マーシャル諸島のサンゴ

 

Iakwe!

 

マーシャル諸島には250種類ものサンゴが生息していると言われていますが、実際に良く見てみるとこれは何?なんてのも多く見かけます。

 

魚と同じようにハイブリッド(交雑種)がサンゴにもあるというのです。生物しかも着床するまで浮遊する事を考えれば、産卵後すぐの段階ではあってもおかしくはないでしょう。

 

サンゴは基本的に光合成をし上へ上へ、横へ横へと生存競争を踏まえ大きく成長していきます。エダサンゴをテーブルサンゴが巻き込むように横へ広がっていったり、一見 エダサンゴがテーブルを突き抜けたようにも見えますけど実際にはテーブルが巻き込んでいます。

 

テーブルサンゴ同士の重なりに関してはまだしも異なるサンゴが同じところで共存すするのもここでは良くある光景です。

 

「テーブル」 や 「エダ」 なんて言っていますが、良くみるテーブルサンゴは 「クシハダミドリイシ など」、エダも 「スギノキミドリイシ など」 で、これらに関しては見た目 全然違う形なのに、同じ 『ミドリイシ科』。 ということを思えば、居心地がいいと何となく納得出来ます、見た目全く別物なんですけどね。。。

 

写真上はカロリン島の更に奥地のサンゴですが、なんともユニークな形状だと思いませんか?こんなの他の場所で見た事ありませんけど、その一角はこんなのばかり。

 

ハイブリッドに関しては調査されていないので何とも言えませんが、キリがありませんよね、、、 サンゴで出来た環礁ですからサンゴの種類が豊富でも不思議ではないですけど・・・

 

そう思えば250種類ではきかないでしょうね。。 ん~ん・・・ 奥が深すぎる・・・・

 

さて、先日潜ったEternal-edenでは全体の色が変わった印象。白化の一歩手前というのでしょうか。

多分知らなかったら何も思わないでしょうけどってレベルですが、多分今日潜ってたら真っ白かも。あの何とも言えない これから・・って色。。。全体的に白化したテーブルサンゴを見ると吐き気がします、マジで。

 

白化なんて数日で終わっちゃいますけど、その後が重要。藻がついたら終わりです。残念な場所が増えて行かなければいいけど・・・ と、同時にまたハンマーヘッドいたからダイバーはそんな変化には全く気付かず。

悲しく思うのは違いを見てきている僕だけなんでしょう。。。

 

個人的にはハンマーも好きだけど、健康なサンゴが続いてくれる方が嬉しく思います。

 

 

MIR港整備1

 

Iakwe!

 

あっちやこっちやポンコツ中につき薬漬けなので現在10日間アルコールを抜いています。

 

それはそれで快適ですが、制限されるとちょいと・・・な毎日です。けど意外と平気。

 

さて、ホテル・マーシャルアイランドリゾートの港周辺を大改造中なのですが、まずはこのシーウォールです。

 

既存の壁から更に3m海側へコンクリートの壁を作りそこへショベルカーにて海からの砂やガレ等をドバーっと入れて埋めていきます。

 

ここまでくるのに約丸一年。

 

壁を作るための土台(基礎とまで言わず)となるところの地を均してたのが2017年の10月。それから鉄筋を配置し次から次へ結束、また放置しそれからまた錆止めを施し、型枠を順に・・・ と、まぁ~ スローな作業・・・

 

わたしゃぁ~ 見てるだけっすけど・・・ なんだかもどかしいと言いますか・・・

 

ここを埋めるまで単なる きったない空間で、なんだか蚊も増え始め、、、 そんな頃、ようやく排水用のパイプを繋ぎ埋め立て開始。

しかもこのパイプ、長~いスパンでしかも勾配がほとんどない・・・ 排出するのでしょうか・・・ そんな事はお構いなしで、蛇行しがらどうにか水平?に近いくらいになったら更に上から埋めていく・・・ ほんまこんなんでいいの~ と心配だらけですけど。。 まぁ、いいんでしょう。。。

