マジュロの器材修理屋【タンク・ダイビングギア】

マジュロの修理屋さん【ダイビング器材】

マジュロ環礁内でダイビングをしているような水中に関わる仕事に就いている方はそれなりにおり、それぞれ最低限の器材は揃えています。

ただ、、、直せないご様子。。

そんな時にタンクや器材が持ち込まれ修理を依頼されます。

スポンサーリンク

タンク・ダイビング器材修理の特殊工具

ダイビング器材やタンクの修理ではなかなか家庭用の工具では外れないパーツあったり、それなりの固定具などが必要となります。

販売されている専用工具もあれば、それを補えるような自作の工具でも問題なく修理できたりパーツ交換することが出来ます。

ただ、自作工具ですら なかなか無い(作っていない)のが現状。何よりそれぞれが特殊なので適当に触りたくないってのがあるようで依頼されます。もちろんボクにとっては簡単な作業ですが、水中という特殊な環境下で使用するものなので慎重に行わなくてはなりません。

スポンサーリンク

ほぼ永遠に使える器材

様々な機関でダイビング等の器材が使用されていますが、あるところでは

調子が悪い=壊れているので買う

という流れになってしまう?よう。そんな時は喜んで頂戴します(笑)

皆さんもOHに出されたりされているかと思いますが、定期的なメンテナンスは必須。自分で直す場合には、部分的に、どこからエアが入り、どこで止まって、どうすればまた出てくる のかをパーツを見ながら把握していくとそのパーツの重要性や必要な調整度合いが見えてきます。

それが分かるとモノが違えど機能する などの応用が効くようになります。

例えば、Sプロのレギュ内にあるOリングはSプロ専用のOリング?

そんな訳はありません。といった具合に、一番重要なのは「サイズ」です。

中圧や高圧ホースにしても、長さは自分のお好みで選べるし、大切なのは1stステージ側のメス穴径と同じかどうか(マレスなどたまに合わないタイプもあり)。

残念ながら、フィンの割れやウェットの破れ等の修復には限界がありますけどね。

BCやレギュレーターに関してはほぼ永遠に使用出来るものだと思っています。

ダイビングって競うものでもないし、残念ながら?他の方が使っている器材って正直誰も興味がない・・・本人の自己満足なので、水中でダイビングが安全確実に出来、長年使い慣れたものが一番だと思っています。

最近では「軽量」っては大きな魅力ですけどね。素材的にいうとあまりアルミ合金は使いたくない。結局はまだまだ最先端ではない器材が無難なような気がします。

どちらにしてもある意味特殊な器材を長く使うよう「古いから」と諦めず工夫して使い続けていきましょう~

コメント

タイトルとURLをコピーしました