん?ここマジュロで作成はしていません。アメリカですが、どうやって持って帰ってきたのか・・・ 全く無傷でした。。

 

そんなこんなで何となくそれなりに綺麗に見えるレイクルーのオフィスに仕上がっているのです。

 

 

 

All Micronesia Fishing Tournament 2018

Iakwe!

 

毎年恒例行事のフィッシングトーナメントで、我々も 「Team SAMURAI JAPAN」 として参加です。

 

今まではワフー、バショウカジキ、イエローフィンを釣り上げるも結果としては他のチームにウェイトが及ばず・・・といったところ。

 

さて、今年は。。。

 

大会は2日間で行われ、トータルのポイント(ウェイト)により順位が決まります。今回のチーム数は30。

 

そして対象となる狙いは、マーリン、イエローフィン、ワフー、バラクーダ、マヒマヒ。

 

各チームが使用するボートとオペレーターは大会前日にクジ引きにより決定し、この大会はこの前日から始まるのです。

 

まだ薄暗い早朝の港には各チームや関係者が集まり、続々とボートも集合してきます。ボートに乗り込み港の外側ほぼ一線上に並び無線の合図を出発OKなボートが待ちます。

 

3.2,1 GO!の合図と共にブリッジに全速力で向かい各自目的とする場所へ向かいます。この時が最高に気持ちがいい瞬間なのです。

 

さて、こちらは午前にHitし無事に船上にお越しの 41lbsのバラクーダ!

 

みるからに大きなバラクーダは水中でも滅多に出会う事がありません。しかも全くリーフがない大海原。もちろんマーリン狙いでもあったためこのクラスのバラクーダがいてもおかしくはありませんけど。長さは測っていませんが、女性の背丈は十分にあります。

 

そしてなんと!この41LBのバラクーダはこのAll Micronesia Tournamentでは新記録なのです!!!

 

NEW RECORD!!!

 

今回の大会でのバラクーダは我々の41、次が26、25・・・とダントツ!

 

ちなみに、このAll Micronesia歴代記録では「2006年の38LB Team New Zealand」で12年間破られていなかった記録を更新した事になります。

 

 

今年の全体の結果です(上位のみ)

 

■ BILLFISH (Marlin)
1st: Team Tahiti 498LBS (過去歴代最高記録 794LBS)

 

■ TUNA
1st: Team ROTA 105LBS (過去歴代最高記録136LBS)

 

■ WAHOO
1st: Team Marshalls Billfish Club 43LBS (過去歴代最高記録50LBS)

 

■ BARRACUDA
1st: Team SAMURAI JAPAN 41LBS (過去歴代最高記録38LBS) ★NEW RECORD

 

■ MAHIMAHI
1st: Team Pohnpei 9LBS (過去歴代最高記録33LBS)

 

 

とこんな感じで2位3位・・・とあるのですが、このバラクーダの記録がいつまで残るのか・・・ どちらにしても今年は素晴らしい結果に終わりました。

これらの様子は地元紙(Marshall Islands Journal)にも載ってます。

 

7時スタートで5時終了のフィッシング、その後計測やボート帰港の報告などで全ボートが港へ集合しますが、いつかは船上からはみ出るくらいのマーリンを乗っけて戻りたい!

出来るなら記録を塗り替えたい!

 

来年2019年もTEAM SAMURAI JAPANは燃え滾ります!!!

 

 

 

error: Content is protected !!