 

ショベルカーで浅場を掘るといろんな物が混じってます、一般的にいうゴミってやつですけど、ボートを係留する為の水中の錘とそれに繋がれた太いチェーンなど。これはまだ使えそうなのでMIR用にまた新設します。それらが出てきた瞬間にみんなの視線が一気にこちらへ来るってもどうかと・・・ やりますよ。。。

残念ながら?お宝は出てきませんでした(笑) 

 

さて、ここを綺麗~に埋めた後は、コンクリートを更に打ち、BBQなどが出来るような小さな小屋をいくつか作るようです。どちらにしてもRaycrewの向かいも余裕のスペースというか陸が拡大って感じになりますね。

 

今日の段階で全域が埋められスタッフにより均しが行われていましたが、早くフェンスも移動し人が利用出来るくらいの段階になって欲しいと思っています。

 

まだまだ港の整備は序の口で、ボートが出入りしているところ(2本のポールがあるところ)は塞がれ、別のところを深く掘り全く違う動きとなりそうです。

 

何より、最近多い西風や港周辺に打ち寄せるウネリ対策が一番。これはうちにとってもとても助かります。

 

バー、レストラン外側付近もまだまだ変わりそうですよ、楽しみですね~

 

 

 

続く西風

Iakwe!

 

10月の時点での今年の印象は西風が多い、ですが、微風という感じ。正直パッとしません。。。

 

最近でも毎日が西風。微風の西風でのマジュロはそこまで影響がありませんが、アルノ環礁では緩やかなうねりを発生させます。

 

最悪なのはArnoArnoや他の棚上で砂を巻き上げクリーム色になってしまう事=透明度最悪。

 

こんな状態ではダイビングもシュノーケリングも出来ませんが、どうにかクリアな場所を見付けて楽しむ事が出来ます、かなりギリギリですけど、、、。

 

さて西風となると当然島影となるマジュロの東側が凪いでます。

 

そしてイルカが多い! そういう時期というのもありますけど。そろそろ終わりかな~・・
ちなみにこの写真は昨日ブリッジを抜けてすぐのところで撮りました。

 

橋をくぐりすぐに登場してくれる時もあればダラップ(マジュロ最東端)付近ではかなり確率が高い。ここ最近は同じような風なので、外洋へいく事が多いのですがほぼ毎回出会っています。

 

ちなみに昨日のアルノ環礁はArnoArnoをチェックするも真っ白けなので潮止まりでイリアムへ。

 

潮止まりでイリアムなんて通常そんな事しませんけど、試しにチェックすると悪くない・・・という事で。緩やかに潮もコーナーへ向かってるし、魚達も多く群れが大きかった印象です。今迄はこんな潮なかったのに、、、、 これもおかしな事です、昨日は結果良かったけど。

 

ダイバーの中にはフィルム撮影 (Cinematographer) を本職とする方(Daniel C. Pearl氏)もいらっしゃいましたが、大興奮のご様子。ちなみにボンジョヴィ、マライヤ、ホイットニーなど様々なアーティストのビデオやコンサートとかマライヤと明石家さんまさんのコーヒーのCMとかも撮られてたようですが、水中のカンカンカーン!はほぼ聞こえず・・・ あそこ!あそこ!!も見えず・・・ まぁ、仕方ありませんけど、時間差で撮影されてました。

 

再度ArnoArnoをチェックするもまだまだ真っ白け。上げ潮でこれなら完全にうねりの影響ですね。収まらないでしょう・・・。

 

パッと見穏やかに見える環境でも影響が出ているところがあるのに、自分の眼で見ないと納得してもらえない・・・ 無駄な移動だぁ・・・ そして帰港が遅くなる。。。 そんな時は委ねて欲しいもんです。

 

て今日も穏やかで快晴。なんだか久しぶりに陸にいるような気がしますが、また海が続くので今日はエンジンオイルとギアオイルを交換します。

 

 

 

今日のアルノ環礁

 

Iakwe!

