スジブチスズメダイ

 

Iakwe!

 

英名: TWOSPOT DEMOISELLE

和名: スジブチスズメダイ(写真は若魚)

学名: Chrysiptera biocellata

撮影地: マーシャル諸島・マジュロ環礁

 

今回も地味シリーズをぶち込んでみました。

 

無視され度90%の スジブチスズメダイ です。

 

全然珍しい種ではないかと思いますが、マジュロ環礁では島寄りの比較的浅いガレっぽいところにいる印象です。それにホテルMIRの船着場の真下にもいます(笑) 

ですので皆さんをお連れする事は正直少ないかと思いますが、あ~こんなのもいるんだ~くらいで見てください。

 

正直自分でもいつも無視に等しいのですが、スズメダイって撮って後から見ると新しい発見というか美しさがじわ~っとくる魚でもあると思います。

 

水中で普通に見るとドス黒い色した別に~って子もストロボの光で存在感とか特徴を発揮してくれるというか。。。

 

頬ら辺ピンク??全体的にブルーのドット??眼のラインかっけー!ヒレの柄こんな??てか柄あったん??みたいな。

 

そして厄介?なのはスズメダイも幼魚、若魚、成魚、そして生息域の環境でも色合いや微妙な模様が変わっていること。

 

?と思った時には一応撮っておいて後から見てみると面白い被写体でもあるかと思いますよ。正直そんな発見は今迄いくらでもあります。

 

そんなこんなでまだちゃんと撮れていないスズメダイも他にあるんですよね~証拠写真ばかりで・・・ とりあえずは全部キッチリとおさえたい、浅いの限定ですけど(笑)

 

そんなこんなを浅いところで撮ってるとアッという間に時間が来てしまいます。場所と種によっては1ダイブ一個体なんてザラですからね。

 

ん~ スズメダイも奥が深い・・・

 

 

 

ウミウチワと生物

 

Iakwe!

 

ワイド写真でも画になる大きなウミウチワ。 微妙に色々な色があって綺麗ですよね。

 

この写真はアルノ環礁で撮影したものですが、深度は確か30mくらいだったかと・・・ 以前はマジュロ・アルノ環礁問わずに30くらいまで深度をとると必ず見れたしそこには独特の生物も生息していました。

 

今や30くらいであったマジュロ環礁のウミウチワは枯れてなくっています。本当になくなり方が「枯れた」に等しく中心の骨格のみが残った状態もしくは全滅。どうにか見れるとしたらもっと深いところか、ダイブサイト MajuroMajuroの最後の砂地の向こう側深度20mくらいにあります。そこのはまだ生きてますがダイビングの後半だし周りに別に何もないのでダイバーとはいっていません。

 

さて、そんなウミウチワを住処とする生物の代表格といえばまずこちらの『クダゴンベ』。世界的にレア感は少ないですけど、人気といえば人気。この体の柄と色でしょうか。。。

 

これはアルノ環礁のArnoArnoの25mくらいで撮りました。もういないと思うけど・・・

 

でもって、次は 『ピグミーシーホース』。 どうですか、この絞りに絞った細っいボディ、体脂肪率一桁間違いなし。可愛い感ゼロ激痩せ色気全くなしピグミーですが、特別感は大アリなんだなぁ~

 

これはマジュロの外洋、Delapの30mにいましたが、もうそのウミウチワはありません。本当に残念ですが枯れッ枯れです。いてもちょっとイヤな深度にいるのでゲストを連れて行くのは避けちゃいますけどね、探す時間も必要だし。それでも居ると居ないのでは大きな違い。まぁ、ここで見なくても日本国内だと10mちょいでいるかな・・・

 

結局水中環境が変わってしまったという事が一番悲しく思うところ。人が少なく未だマジュロのような生活をしていなくても水中は変わってしまうんです。

 

さて、最後は 『ホシゴンベ』 の捕食シーン。食べられちゃったのは何とかスズメダイでしょうかね~ この写真から見ても肉食ってのが分かりますね。決して浅くはないウミウチワですが生態観察にもいいのです、もうないけど。。。

 

もちろん今回ご紹介した三種以外にも生息しています。深場へバディとドーン!と行ける方は是非見てみてくださいね!僕は上から見守っていますので。

 

あーーー 浅いところにわっさぁぁ~っと復活してくれないかなぁ~ 10mとか。もっと浅いのは大歓迎ですが有り得ないか。

 

まったく関係ないけど、マフィンの周りの粉々ってすげーウザくないですか?・・・・

 

 

 

地味シリーズ

 

Iakwe!

 

たまには魚の写真を載せてみましょう。

 

上はほんとどこにでもいる 「ヒメダテハゼ」。本当にどこにでもいます、そしてパッと見が全くレア感ゼロなので素通り状態で見向きもされない普通種の一つ。

 

自分も 「よーし今日はヒメダテハゼを撮るぞ~!」なんてここマジュロで一度も思った事がありませんでしたが、この時はやたらとホバリングをしている個体が目に付きその姿をファインダー越しに見詰めていたのを覚えています。

 

ヘルフリッチやヤアケボノのように常にホバリングしているようなダートフィッシュと呼ばれるハゼではなくゴビーってやつですね。ゴビーと呼ばれる種でもホバリングいますけど。このヒメダテは通常巣穴近くの砂地の上にちょこんとしてるだけ。色も地味。なのでこの時は余計に目立っていました。

 

アネモネの沈船ポイントで さ、そろそろExitしようかなと思ってたら真下で何やら動きが。

 

2匹が威嚇し合って噛み付き合い。そんなのジーッと見てると上がるの忘れてコンデジで撮ってました。エビとの共生もそうですが地味な普通種も動きがあると面白いもんですよね。

 

