水中の仕事(コマーシャル・ダイビング)

 

Iakwe!

 

ここマーシャル諸島は観光に全く力を入れていないため観光客さんはとても少ないのは今も昔も。

 

観光客は必要? っと主要機関の誰に聞いても 張り切って もちろん! と返事はきますが なんで? には みんなして ・・・・・。

 

わかりやすぅぅ~~

 

最近ではファンダイビングやシュノーケリングもありますが、ボートチャーターや調査や何かしらの作業(コマーシャルダイビング)のダイビングが多い。

ここでの水中の仕事と言えば本格的な水中作業もありますが、うちに入ってくる仕事は水中撮影、作業ダイバーの水中安全サポート(横にいるだけ)、メインが作業でも簡単なことなどが多く、特殊な場合は専門のダイバーを連れてくるのでそのサポートとセットでチャーターボートと器材レンタルといったところでしょうか、だいたい一週間~10日間とかの期間で。。

とーっても大好きです、こんなの。 気合入りまくります(笑) 

 

ここマジュロでは海しかないのにプロのダイバーが居ない・・・ いても経験本数が200、300本くらいとか。。 なのでそういう時には自然にご連絡頂けます。 

現在もアメリカのとある大学の研究チームや環境調査チームなどと話を詰めているところですが、こういったチームと仕事をすると見た事もないような機材に出会えたり、知らなかった話を聞けるのも刺激的なのです。

 

そして、こういった仕事は年々増えてきているような気がしますね。

一つには、ネットが大幅に普及し、世界と簡単に情報交換出来る中、太平洋のど真ん中という特殊な地形の海域には興味を持たれるのでしょう。そういった中、水質や水中環境が変われば変わる程、調査をされる訳ですが、20年30年前だと今よりも断然マシな水質をそこまでは調べようと思われなかったのでしょうね。サンゴ自体の調査はありましたがそれも全域健康な状態の時。

完全に変化してからのアクションとなる訳ですが、今をここで生きている自分としてはこれにもとても興味が湧きます。

 

数年前にアメリカのTVの仕事である女優さんと潜った時には、水中でダメージサンゴを指差して欲しい と言われましたが、本音は どうだ!マーシャルのサンゴは! ってところを撮って欲したかった・・・ ってのがありました。が、、、

最近ではそんなん全然思わず、どこでもちゃっちゃと潜りまっせぇ~ って感じでやってますけどね。

 

韓国のKBSのディレクターさんなんて、ポイントに到着したら、Gopro渡されて 撮って来てぇ~・・・ っと超船酔い。。。 話が違うしー・・・ もちろん後で請求しましたけど(笑)

 

そんなこんなで水中環境が変われば、こういったことも世界的に動くのでしょう。ダイブショップとしてみれば簡単に動ける立場ですし、ここで一番見ている者としてもお手伝いはしたい。

 

なのでたまにするファンダイビングはある意味新鮮なのです。今日はクマノミ見ちゃおっかな・・って気になりますからね(笑) うそ。

 

観光に関して語ればキリがありませんが、観光に興味がない国ってのも斬新でなんだか愛おしい。。。

 

無理やり直行便なんて飛ばしたくありませんしね~(笑) 

 

最近は変わらずアメリカンやヨーロピアンも多いというマーシャル諸島へのビジターさん。綺麗なところは綺麗、可愛い魚は可愛く、回遊魚はやっぱり迫力があるな~っと感覚を元に戻して頂いています(笑)

 

 

 

 

珍道中

 

Iakwe!

 

先週ちょこっと帰国していました。

 

予定は実質中3日。 ですが、ここはマジュロ、そう簡単にはいかないのです。

 

出発当日の朝に急遽飛ばないと伝えられ、翌日に持ち越し・・・ これ何回か・・・・

 

でもって、UAとグアムのホテルへ連絡をし変更の手続きを。ほんまたまりません、、、。 一般ゲスト同様にマジュロでのルームとミールクーポン要求しましたが軽く却下・・当然か。。

 

 
少ない日程が更に短く実質中2日間の日本滞在。なかなか過酷ですけど何か面白い。

 

何度も最初1時間くらいしか観れない機内の映画、、、湿気ったアーモンド、冷たいぱっさぱさサンドウィッチ、UAに乗ってる~って感じがしてとってもオススメです!!!(笑) 特にエコノミーはUA感満載♫

 

今回もコスラエをスキップしてくれてとーっても短く感じました。各駅停車はこの1つ飛ばしがかなり重要なのです。。。もっとスキップしてもらっていいんですけどね(笑)

 

さて、機内アナウンス。

 

「Thank you for Choosing United Air Line!!!」 って・・・・ 選択肢ねーし。。。

 

それとグアム入国の際の書類が一枚減りましたね、あの白い長いやつ(出入国記録)。なので、ビザ免除に関する用紙と税関の2枚でOK。これは楽チン。片面ちょいと記入、チェックとサインするだけなのでESTAなくても全然OKだし、さすがは世界最強パスポートってやつでしょうか。

 