 

アルノの情報を昨日出したばかりですが、早速今日はアルノ環礁へシュノーケリングツアー。

 

最近は西寄りの風が多いですが、強風がないだけマシ。今朝もバッチリ?の西寄りの風からのスタート。こうなるとアルノ環礁はバシャついてしまいます。東にアルノ環礁があるのでもろ当たり。

 

行きは軽やかに到着するも、戻りは・・・ これは仕方ないけど今日しかチャンスのない方々の為ボートを走らせます。まずブリッジを抜けると案の定ベタ凪。。。 途中からアルノまでが荒れるんですね。

 

ダラップ手前ではイルカが登場するもすぐにその姿を消し・・・

 

さて、無事にアルノ環礁のイリアムに到着。やっぱり少々バシャついていますが元気な皆さんには関係ないご様子。

 

さぁ、ここでは大きな群れで近づいてくるハシナガイルカ達が。長時間シュノーケラーの回りを行ったり来たり。もちろん皆さんも水中にいるイルカ達をご覧になっています。皆さんからの情報では、マダラトビエイ、ホワイトチップ、ブラックチップ、ナポレオンなども。

 

アルノアルノは砂を巻いていたので、もう少し南へ移動し再度シュノーケリング。ここでもイルカ達出迎えてくれました。そのもう少し先には鳥山が。残念ながら連れてませんけど、今日のリーの釣果は6匹。しかもいいサイズ~

 

水面がバシャつくアルノ環礁を後にし、ベタ凪のダラップでもシュノーケリング再開。ここは魚も多いし今日は透明度もバッチシ!

 

夕方の今も変わらず西風で若干風が出てきています。

 

今日のハシナガイルカは珍しく遊んでくれました、良かった良かった☆

 

 

アルノ環礁

 

Iakwe!

 

僕個人がここ数ヶ月で一番潜ってるダイブサイトはどこだと思いますか?

 

それは 「Arno Arno」 なんです。 なんだか意外というのが正直なところ。

 

マジュロのどこよりもArnoArnoで潜ってるという・・・。

 

最近は潜ってもコンデジを持ち合わせてないので急遽何かに出くわしてもそんな写真がなく・・・ 9月によく見たハンマーヘッドも もちろん写真はありませんが。。。

 

facebookのRaycrewへのメッセージにもマジュロの若者からいつどこでこれがいたけど!っと動画をくれたのがハンマーヘッド。水浴びの延長で見たなんてビックリしたでしょうね(笑)

 

さて、アルノ環礁へ話を戻しますが、今朝もとあるCEOさんがいらして観光についてお話を。

 

アルノ環礁がミリ環礁に小さなホテルを建てようかと。。。イメージはコテージになるのでしょうけど、食事は?荒れた場合のアクセスは?などなどそう簡単にはいきません。多分、建物があればOK~!くらいに思われているのかしれませんがね。。。

 

ですが、首都から一番近いアルノ環礁に何か動きが出てくるようであればこちらとしても楽しみになってきます、それに多少は関わっていくでしょうし。

 

約20kmとはいえここマジュロとは全く違った、美しいビーチが残る景観、サンゴの種類、水中生物、透明度も違う水中など大きな魅力があります。

 

けど、、、、 普段日帰りでツアーに行って側としてみればアルノも遠い~~・・・ 最近ではチャネル付近のカロリン島でも凄く遠く感じてしまうのに、アルノなんて、、、。

 

ポイントまで 約5分ッ! 言ってみてぇ~

 

写真達は8月後半に撮影したものですが、やっぱりブルーが気持ちがいいですね、その場にいたらもっとですが、写真を見返してもこのブルーは大好きです。

 

そんなこんなで結局ArnoArnoで撮ってる事が多いんですね、写真。

 

 

 

 

error: Content is protected !!