とは言っても今後も8割素通りしますけど(笑)

 

 

あ~ やっぱ 地味  地味過ぎて面白い。

 

 

地味シリーズはまだまだ続きます(笑)

 

 

 

 

ナースシャーク

 

最近、ナースシャーク(オオテンジクザメ)のブログをアップしましたが、まだまだ定着しているこのサメ達。

 

多い時では、この種だけで1ダイブ5匹くらいは見付かります。その内、半分は2匹で仲良く寄り添ってサンゴの下で休んでたり、猛ダッシュで泳いでたり、単独でひっそりとしてたりとそんな感じです。

 

ゆ~っくりと優雅にダイバー近くを泳いでいるという事はここではほとんどありません。ですが、こうやってじーっくりと永遠に観察する事は可能なのです。もちろん、場所によっては頭部も出っ放しでじーっとしていますよ。

 

比較的大人しいこのサメは触っても全く動じませんけど、ストレスを感じさせない為にも触れるのはやめましょう。

 

サメというといろんなイメージを持たれるかと思いますが、ほんとにこの種に限ってはサメなんだからもっとスマートに泳いでよぉ~っとお願いしたくなるくらいドン臭さ満載。特に大きな個体になればなるほどそういった泳ぎを見せてくれますが、それが何とも愛おしい・・・

 

特に最近、これらのナースシャークが増えてきたように思います。好んでいるところは以前からベニハゼなんかを良く探してたようなところなので個人的には、むむむ・・・?と覗き込みたくなるような雰囲気の場所。そういった場所にナースシャークが居座っているんですが、それはそれで助かります。皆さんにもお見せしやすいし。

そしてどんな天候でも比較的に行きやすいってのも魅力ですね。そして他にもマダラトビエイやグレイリーフ、シルバーチップ、イソマグロも登場する時があるので尚更期待出来るところでもあります、絶対出会える保証はありませんけど(笑)

 

そしてこの周辺っていつもどこかでタコを見付けていました。 タコ・・・ いいですねぇ~ で、、、最近全くタコがいないッ!!! 

ほんとに見ないんです、これが。 でもって、、、このオオテンジクザメ、タコが大好物。そりゃ~ そりゃ~ タコおらんわ。。。

 

沖縄の方言名は“タコクワヤー”(タコ喰い屋)というらしいので、ほんとに好んで食べているのでしょう。それからはこのサメがいるところではタコの存在を気にする事はなくなりました。。

 

水中環境・生態系の事もあるので、いつまでこうして多くのサメを見れるか分かりませんが、今のうちにいろんな姿、角度、ロケーションで撮影しようと思っています。

 

ドン臭さがウリのマジュロのナースシャークですが、たまには優雅に格好良くカメラの前を泳いで欲しいもんです(笑)

 

 

 

オオテンジクザメ

Iakwe!

 

英名: TAWNY NURSE SHARK

和名: オオテンジクザメ

学名: Nebrius ferrugineus

撮影地: マーシャル諸島・マジュロ環礁

 

さて、このオオテンジクザメですが、マジュロでは良ーく見かけます。穏やかなラグーン内はもちろんチャネル付近でもテーブルサンゴの下や外洋のサンゴのドロップオフの窪みでもジーッ・・・と。

 

8割がサンゴの下やくぼみに頭部のみを突っ込み尻隠さず状態でじーっと動かず。2割は全身を出し猛ダッシュで移動しているところ。

 

日中はほぼ動かずに過ごしていて夜間に甲殻類やタコ、イカなどを捕食してるようですが、昼間の大人しい事といったら・・・・

 

この3m近いサイズのこのサメが2匹で動かずにいるだけでも迫力はあります。刺激(ストレス)は与えたくありませんが、そんな姿をジーッと見てたくなっちゃうんですよね・・・

 

先日、スピアフィッシャーマンが自慢気にスマホ内の自分達の動画を見せてくれましたが、大人しくしているこの子らを素潜りで近付き体中をスリスリ・・・ 出来るのは分かるけど、触るなよぉ~ 凄くないしぃ~ってのが本心。

 

水中生物にストレスを与えない事は護身の為もありますが、当然のルールなのです。昼寝してたら知らない野良犬が寄って来て足でずーっと触って来たらイヤでしょ?分かりにくいか・・・(笑)

 

しかも場所を聞いたら僕もダイブサイトとして使っているところ。 あ~・・ 居なくならなければいいけど・・ かと言ってそこ行くなとかローカルに言えないしね。。。

 

さて、この↓のサメ、何か 「?」 がありませんか??分かる人は変態度90%!!!

 

そう、、、第二背鰭がないんです。しかもここマジュロにいるオオテンジクザメの半分近くは大小関係なくこのように背鰭が1つのみ。 最初にこれを見た時は驚きましたが今ではそれも普通に思えます。

 

数が多いので変異的なものではなく個体によっての遺伝的な事だと考えられますね。世界でもまだまだ調べ切れていないようです。

 

サメの中でももともと第二背鰭がない種類が数種類いますが、そういった種類とは異なり、なんだかレアな個体を見付けたと嬉しくもなってきます。

 

たまに顔面をモロに出してジーッとしている事もありますが、体の大きさに対してとにかく眼が小さい。そして泳ぎがむちゃくちゃ鈍臭そう。。それがまた愛嬌?があり可愛らしさが倍増するのです。

 

昨日のダイビングでは1ダイブで5個体!Enしてすぐ真下に2個体、大きなサンゴの根の上から深場に向け必死で泳ぐ1個体、すぐ近くの窪みに2個体。本気で探せばもっといたかも?なんて期待しちゃいますね。

 

そんなオオテンジクザメいかがですか?

 

こちらにもアップしています。是非ご覧くださいませ。

 

 

error: Content is protected !!