グアムでのホテルと食事はUAさんから。送迎もあるので助かります。送迎車の中では同じようにミクロネシアで足止めをくらった日本人の方もいらっしゃり、「マジュロからですか?そこではダイビングを?」と聞かれたので「はい、楽しかったですぅ~ すっかり焼けちゃいましたぁ~」みたいな。。

 

そして朝一の大きな777機の予定が昼過ぎに変更。というかこれはゆっくり出来て超ラッキー。けどどうやって時間を潰す?。。バナナボートでヒャッホ~イするには時間も短いし。。でもってグアムからも同じく737にて帰国。思ってたより寒くなくって良かった印象です。

 

中2日が経過し、、グアムへ。 

今回は朝の出発まで空港待機なのでどこかで時間を潰しますが、UAではなくコリアン系?デルタ系?なんか良く分かりませんがもう一つのラウンジへ。プライオリティパスでサクっと入り、ネットを繋げるも遅せーし・・・外の共有エリアの無料wifiの方が早いという。。。

食事なんかはUAさんとこより揃ってるんじゃないでしょうかね、ここ。アルコールを含むドリンク類、フライドライス、スクランブルエッグ、ソーセージ、グリーンサラダ、カットフルーツなどなど、他にもありましたが食べる気ゼロだったので覚えていません。無料ですが、お腹空いてなかったので水のみ。もちろん腹ペコの方は全部平らげちゃってくださいね~

 

でもって寝る。。。外のイスよりはここのソファの方が断然楽チン。

 

快適過ぎて・・・・ 目が覚めたのがちょうど朝の8時ちょうど!!!! ここ最近の中では一番焦りました。搭乗開始予定は7:30amで出発は8:20。

 

猛ダッシュで搭乗口に行くもすでに誰もいない・・・ 

 

スタッフに名前を聞かれ呆れ顔で早く乗れー! と。 まぁ、これも計算済みです。 うそ。

 

目覚まし7時にしてたのに・・・ 全く気付かなかった自分に反省。 乗れたのが幸い救いです。

 

マジュロのイミグレでは、「どこから? アルノ?」 と知り合いから言われ戻って来た感が。 なんでアルノ環礁やねん。。。

 

それと、マジュロのイミグレでも指紋認証が始まってますが、場所が高いので両手の親指を接地させると変な体勢になります(笑) 昔の「だっちゅーの」みたいな。 身長がそんなに高くない人にはちょっとキツイかな。。

 

そんなこんなにならないように日程と時間には余裕を持ちましょう~

 

 

 

ナースシャーク

 

最近、ナースシャーク(オオテンジクザメ)のブログをアップしましたが、まだまだ定着しているこのサメ達。

 

多い時では、この種だけで1ダイブ5匹くらいは見付かります。その内、半分は2匹で仲良く寄り添ってサンゴの下で休んでたり、猛ダッシュで泳いでたり、単独でひっそりとしてたりとそんな感じです。

 

ゆ~っくりと優雅にダイバー近くを泳いでいるという事はここではほとんどありません。ですが、こうやってじーっくりと永遠に観察する事は可能なのです。もちろん、場所によっては頭部も出っ放しでじーっとしていますよ。

 

比較的大人しいこのサメは触っても全く動じませんけど、ストレスを感じさせない為にも触れるのはやめましょう。

 

サメというといろんなイメージを持たれるかと思いますが、ほんとにこの種に限ってはサメなんだからもっとスマートに泳いでよぉ~っとお願いしたくなるくらいドン臭さ満載。特に大きな個体になればなるほどそういった泳ぎを見せてくれますが、それが何とも愛おしい・・・

 

特に最近、これらのナースシャークが増えてきたように思います。好んでいるところは以前からベニハゼなんかを良く探してたようなところなので個人的には、むむむ・・・?と覗き込みたくなるような雰囲気の場所。そういった場所にナースシャークが居座っているんですが、それはそれで助かります。皆さんにもお見せしやすいし。

そしてどんな天候でも比較的に行きやすいってのも魅力ですね。そして他にもマダラトビエイやグレイリーフ、シルバーチップ、イソマグロも登場する時があるので尚更期待出来るところでもあります、絶対出会える保証はありませんけど(笑)

 

そしてこの周辺っていつもどこかでタコを見付けていました。 タコ・・・ いいですねぇ~ で、、、最近全くタコがいないッ!!! 

ほんとに見ないんです、これが。 でもって、、、このオオテンジクザメ、タコが大好物。そりゃ~ そりゃ~ タコおらんわ。。。

 

沖縄の方言名は“タコクワヤー”(タコ喰い屋)というらしいので、ほんとに好んで食べているのでしょう。それからはこのサメがいるところではタコの存在を気にする事はなくなりました。。

 

水中環境・生態系の事もあるので、いつまでこうして多くのサメを見れるか分かりませんが、今のうちにいろんな姿、角度、ロケーションで撮影しようと思っています。

 

ドン臭さがウリのマジュロのナースシャークですが、たまには優雅に格好良くカメラの前を泳いで欲しいもんです(笑)

 

 

 

error: Content is protected !!